撮り鉄

ゴールデンウイーク10日間で行く世界一周(ジャカルタ編)

またしてもお久しぶりなブログ更新になってしまったンゴwww

ゴールデンウイークすべての日数をかけて世界一周航空券で海外に行っていたせい。

世界一周航空券といっても、実質今回行ってたのは3都市のみ。

厳密には先月神戸からスタートし、那覇、東京と飛んできてるから、ちゃっかり満喫してたんだけど。



で、

最初の行き先はインドネシアのジャカルタ。

もちろん目的は撮り鉄で。

今回もGrabのアプリを駆使してバイク移動するから、撮影効率が限りなく高いww

バイク乗って移動中はキャラモノのヘルメット探すのが楽しみになりつつあるw

リラックマ。
19051200.jpg

ハローキティ。
19051202.jpg

男でもハローキティメット。後ろに乗っけている子どもが好きなのか?w
19051201.jpg

ヘルメット屋さん行くと普通に売ってるからね。ミッ●ーマウスはやべぇやつかも・・・。
19051203.jpg

ヘルメットじゃないけど”ドラえもんのような何か“のキーホルダー。絶対にドラえもんはこんな笑い方しない。
19051204.jpg

とまぁバイクばっかり移動してると電車乗る楽しみがなくなるし、ある程度長距離移動するときにはちゃんと電車も乗る。

今回最初に見た車両は千代田線の6000系トップナンバーでムラムラァッ!
19051205.jpg

日本で1年時間が進むと、ジャカルタでは5年くらい進む感覚。Manggarai駅にはこんな「線路内立入禁止」的な標識があった。
19051206.jpg

ついこの前まで駅の中だろうがどこであろうが横断し放題だったのに、今は構内踏切と地下道でホームを移動することになる。

大きな駅だと発車時刻入りの案内標もできてたり。3色LEDでドット荒いけど、編成両数入りなのは小田急より進んでるわww
19051207.jpg

田都8500系に乗ってKotaの駅着いたら、隣のホームに東葉1000形がいたよぉ。多分ラスト1編成?もう長くないだろうな。
19051208.jpg

車内見学会。もうジャカルタで12年~13年走ってるはずだけど全然キレイ。何気にKRLの整備技術はすごいかもしれない。
19051209.jpg

東葉高速鉄道のロゴが残ってた。
19051210.jpg

Kota東側の線路上で撮影開始(←パワーワードだなぁw)。
19051211.jpg

こいつは「急行 取手」の表示で走ってた。どう見ても小田急線始発だのだが、ちょっと詳しい人はこの幕がどれだけレアかわかることだろう。
19051211a.jpg

すぐ近くにスラム街が広がってるせいで、
19051211b.jpg

線路上の人通りが多すぎるww純粋に電車の写真だけ撮りたいときには向かないけど、これはこれでジャカルタっぽくてアリか。
19051212.jpg

車は通らず、バイクも低速で通過する、列車の接近は音ですぐにわかるから、線路上は子どもたちにとっても「安全な」遊び場なのだ。運転士がカメラを構える僕の姿に気づいて、前照灯をサービスしてくれた。
19051213.jpg

生活道路だからね、仕方ないね・・・。
19051214.jpg

なんか実家にこんな構図の05系の下敷きがあったわ。ちょっと深川車両基地っぽい?w
19051215.jpg
Jakarta Kota~Kampung Bandanにて撮影

お気に入りの場所で。武蔵野線から移籍の205系もすっかりおなじみになったね。
19051216.jpg

千代田線帯が見えてる6000系。さすがにB修後期形は一層美しく見える。
19051217.jpg

だいぶ整備された武蔵野線仕様の205系。ていうかいろんな編成の方向幕がLEDに換装されている中、なぜ字幕なのか・・・。こういう変なことするからヲタク心を刺激するんだよ・・・w
19051218.jpg

7000系と6000系のすれ違い。副都心線に残る7000系も終わりが見えてきたけど、ジャカルタ移籍はあるか?
19051219.jpg
Sudirman~Manggaraiにて撮影


たまには別路線を、と思ってSerpong線に来てみたけど、見事に205系ばっかりで面白み半減・・・!

在籍車両全体でも6割くらい205系っていうくらい、ジャカルタで大量導入が進む205系であるが、

205系の次に編成数の多いメトロ6000系(営団6000系)は編成ごとに仕様の差や外見の違いが大きいけど、205系はそういう差もほとんどないから余計に退屈になる。

とは言っても、移籍当初に比べると編成の組み換えがだいぶされているせいで、埼京線仕様と横浜線仕様が混じっていたりする楽しさはある。
19051220.jpg

もうわけわからんわ。後ろから2両目の6扉車、扉の高さ的に横浜線所属のはずなのに、ナチュラルに10連を組んでるわけで。
19051221.jpg

この路線にも12両編成が走る。
19051223.jpg

珍しく203系が来た。っていうか本当に珍しい。
19051222.jpg
Kabayoran~Pondok Ranjiにて撮影


この締切ってどういうこと?サハ204の900番台(6扉試作車)に第2ドアと第5ドアを締切できる機能があるのは知ってるが、量産車でこれやってるのは初めて見た。
19051224.jpg

また鷺沼がチラってる・・・。不幸な事故廃車もあったりして東急組もずいぶん編成が減ってしまったね・・・。
19051225.jpg

在籍車両の中でも圧倒的に近代的で乗り心地がいいと思う東西線の05系。
19051226.jpg

6130Fがキター!最後の最後、千代田線6000系サヨナラ運転の日まで走っていた6000系!
19051227.jpg

2019年譲渡車を証明するプレート。
19051228.jpg

2018年の9月下旬頃、通常営業運転を終了する直前の平日にたまたま乗車した6130F。これが日本で最後に乗った6000系だけど、こうしてジャカルタで再会するとなんとも言えない嬉しさがこみ上げてくる。
19051229.jpg



なんか205系ばっかりになっちゃったけど、205系以外の譲渡車が欲しいなぁw

置き換え本格的に進んでる東急8500系なんかもっと欲しいところだけど、

東急の車両は日本国内に需要がたくさんありそうだから難しいか。

次に有楽町線・副都心線の7000系か半蔵門線の8000系かな。

18m3ドア車の日比谷線の03系は残念ながら需要なし・・・w

日本国内での205系大量廃車は武蔵野線で一段落しそうだし、今後どうなっていくのか注目だね。

いつまでも譲渡車ばかりに頼っているっていうわけにもいかないだろう。

ジャカルタ編は以上です!

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。小さい文字


スポンサーサイト

どーでもいい話

飛行機に乗れば酒が飲める

いっくら旅行好き、飛行機が好きと言っても、

お仕事で海外へ行くのはほぼ楽しみという楽しみは皆無。

が、

帰りの飛行機っていうところまで来たら、もう「仕事が終わったー!!」っていう達成感があるゆえに、そこそこ楽しんでいたりする。

この前はたまたま仕事でカメラを使う予定があったため個人用のデカい一眼を持っていて、帰りはそのカメラで好き勝手撮影しちゃった。

ほら、珍しくない?エアバスA300-600Rの旅客型だぞ。さすが経済制裁!さすがイラン航空や(褒め言葉)!
19042101.jpg

僕は長距離だろうと飛行機は窓側の座席が好きで、

景色が見えるっていうものよりも、誰にも邪魔されず、壁にもたれながらゆっくり寝られるというのがその理由なのだ。

こないだは思いのほか素晴らしい景色が見られてね、

遊んでるやないなーいっ!ってツッコミ禁止。
19042100.jpg

この風景はヨーロッパのアルプス山脈です。

こないだ長野で撮っていたのとは規模が違う、本家本元正真正銘のアルプス。

思わず見入ってしまうほどきれいだった。

ANA区間まで来てしまえばテンションも爆上げ↑↑
19042102.jpg

とりあえずビール。
19042103.jpg

メシ時でもビール。
19042204.jpg

10時間以上のフライトでその間酒が飲み放題っていうのはある意味この仕事の特典みたいなもん。自分のカネで飛行機に乗っているわけではないっていうのがポイント。

とはいえ、この後はもう2本飲んだだけで、トータルでは4本しか飲んでいない。

この前も「あずさ」の中でビール飲んでる画像あげてたし、これだとまるでアル中だと思う人もいるかもしれないが(こいついっつもビール飲んでんな。なんて思うなよ)、

地上よりも酔いやすく、意外と飲めないのがこの機内という環境。

行きはテンション的に少しでも寝ていたくて、とても飲もうという気分にもならんから、

トータルで考えても「飲み放題」っていうほど飲むわけではない。

行きに席が隣だったヨーロッパ人のお姉ちゃんは、僕のこの帰りの飛行機と同じテンションなのか、

赤ワイン(ミニボトル)ばかりをひたすら飲み続け、おそらく飛行中に10本は飲んでいたんじゃないかっていうほどだった。

まぁ酒臭いのだが、それはそれは男らしい飲みっぷり(←差別的表現)に惚れ惚れしてしまった。

座席前のポケットにワインのボトルが3~4本入ってるんだもん、

それでいて特に酔っ払っている感じもなかったんだからすげぇよあれ。

やたらとかわいこぶる、最近の日本人の女性はこんな飲み方絶対しないだろうが、

あれだけ飲んだら確かにだいぶお得感あるし、もし僕がもう少し英語が堪能でコミュ力もあるならば、ああいうお姉ちゃんと酒坏を交わしたいと思いました。

今週末はレジャーで世界一周をするから、また機内食つっつきながらお酒が飲めるね!やったね!

この世界一周の出費が予想されていたから、ここ2ヶ月くらい基本的に家では酒を飲まないようにしていたから、

飛行機に乗れば酒が飲めるっていうのが地味に嬉しいんだなぁ!

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。


撮り鉄

冬の大糸線、E257系あずさのラストラン(後編)

前回の続きから。

白馬の雪山バックの撮影が満足のいかない結果になったので、

リベンジとなる2回目の大糸線特攻。

目的はただ一つ、E257系あずさ、一日1往復だけの大糸線直通・南小谷発着になるあずさ3号とあずさ26号である。

山の天気っていうのは天気予報を見ても全然予測がつかない、地平が晴れていても山に雲がかかっているなんてこともしばしば。

まずは午前中、信濃森上からほど近い、白馬連峰がバックに映るポイントへ。

同じ目的の撮影者が40~50人ほどいたが、風景主体のポイントということでキャパシティはかなり余裕。

天気もよくてキレイに撮れたとは思うんだけど、さらに贅沢を言えばちょっと雪が足りなかったかな・・・w
19041722.jpg
信濃森上~白馬大池にて撮影


この時点で3月上旬、前日も雪ではなく雨が降ってしまうような天候で心配はしていたんだけど、

例年に比べるとやはり暖冬ということで雪が少なく、おそらくここらの周辺スキー場にも影響があっただろう。

撮り鉄としても、あるべき場所にあるべきモノがないという物足りなさ・・・。

3年前に青森で白鳥を追いかけていたときもかなりの暖冬だったけど、今年もなかなか厳しいコンディションだった。

その日の午後はあずさ26号狙いで安曇沓掛へ。今回は最高の天気だった!
19041723.jpg
安曇沓掛~信濃常盤にて撮影

ちなみに撮り鉄はこのくらいズラり。僕の左右にも20人くらいいたから、周辺ではやはり50人くらいいただろう。
19041721.jpg

E257系0番台、ドア横の号車案内ステッカーでいうと10号車にあたる「安曇野の道祖神」が線路側を向いていた。
19041724.jpg


とりあえず最初の目的は達成したけど、一応今回は翌日を予備日として設けていたので、別の撮影地に向かうことに。

再び白馬の先へ、第一姫川橋梁の先で下りのあずさ3号を撮る。
19041725.jpg
信濃森上~白馬大池にて撮影

冬の森の中を走るE257系。ここももっと雪が欲しかった・・・。
19041726.jpg
(臨)ヤナバスキー場前~南神城にて撮影

まぁ贅沢を言えばきりがないわけで、ひとまずは目標を達成したことを喜ぶことにしたわけである。

雪の道を車で走るなんて怖すぎるから、今回もまた「徒歩鉄」だったけど、

昔からこんなことをやっているせいで、駅から1時間以内だったら「歩けるじゃん!」って思ってしまうw

電車が少ない中で効率的に撮るために、どのポイントだったら行けるかっていうのは見極める必要があるけど。



さて、上のポイントで示した(臨)ヤナバスキー場前は、3月改正で廃止になった臨時駅です。

撮影したのが廃駅になる前だったのでこういう表記にしたけど、

今の時点でポイントを示すのであれば、「簗場~南神城にて撮影」に改めるべきもの(←どうでもいい?)

んで、

わざわざここで撮ったのが、今回の改正で廃駅になるヤナバスキー場前を見に行きたいと思ったからである。

スキー場の閉鎖のため、3年ほど前から停車する列車が年間を通して一本もなく、すでに駅の中やホームには入れなかった。

4両編成の列車までが停車できるプラットホーム。
19041727.jpg

駅名標。
19041728.jpg

駅舎。
19041729.jpg

臨時駅ならでは簡素な構造ね。
19041730.jpg

大糸線の普通列車車内に掲示してある路線図にはまだ「(臨)ヤナバスキー場前」の表記があった。
19041728b.jpg

駅からすぐ目の前の階段を上がると、元ヤナバスキー場があり、

レストランなどが入っていたと思われる建物はすでに廃墟に。
19041731.jpg

チケット売り場。
19041732.jpg

場内案内図とリフトはそのままになっている。
19041733.jpg

ゲレンデさ・・・びっくりなことに人が結構いるんだよ・・・。足を踏み入れるときから人の声がするから幽霊かなって思っちゃったw
19041734.jpg

いや、普通にソリやってるね。思いっきり遊んでるね!
19041735.jpg

スキー場は閉鎖されているのになぜかしっかり圧雪されていて、雪質も悪くない。っていうか普通に滑れそう。

自分で歩いて上まで登れば、まだスキーもできるのだろうか?この感じだと登ってる人もいそうだw

簗場の駅まで歩いてきた。
19041736.jpg

ここも昔は急行アルプスの停車駅だった。

大糸線内はかつては優等列車が停まっていたのに、今はその時代虚しく通過になった駅が多い。

この簗場の他に、有明、信濃松川、信濃森上、白馬大池、千国といった駅に停車していたわけで、

神城は臨時の(ワイドビュー)しなのが停車しているものの、定期列車のあずさは通過になった。

「平成」の間で大きく大糸線が衰退したことを示す指標とも言えるかもしれない。

これらの駅は交換設備の名残があって、簗場にも9両編成の停車位置目標が残っている。
19041737.jpg

ちょうどリゾートビューふるさとの通過時間だった。
19041738.jpg

長いホームに2両編成の普通列車が到着。
19041739.jpg


松本にはE257系が電留線に並んでいた。
19041740b.jpg

車両がE353系に統一されたため、「スーパーあずさ」の表記はもう見られない。
19041740.jpg

いろいろと「見られなくなったもの」が詰め合わせられているよw
19041741.jpg

19041742.jpg

やっぱり飲みます缶ビール。列車内で飲むビールってなんであんなにウマいんだろうね、正直たまらん。
19041743.jpg

どうせ飲むからデカいの買う。で、飲み切って車内販売でも2本目を買う。

いつの間に酒の中でビールが一番好きになってしまったンゴ・・・。オッサンや。

飲みたいときに追加の酒が買えなくなるから車内販売廃止はやめて欲しい(切実)。


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。


撮り鉄

冬の大糸線、E257系あずさのラストラン(前編)

載せようと思いつつすでに2ヶ月くらい経ってしまったんだが、

2月から3月にかけて、中央線・大糸線を走るE257系を追いかけに行っていた。

定期列車では1日1往復だけ残る大糸線のあずさ。

大糸線内で撮影した写真が全くなかったので、最後に「葬式」をしてきたというわけである。

すでに中央線のE257系は先月のダイヤ改正以降は定期運用を離脱。

もともと松本車両センターに9連16本、2連5本が在籍していたE257系0番台であるが、

9連2本が波動用として松本車両センターに残るというのはひとまずは吉報と言うべきか。

おそらくこの2本は塗装変更などもないだろうから、

今後しばらくは武田菱をまとったE257系を目にする機会があるかもしれない。



朝から気軽に通える茅野のS字で。
19041700.jpg
青柳~茅野にて撮影

これが通過する1時間前くらいまでは、背景にアルプスが見てていたのに、通過のときには雪がパラパラと降ってきてダメ。
19041701.jpg
安曇沓掛~信濃常盤にて撮影
↑の写真が満足行かない内容なのでリベンジを決心した(後半へw)

朝の松本駅に停車中のE257系あずさ。この半室グリーンのサロハE257は貴重な存在に。
19041702.jpg

今年は暖冬だったが、大糸線も信濃大町を越えたくらいから雪が増える。

このあたりを乗車していると、中学生の頃(おそらくE257系がデビューしたての2001年か2002年)、新宿から南小谷行きのスーパーあずさに乗って、大糸線経由で糸魚川に出たことがあったのを思い出す。

あの頃は定期列車で1日3本くらい大糸線直通があり、冬の時期でも今ほど高速バスが台頭していなかったので、臨時の白馬行きあずさがよく増発されてた。

新宿の発車標に出てくる「南小谷」「白馬」の表示は見るだけでワクワクしたものである。

おそらくその直後くらいのダイヤ改正でJR西区間(南小谷~糸魚川)で必殺的な減便が施され、南小谷でスーパーあずさの接続列車がなくなってしまった(実家にそのときの時刻表があるはず)。

以降は大糸線あずさの運行区間短縮や減便が相次ぎ、今思えば一つの路線を別会社で分けたことの弊害がこんなところでも垣間見えるんだなと。

同一会社であれば、特急列車の終着駅で接続する普通列車を削減するなんてことはよほどのことがない限りされないから、

JRの分社化をもう少しうまくやっていれば、もっと救える路線は数多くあっただろうと思う(北海道なんてその典型)

余談が増えたけど、大糸線の超有名撮影地、姫川第2橋梁。普電で練習。
19041703.jpg

本命はこっち。マイナス5℃以下という寒さの中、4時間くらい待機するのは辛いものがあったw
19041704.jpg
白馬大池~千国にて撮影

南小谷始発のあずさ26号に乗るため、白馬大池から下り列車に乗車。

「乗客が数えるほどしかいない」と予想をしていたのに、思っていた以上に南小谷から乗る乗客が多かった。
19041705.jpg

このE351系の標識はなんだろうか?知ってる人いたら教えろください!
19041706.jpg

波動用で残るとは言え、さすがにもう大糸線には乗り入れないよね?
19041707.jpg

「自由席」のあずさもなくなった。
19041708.jpg

始発駅の醍醐味。がらーん。
19041709.jpg

このヤッホーブルーイングのビールシリーズが好きなんです。基本的に麦芽100%ビール好き。雪見ビールが最高!
19041710.jpg

大糸線をゆっくり楽しもうと思っていたら、なんと白馬でほぼ満席に。こんなに大糸線あずさって需要あるのかとびっくり。
19041711.jpg

信濃大町あたりで完全に満席になり、松本で乗ってきた乗客は座ることができず・・・。

さすがにこれはもっと増発の余地あるんじゃないか。

基本的にJRってもとお役所の気質ゆえ、「人が乗りません」→「じゃあ減便しましょう」、「廃止しましょう」っていう考えじゃん?

普通の一般企業だったら、「どうやったら利用してもらえるか?」、「どう需要を開拓するか?」てところになるんだけど、

JRにこういう意識は究極的に欠落しているわけよ。

最近縮小する車内販売にしたってそうじゃない?

まず売れないってなったら、「メニュー減らします」、「区間(列車)を限定します」ってなるでしょ?

んで、こんなことやったらそりゃ不便になるわけだから、使う人だって減るわけよ。

で、また使う人が減ればさらに効率化だのなんだのっていって、結局「車内販売やめます」ってなっちゃう。

「どうやったら売れるだろう」、「売れるものを開発しよう」って発想を基本的にはしない。

車内販売やりたい会社を外から募集したりすればもっと残せるところだってあるはずなのに、

それをやると自社の旨味が減るから、なかなかやろうとしない。
(例:好調な駅ナカや自社管轄のコンビニで買い物する人が減る)

あれもこれも自社で、子会社でと、JRの息のかかった企業ばっかりで構成させてしまう結果、もともとあった産業構造もガタガタになってる。

売れる駅弁屋を旧・日本食堂→現・NREが買い取ったりした挙げ句でコレ。

事務所の中で何の危機感もなく、現場も全然知らない文系総合職が目先の効率だの人件費だのばっかり追いかける結果、ダメになったものがJRには数え切れないほどある。

そのくせ誰も責任を追わないし、現業は総合職に頭が上がらないから、

好き勝手にやりたいだけやって、儲からなくなったら切り捨てるという発想が蔓延するわけだよね。

こういうあたりが僕がJRを嫌う理由、アンチJRであるゆえん。

なんか最近またJR東日本は現業社員を一元化しようだとかで、運転士だとか車掌だとかの括りをなくそうとしてるけど、

これもまた机上の空論で、現業のプロ性や適正、それに付帯してくる現場の士気や意識、チームワークなんて発想を持たず、

物事という多面体を一面でしか見られない文系総合職が考え出しそうなことで、もはや呆れることもバカバカしいと思えてくる。

基本昔からアンチJRなんだけど、現場で頑張っている社員を見れば見るほど、現業の社員っていうのはいつも総合職に振り回され、JRってほんとひどい会社だなってつくづく思うんだよね。

そんなことをE257系あずさで考えていたら新宿に着いた。
19041712.jpg

後半は主にJR東日本の悪口です。


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。


東武東上線

「川越特急」をググった結果wwwww

東武東上線でこの前のダイヤ改正から走り始めた「川越特急」をグーグルで検索したら、

右側の窓になぜか風俗店が紹介されるという現象・・・。
19033000.jpg

なんでや!

てっきり検索ワードを間違えたかと思ってしまった。

ふしだらNG!



しかし相変わらずというか、まーた東武東上線は種別が増えてしまいましたね。

TJライナー同様に50090系がクロスシート状態で使用され、

堂々と「特急」とつくのに、特急料金はいらないっていうのがまた混乱を招きそう。

で、TJライナーは全席座席指定になり、料金が50円値上がりした。

TJライナーも何度か乗ったことあるけど、以前の座席定員制だと1人の乗客が隣の席に荷物置いたりしてたりっていうのがあったし、

混雑していると座れる席がなかなか見つからないなんてこともあったから、指定席化は妥当かなと思う。

座席指定システムはすでに本線系統特急列車で長らく稼働している実績があるから、TJライナーの指定席化もわりと簡単にできたんだろう。

僕自身は東上線から離れてしまったが、今回改正でいろいろ変わったところを体感するために、そのうち時間を取っていってみたいね。



そんなことよりも副都心線、東横線直通の運用が結構変わっていて、

土休日朝の東横線・副都心線から直通する快速急行の終着駅が小川町になり、走行距離が増えているせいなのか、土休日は東武車の運用が増えた。

もともと東横線に直通する本数が乗り入れ各社の中で一番少ないから、副都心線や東横線に直通する東武車運用なんて激レア的存在だったのだが、

土休日ダイヤで東横線を走行する東武車運用は下り15本、上り16本(副都心線渋谷発あり)と改正前よりも7本程度(多分)増えている。

特に注目すべきは休日17T運用であり、

日中に和光市~元町・中華街を何度か往復し、副都心線内を各停、東横・MM線内を急行として走る。

【土休日17T運用】
和光検車区出庫→
和光市8:33発-(各停)-渋谷-(急行)-元町・中華街9:53着
元町・中華街9:55発-(急行)-渋谷-(各停)-和光市11:17着
和光市11:33発-(各停)-渋谷-(急行)-元町・中華街12:53着
元町・中華街12:55発-(急行)-渋谷-(各停)-和光市14:17着
(↑の列車は東新宿で東武車充当のFライナー森林公園行きの通過待ちをする)
和光市14:33発-(各停)-渋谷-(急行)-元町・中華街15:53着
元町・中華街15:55発-(急行)-渋谷-(各停)-和光市17:17着
和光市17:32発-新木場18:27着
新木場18:36発-川越市20:04着
川越市20:15発-新木場21:40着
新木場2148発-森林公園23:36着
→森林公園検修区入庫

今まで日中に東武車が東横線内を急行で走行する運用は代走などを除いて設定されていなかったので、

この17Tというのは鉄ヲタとして非常に興味深いから、東横線内を走行する姿をぜひとも追いかけたいと思う。

ちなみに、平日にも運行本数は少ないものの、東横線内を急行として走行する東武車運用が存在しており、

今回のダイヤ改正は運用体制としてかなり大きな変化がある面白い改正になったと言える。

登場から30年を経過している東武9000系が、東横線内を爆走する様子を見てみたい変態さんたちは、

ぜひともこの機会に東横線内を走る東武車を追いかけてみてはいかがだろうか。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。


訪問者カウンター

統計開始日:2006年11月7日
現在の閲覧者数:
プロフィール

4様ゲッター ◆4sama4.AtQ6J

Author:4様ゲッター ◆4sama4.AtQ6J
細々と大学生活板コテハン(既卒)
【性別】
男の子
【職業】
社畜
【出身地・居住地】
東京都
【趣味】
鉄道,野球観戦,アニメ,ゲーム,漫画,2ch等
【特技】
人を怒らせること,キモがらせること,嫌われること
【好きな声優(表)】
後藤邑子,新谷良子,緑川光
【好きな声優(裏)】
北都南,まきいづみ,あじ秋刀魚
【好きな絵師】
樋上いたる,ほんたにかなえ,七尾奈留,カントク,杉菜水姫,狗神煌
【好きなライター】
麻枝准,奈須きのこ,すかぢ,王雀孫
【好きな歌手】
BUMP OF CHICKEN,倉木麻衣,Mr.Childlen,Lia,Rita,霜月はるか

・複合型のヲタ
・キモブサ
・空気読まない
・千葉ロッテマリーンズファン
メガネ巨乳撲滅委員会会員
ラジオ専用掲示板
・古河渚は俺の嫁
俺の嫁

洋ゲーやってます。
フレンド申請もお待ちしております。

相互リンク随時募集中!
コメ欄なりメールなりに一言書いてもらえれば、翌日にはリンクに追加されるかと思います。たぶん。

・意見、感想、誹謗、中傷、ラブレターなどはメールでどうぞ
4samagetter@gmail.com

リンクフリーです。
↓誰も使わないであろうバナーもあります。


画像などのうp物も使いたいものは勝手に使ってくださって結構です。加工・転載なども含めてご自由にどうぞ。
ただし商用利用は全て禁止です。見つけた場合然るべき措置を取りますのでご注意ください。

↓ヒマなら読むといいよ
 ・鉄っちゃんたちに100の質問
 ・ヲタどもに100の質問
 ・2周年記念自己紹介バトン
 ・本棚あります
 ・パンチラ画像はコチラ

↓無駄に力を入れた妄想小説
空色の王国①
空色の王国②
空色の王国③
空色の王国④
空色の王国⑤(18禁)
空色の王国⑥

ランキングに投票
人気ブログランキングへ
ブログ内検索専用
カレンダー

04 ≪ 2019/05 ≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
応援中!
【サクラノ詩】応援中!
amazon
ケータイ厨専用
QR
ブロとも申請フォーム

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ