東武東上線

撮り鉄日和は温泉日和

お久しぶりに地元東上線を撮り鉄。

出張が多くて撮りに行くヒマがなかったり、いざヒマになったらヒマになったで天気が悪かったりで、今年は全然撮りに行けていない。

まぁそもそも東上線自体最近ネタに不足している感じであるけど、

今のうちに撮っておいた方がいいだろうなぁっていう車両が存在するのも事実。

未更新10030系とか、そろそろ先行き危ういんじゃないかっていう10000系とか?



まずは東横直通で活躍する50070系。東上線内で「F急行 元町・中華街」を見るのにも慣れてきた。
17111500.jpg

メトロ7000系の10連は在籍数が少なく、その分東上線に充当される7000系も貴重なわけである。こいつもそう遠くない将来インドネシアへ行くのだろうか・・・w
17111501.jpg

メトロ10000系は腐るほど見るけど、行先表示器のLEDがフルカラーに更新が進んでるから、そろそろ原型車は貴重になりつつある。
17111502.jpg

10030系更新車。本線から30000系13編成130両が大規模転入して以降、この10030系でさえも最盛期に比べるとずいぶん減った。
17111503.jpg

在籍4編成、稼働3編成(1編成は去年の脱線事故以降休車)の10000系、幕式のまま残る行先表示器が新鮮。
17111504.jpg

東横直通の9000系。
17111505.jpg

チョッパ車って叩かれるけど、ぶっちゃけ東横に入る車両で一番性能悪いのって西武6000系だよな!

東武9000系って歯車比が通勤電車の割に小さく、起動加速度3.3km/hを確保しながら高速性能を両立させるという、結構なモンスタースペックなんだぜ!

東横直通する前に電動機を改造したとかなんとか噂が定かかは知らんw

こっちは地上用50000系。快速池袋行き。
17111506.jpg

30000系。最近、たまーに女性運転士を見るようになった。この列車もおそらく習熟運転中?
17111507.jpg

東急5050系のF急行元町・中華街行き。
17111508.jpg
新河岸~川越にて撮影


場所を都幾川ポイントに変更。10030系もリニューアルが進み、未更新車の方が数が少なくなってきた。
17111509.jpg

9050系って冷房室外機の配置が好き(←マニアック)。9000系や10050系から通風器部分を取っ払った配置で、扉部分に吸引口がくることのないように工夫されている。本線の20070系も同じコンセプトなんだよぉ。
17111510.jpg

新河岸で撮ったのと同じ11005Fの快速だけど。
17111511.jpg

ラストは50090系の準急。
17111512.jpg
高坂~東松山にて撮影



この後はお気に入りの温泉(小川町)でぬっくぬくでした。

撮り鉄→温泉の流れはこれからの季節の醍醐味。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

スポンサーサイト

どーでもいい話

森伊蔵をロックで

先日、友人らとキャンプに行った際に、ついに念願の森伊蔵を開封した。

7月にJALの特典航空券でファーストクラスに乗ったとき買った森伊蔵、

僕は律儀にもみんなでワイワイ飲めるタイミングまでしっかりととっておいた、どやぁっ!(←ここまで飲む機会がなかっただけ)

すごく汚い画像でサーセンwww森伊蔵の面汚しwww
17110800.jpg

正攻法ではなかなか手に入りづらいというこの貴重なお酒。

JALの機内であれば、主に長距離路線ビジネスクラス・ファーストクラス乗客用機内販売で、1本3000円くらいで手に入る(ただし季節限定)。

ネットオークションだと1本何万とかいう値段で取引されているわけで、

JALビジネスクラスとネットオークションを組み合わせれば、ちょっと悪いお金儲けがゲフンゲフン・・・。

前にも言ったことがある気がするが、僕は基本的に貧乏舌。

美味しいものは大好きだけど、高級食材や高級品の味がしっかりと選別できる自信は全くない。

うまく調理されたスーパーの特売品肉を使ったステーキと、どっかのブランド牛高級ステーキを食べ比べたとしても、きっと味の違いなんてほとんどわからないと思う。

それはお酒であっても同じであり、

高いものが美味しく感じるのは、そのものの品質よりも、「高いものを食べている!」という思い込みがそのものの味をよくしている、

なんてことを公衆の場で堂々と発言してしまうと、周囲の雰囲気ぶち壊しであるはずなので、通常こういうことは言いませんw

全ての高級品に共通するわけではないけれども、こうした側面も一部にはあるだろうと考えている。

んで、

この森伊蔵、当然僕も初めて飲んだんだが、普通の芋焼酎とは違う味であることは確か。

僕は芋焼酎はそこまで得意ではなく、どちらかというと焼酎は麦派であるが、

森伊蔵軽い口当たりには本当に驚いた。

イモなのに全然飲める!臭くない!辛くない!

これが芋焼酎?っていう感じでスイスイ飲めてしまう怖さw

実際、お酒を飲んだという実感以上に酔っ払ってしまって、もう少し分量を間違っていたら確実に潰れていただろうと思う。

いやいや、恐れ入った。

でも本当に芋焼酎が好きな人はこの軽さから物足りなさを感じるかもしれないなんて思うのは余計なお世話だろうかw

あと大変失礼な話、

本当にお酒が好きな人がどういう考え方なのかはわからないし、人によって価値観が全然違うのは承知だけども、

確かに美味しいとは思ったが、1本を何万も出して買うほどではないと思った。

3000円なら全然安い!

だから今回3000円でこんなに美味しいお酒が飲めたのがとても幸せ!

また手に入る機会があったら買いたい。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

なんちゃって社会人

1時間前出勤のススメ

おい、おまえら社畜生は始業の何分前に会社着いてる?

僕個人としては、ちゃんと仕事をしているのであれば、始業何分前に来ようとなんでもよいという考え方。

始業時間にやたら厳しいくせに、終業時刻がオーバーするのは全然OKっていうのも変な話に思だよな。

僕は営業職。

営業職は残業代が固定という悲しさ。

でも裁量労働制という言葉通り、ある程度本人が支障のない範囲で働き方を調整したりできるという長所もある。

そこで僕の場合は自主的オフピーク通勤をしていて、

基本的に会社には始業の60分前くらいに到着していますw

今の職場で働き始めたばかりの頃は20分前くらいに着いていたんだけど、

気がつけばこんなにも早く来ているというww

ここまで早く来るようになったことにはいくつか理由がある。


1. 通勤が楽
1時間くらい早く家を出ると明らかに電車が空いている。
僕は朝の電車の中ではたいてい本を読むので、あまり混雑している電車には乗りたくない。
立っているときはカバンを網棚に乗せて楽々読書、
途中の乗り換え駅から先は座れるので、ここでも楽々読書。
駅から会社までも人の列が少ないし、多少電車が遅れたりしたとしても振替乗車に走ったりする必要なし!
電車が空いている上に、わけのわからない理由で電車が遅れたりするリスクも少ない!効率いい!!


2. 会社着いてからマッタリできる
会社に着いてPCを起動したら、コーヒーorお茶を淹れます。
メール確認とネットニュースを見たりしながら飲むコーヒーがうまい^^
(クソみたいな内容のメールが入っていると萎えるが。)
この時間は会社にもほとんど人がいないので、多少のネットサーフィンも許されるw


3. 堂々と定時で帰宅できる
僕が朝早く来ていることは周囲の人間もわかっていること。
だから夜は特に気負いせずに定時で帰れますw
1時間早く来ているのだから、当然その時間はいわば残業。
だったら帰りくらい定時だっていいじゃん!
夜の残業はなんとなくダラダラと仕事をし、会社に長居してしまいがちなのに比べて、朝は比較的メリハリがつきやすい。
まぁ繁忙期だったり終業時刻直前に面倒な仕事が入ったりすると、夜も残業しなきゃならなくなるけど。


4. なぜか上司(役員含む)からのウケがいい
これはおそらく昭和的な古い頭を持ったジジイども(失礼)特有の傾向なのかもしれないけど、
朝早くから来てると、「あいつは仕事への意欲が高い」、「時間に余裕を持っている」というような声を複数名から頂き、
なぜか知らない間に僕の評価が上がっていた。
(相対的にいつも始業直前に“駆け込み出勤”している人はやり玉に挙がっていた・・・)
朝1時間早く来ても、夜1時間遅く残っていても同じ残業なはずなのに、
本当に日本ってよくわからない国だなぁ・・・とw


とまぁ、1時間早くに会社に来るというメリットが結構多くて、

気がついたらオフピーク通勤が普通になっていました。

どうせ一日の時間はキッチリと24時間って決まっている。

早く来ても遅く帰っても同じ一日なのだから、

僕は是非とも早く仕事に行く方を勧めたい。

電車空いてるのは楽だぞー。

一番いいのは電車が混んでいないことだけど、

東京で働いている以上、このあたりは避けて通れない道だからしゃーないね・・・。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。


野球

今さらながらプロ野球クライマックスシリーズの存在意義を再確認してみる

クライマックスシリーズ楽しめましたか?

パリーグは3位の楽天が2位西武を破ったものの、ソフトバンクには勝てず、結局日本シリーズにはソフトバンクが出場することになったが、

セリーグは3位で通過した横浜DeNAベイスターズが、2位通過の阪神、1位通過の広島カープを破り、「下克上」を果たした。

2位、3位がクライマックスシリーズを制覇すると毎回湧き上がるのが、

「レギュラーシーズン3位のチームが日本シリーズに出場するのはおかしい」
「レギュラーシーズン3位のくせに日シリで勝てば『日本一』になってしまうのはおかしい」
「シーズン1位通過の意味ってなんなのか?」
「1位の価値が下がる」

などなどといった議論。

正直こんな議論には飽きたし、あまりにも安直と考えざるを得ないわけである。

このクライマックスシリーズの目的を再確認してみよう。

ことの発端といえば、プロ野球の人気低迷が目立っていた2000年代前半のパシフィック・リーグで始まったプレーオフ制度。

観客動員の伸び悩みに頭を抱えていたパリーグで、少しでも消化試合をなくし、観客動員を増やすための試みとして始まった。

従来であれば1位が決定した時点でのそのシーズンはいわば消化試合となるわけだが、

この制度が開始されたことで3位までに食い込めればポストシーズンに進め、日本シリーズに出場できる可能性ができた。

強豪チームがいると8月下旬頃には優勝が決まって、その後1ヶ月以上もの期間が消化試合となっていたのがかつてのプロ野球であったが、

シーズン終盤まで順位が確定しないという要素ができたことで、2005年以降観客動員数が増加する結果につながったわけである。

2004年くらいまでは観客動員数がどんぶり勘定だったため実数がほとんどあてにできないのであるが、2005年以降プロ野球の観客動員数はほぼ横ばいか右肩上がりで増えている。

ソース:NPB統計データ(http://npb.jp/statistics/
セントラル・リーグパシフィック・リーグ

セリーグでは特に広島と横浜の伸びが著しく、パリーグでは日ハムが驚異的数字で伸びていることがわかる。

残念ながら我が千葉ロッテマリーンズは微妙なところであるw

もちろん、観客動員数がプレーオフ制度、クライマックスシリーズの開始だけが要因というわけではないだろうが、

この制度の開始がプロ野球人気低迷を救った一つの要因である事実は明らかである。



さてプロ野球とは何か?

言ってしまえばいわば興行。

レジャー産業である以上、「人々を楽しませる」ということが大きな目的の一つだと言える。

そのため、「勝つこと」というのは必ずしも第一の目的とは言えない。

極端な話、10対0とかいう試合ばっかりやって、7月下旬くらいにはほぼ順位が確定して・・・なんてことでは、興行としての価値に乏しいことは明らか。

ただ勝つだけでよいのであれば、かつての読売ジャイアンツ黄金期にプロ野球が潤っていたかという話であり、

確かに読売ジャイアンツには安定した集客力・求心力があったかもしれないが、それがプロ野球全体の人気底上げに寄与していたかというと疑問が残る。

消化試合が1ヶ月も続くのであれば、人気だって低迷するのだ。

実際、90年代頃までのパ・リーグなんて球場はガラガラで、マリンスタジアムのオリックス対ロッテ戦でホームランでも出れば、外野席で3~4人が全力でホームランボールを追いかけるなんてことは恒例だった。

外野席は応援団の方が多い・・・っていうのはさすがに少し言い過ぎかもしれないが、

少なくともちょっと頑張れば人数数えられるんじゃないかってレベルの観客数っていうのはザラにあったこと。

地上波全盛の時代にはそれでよかったかもしれないが、今はかつてよりも余暇を楽しめるものは増え、人々が取れる選択肢も格段に増えた。

結局のところ、2000年代初頭頃からプロ野球が時代にそぐわなくなり、変化が求められた時代だったということ。

実際に近鉄バファローズは赤字が莫大になったことで消滅し、同じ頃にはプロ野球の球団再編問題があちこちで噂されるようになってしまった。

あの頃がおそらくプロ野球の一つの時代の区切りだっただろうと思う。



で、

少し話がそれたけれど、「消化試合を少なくし、観客が楽しめるための制度」という目的でいえば、このクライマックスシリーズという制度である程度達成されているといえる。

勝つこと、負けることは二の次。

勝敗以前に、プロ野球がレジャー産業である以上、まず客が入ることが第一条件であり、客が入らなければ成立しないからだ。

例え負けたとしても最後まで観戦した観客が「今日の試合は楽しかったね」「負けたけど惜しかったからしゃーない」と言って終われれば、きっと次もその客というのは球場に足を運んでくれる。

圧倒的力によって勝ったチームがいれば、圧倒的力によって負けるチームがあるわけで、

その圧倒的力で負けてしまったチームのファンというのはやっぱり楽しくない。

接戦とシーソーゲームを繰り返し、展開が二転三転しつつ最後まで見ていて楽しい試合を増やすことがプロ野球の理想の姿であり、

9月のシーズン終盤まで気を抜けない試合が続くレギュラーシーズン、そしてその後に控えるクライマックスシリーズが存在することは、多くの観客にとっては「プロ野球が楽しめる期間が長くなる」ということ。

クライマックスシリーズは短期決戦であるゆえにレギュラーシーズンとは違った戦い方が求められるから、

短期決戦で勝つために新たな戦略が生まれたり、今回の横浜のように普段とは違う投手リレーで勝ち進むといった意外性とドラマでもまた観客は楽しめるわけである。

これだけ観客が楽しめる制度をなくせ、というのはどういう意図なのか?

球場にはホーム席とビジター席があり、観客動員を伸ばすにはビジター側にもしっかりと客を入れることが求められる。
(マツダスタジアムやヤフオクドームみたいに極端にビジター席が少ない球場もあるが・・・)

ビジターのお客さんが増えるということは、少なからず自チームの観客動員数の底上げにもつながるのである。

消化試合が減れば、上位チームにだってその観客動員増加の恩恵があるわけだし、

観客が増えて球団が潤えば色んな部分でサービスアップが図られたり、球場の設備が拡充されたり、選手の年俸・待遇がよくなったりするだろう。

もし「自分たちが一位で通過したのに日本シリーズに出場できないということが納得いかない!」っていうのが「CSヤメロ!」の理由なのであれば、

それはただ自分たちが勝てばいい、自分さえよければいい、というあまりにも自己中心的な理論じゃないかと思う。

こういう身勝手な人たちは、もし自分が応援しているチームが3位からCSを勝ち上がって日本シリーズに出たときには文句なんて言わないんじゃない?

CSがあるのはシーズン前からわかっていることで、戦略だって練る時間は十分にある。

そもそももう10年間もCSをやっていて、3位のチームがCSを制覇して日本シリーズに出場した例がどれだけあるか?

セ・リーグは今回の横浜が初めてだったわけで、パ・リーグもロッテの2005年と2010年シーズン2回だけ。

現時点でも1位通過のチームが有利な制度になっているのは明白であり、

それをたまたま今回レギュラーシーズン3位チームがCSを制覇したという結果論を持ち出し、またこういう議論をすることにどれほどの意味があるかって話よ。

不満タレる前に、明らか不利な条件の中でCSを勝ち上がったチームを祝福したらどうだろう?

今回の横浜は本当に頑張った。すごかった。

ぜひ日本シリーズでソフトバンクに勝ってほしいと思う。

ワイ、ロッテファン。今年は主力のデスパイネを強奪されたおかげで散々なシーズンでしたおwww

パ・リーグの戦力バランスを崩すソフトバンクホークスは大っ嫌いです^^

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。


どーでもいい話

選挙くらいしかネタがなかった一週間

ほぼ何もしないまままた一週間が過ぎてしまった感じ。

2~3週間ほど前にタイにプチバカンスしに行っていたのだけど、まだその記事も書けていないというw

時間を作ろうと思えば作れるはずなのに、「仕事が忙しい」と理由をつけて何もしないお父さんの気持ちがよくわかる!!

なんかずっと雨だったし。

あんたらちゃんと選挙行ったか?

選挙とはお祭りです。

選挙には絶対行くべきだとかそういう話は置いておいて、

選挙が楽しいということをもっと多くの人が知れば、投票率ももっと上がると思うんだ。

特に衆議院選挙や参議院選挙みたいな超大規模な選挙、行かない方が損してるぜっ!

投票のときはもちろん楽しいし、候補者や政党名かくときも楽しいし、国民審査で全員に×印つけるのも楽しいし、開票のときとかもゾクゾクするじゃん。

さらに好みを言うならば、小選挙区制よりも中選挙区制の方が楽しい。

衆議院選挙も参議院選挙と同じ中選挙区制にして欲しい。

中選挙区制だとトップではなくても一定の支持者がいるような候補者が当選したり、意外性も多いけれども、

小選挙区制だとだいたい「こいつ絶対当選しちゃうんだろうなぁ」という奴が当選するからイマイチです。

政党規模、知名度、現職かどうか云々でだいたい結果が見える。

あとは肩書か。

○○大臣とかの。

だいじんってつおい?
17102200.jpg

つおいつおいwwww

しかもなんか色々スキャンダルあったり、差別発言していたり、問題行動があったり、無能無責任防衛大臣だったり、

こういうのでも出る政党さえ間違わなければ当選しちゃうじゃん!

アラレちゃんにぶっ飛ばして欲しい大臣、たくさんいるんだけどね・・・。

結局こういうのがそのまま継続して当選してしまうから反省もしないし、けじめがつかないと思うんですけど。

出口調査で聞かれたら「比例は幸福実●党に入れました」って言おう言おうと思ってもうずいぶん経ったけど、まだ一度も出口調査に引っかかったことがないのが寂しいよ;;

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。


訪問者カウンター

統計開始日:2006年11月7日
現在の閲覧者数:
プロフィール

4様ゲッター ◆4sama4.AtQ6J

Author:4様ゲッター ◆4sama4.AtQ6J
細々と大学生活板コテハン(既卒)
【性別】
男の子
【職業】
社畜
【出身地・居住地】
東京都
【趣味】
鉄道,野球観戦,アニメ,ゲーム,漫画,2ch等
【特技】
人を怒らせること,キモがらせること,嫌われること
【好きな声優(表)】
後藤邑子,新谷良子,緑川光
【好きな声優(裏)】
北都南,まきいづみ,あじ秋刀魚
【好きな絵師】
樋上いたる,ほんたにかなえ,七尾奈留,カントク,杉菜水姫,狗神煌
【好きなライター】
麻枝准,奈須きのこ,すかぢ,王雀孫
【好きな歌手】
BUMP OF CHICKEN,倉木麻衣,Mr.Childlen,Lia,Rita,霜月はるか

・複合型のヲタ
・キモブサ
・空気読まない
・千葉ロッテマリーンズファン
メガネ巨乳撲滅委員会会員
ラジオ専用掲示板
・古河渚は俺の嫁
俺の嫁

洋ゲーやってます。
フレンド申請もお待ちしております。

相互リンク随時募集中!
コメ欄なりメールなりに一言書いてもらえれば、翌日にはリンクに追加されるかと思います。たぶん。

・意見、感想、誹謗、中傷、ラブレターなどはメールでどうぞ
4samagetter@gmail.com

リンクフリーです。
↓誰も使わないであろうバナーもあります。


画像などのうp物も使いたいものは勝手に使ってくださって結構です。加工・転載なども含めてご自由にどうぞ。
ただし商用利用は全て禁止です。見つけた場合然るべき措置を取りますのでご注意ください。

↓ヒマなら読むといいよ
 ・鉄っちゃんたちに100の質問
 ・ヲタどもに100の質問
 ・2周年記念自己紹介バトン
 ・本棚あります
 ・パンチラ画像はコチラ

↓無駄に力を入れた妄想小説
空色の王国①
空色の王国②
空色の王国③
空色の王国④
空色の王国⑤(18禁)
空色の王国⑥

ランキングに投票
人気ブログランキングへ
ブログ内検索専用
カレンダー

10 ≪ 2017/11 ≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
応援中!
【サクラノ詩】応援中!
amazon
ケータイ厨専用
QR
ブロとも申請フォーム

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ