なんちゃって社会人

反省はするが学習はしないタイプ

気がつけば今年もあと1週間を残すのみ。

めちゃくちゃ早い。

忙しい自慢をするつもりはないが、今年は本当に忙しかった。

出張もかなり多かった。

この年の瀬も国内の出張に何度も行った。

相変わらず乗った新幹線車両の車番を記録するという行為は継続中(最近JR西所有車にあまり当たらない気がする)。
17122400.jpg
785-2632

17122402.jpg
785-1527

僕が新幹線にのる最長の区間は東京~新大阪間だから、せいぜい2時間半程度の所要時間だけど(来年からもしからしたら姫路まで行くことになるかも?)、

やっぱりいちばん新しいN700A系の新造車(N700系1000番台・4000番台)に当たるのは嬉しい。

トイレにウォシュレット付きという、痔の危機に常に直面している僕としては・・・w

で、

駅弁も食らう。これは東京駅のコンコースにある全国の駅弁がたくさん集まっている「駅弁屋 祭」で買った峠の釜めし。
17122401.jpg

最近の峠の釜めし、陶器ではなく紙パックのものが増えてます。

食べ終わったあとに陶器の器を持ち歩く人は少数だろうから、これはこれでいいかなって思う。

東京駅にまで運んだら輸送だって大変だし、重かったらその分送料だってかかるわけだ。

味もそのまま、しいたけうまい!、ささがきゴボウうまい!

炊き込みごはんも量が多めで育ち盛り()男子としてはとても嬉しいんだけど、

値段は陶器Ver.と同じ1030円。

どうせなら紙パックのものは100円くらい値下げしてもらいたいというのが正直なところ。

出張のときは食費程度にはなる手当がつくから、普段よりも多少の贅沢は許されるんだけどね。

なにせ根が貧乏性なもんで、「陶器の器と紙の器の弁当の値段だ同じっておかしくねえ~?」って思っちゃうw

高崎駅のダルマ弁当は陶器Ver.とプラスチックVer.で値段違うのに。

こういうこと思ってるだけじゃなくて発言したくなっちゃうから、クリスマスイブの夜も一人で過ごすことになる一要因になるんだろうと思います^^

おいしく食べられればいいじゃない。

紙容器で1030円でも売れてるんだからいいじゃない。

そう考えよう、そうしよう(戒め)。



まぁそんなこんなで社畜生活に明け暮れているおかげで、今年もボーナス出ちゃったよぉ~!

ボーナスたくさん出てよかったなぁっ!

正規雇用って素晴らしいなぁっ!

ボーナス出ても最近は物欲も下降気味で、頻繁に買うものといったら文庫本と漫画くらい。

正直本ほど金のかからない娯楽は少ないし、他に色々ハメ外した使い方なんてできるはずもないんだけど、

密かにアマゾンで「自分へのクリスマスプレゼント」を買った。

今まではあまり買ったことのないジャンルのプレゼントである。

そのプレゼントが何かっていうのはまた後日ここでネタにさせてもらうとして、

年収に占めるボーナスの割合が多すぎるのはちょっと危険だと冷静に思う。

アタクシの基本給、30歳男性としてはまぁ低い方で、年に2回のボーナスを含んでやっと人並み。

年収で言えば決して平均を大きく超えているとはいいがたい。

自分がよく働いて、実績が残せているうちは平均的水準ても、そうでなくなったときに大幅に年収が下がるリスクがあるということ。

基本給はそうそう下げられることはないけど、ボーナスって本当に査定する側の裁量に左右されるものなんだから。

ということはつまりだ、このボーナスっていうのは実質的な歩合給であると言っても過言ではないのだ!

目の前にニンジンぶら下げられて走る馬のごとく、

「働かなかったらテメェの年収下がるからwww」という会社からプレッシャーをかけられているということだね!

こんな偏屈な考え方しちゃって素直じゃないことこの上ないね!

こういうこと思ってるだけじゃなくて発言したくなっちゃうから、クリスマスイブの夜も一人で過ごすことになる一要因になるんだろうと思います^^(←二回目)

いっぱいお金もらえたんだからいいじゃない。

学歴クソなくせに人並みに近い給料が出てるだけいいじゃない。

そう考えよう、そうしよう(戒め)。


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。


スポンサーサイト

なんちゃって社会人

友達少ないやつの特徴wwwww

家以外で社会人が最も長く過ごす場所といえば、おそらく職場であろう。

職場周囲の環境というのは、人の生活に多大な影響を及ぼす。

食事、買い物、友人付き合い・・・いろいろあるけれども、

職場から家までの距離(所要時間)でも生活圏が変わってくる。

職場が変われば、当然個人が取る行動も変わるわけだ。

さて、

今さらだけれども、僕の「行動拠点」は新橋である。

東京都港区、サラリーマンの街、新橋界隈でサラリーマンをやっている。

大学時代は埼玉の田舎か東京の端っこで過ごし、最初仕事を始めたときの職場も埼玉だったせいで、

東京で生活しながらそれっぽいこととはほぼ無縁。

学生時代、就活をしていた頃には、新橋で働くことを密かに夢見ていて、

新橋を電車で通るたび、そこで乗降するサラリーマンを見ては「新橋のリーマンとかマジ勝ち組だわ・・・」とか安易なことを思ったりしていたのだw

それが本当に新橋で働いているのだから、夢って案外簡単に叶うんじゃね?とナメたことを思ったり。まぁ夢のレベルが低いっつーことかもしれないけど。

んで、新橋でリーマンを始めてすでに数年が経過しているが、本当に新橋は素晴らしいと思うわけである。

まず交通が便利。

新幹線は東京駅からすぐ乗れる、お隣浜松町からモノレールに乗れば羽田空港もすぐ、成田空港も銀座線の上野で京成に乗り換えればそれほど時間がかからない。

新橋を通るのはJR、メトロ銀座線、ゆりかもめだけだが、都営三田線の内幸町、日比谷線・千代田線の霞ケ関あたりは徒歩圏内。

たいていのものは揃うし、メシ屋と飲み屋も無数にあり、とにかく物価が安く、その価格の割に高品質。

高くてクソまずいような店もありますけどね・・・平均として高水準であることは間違いないだろう。

今まで新橋なんてほとんど行ったことがなかったけれども、新橋の便利さには本当に感動した。

そのかわり家は少し遠いけど(通勤時間およそ1時間)・・・w



そして僕は、今の仕事を始めてから、昔では考えられないようなことをやっていて、

それはねそれはね、

お仕事帰りに一人で立ち飲み屋に行くことです!

キャッ!はずかしいっww

地上はもちろんいろいろお店はあるんだが、個人的お気に入りのエリアは新橋駅直結の「新橋駅前ビル」である。

JR新橋地下の汐留改札を抜け、うどん屋さんの前のサンタコスのビリケンさん(今の時期限定)横目に直進すればいい。
17120100.jpg

するとそこは昭和の雰囲気の飲み屋街、昼は営業しているお店が少ないが、ランチ食えるところは結構ある(とんかつ屋とか、いつも行列ができているナポリタンが有名な喫茶店とかオススメである)。

さらに奥まったところにある新橋駅前ビル2号館は通路も狭いし店もディープすぎるので初心者にはオススメしないが、1号館であれば比較的入りやすいだろう。

で、一人で飲む。一人で食らう。ここは串かつのお店。
17120101.jpg

セット頼んで飲み物をホッピーにして、中だけおかわりするコスパのよさったらパネェwwww

ホッピーっていいんだぞー、プリン体ゼロだからなー、もう30歳にもなるとこういうの気にするんだぞー、こういうの気にしながら高カロリーな串かつ食ってるんだぞー。

平日だろうと給料日前だろうと関係なく混雑するのが立ち飲み屋の正しい姿、女性の一人客も意外と多い。
17120102.jpg

本を読んだり、調子乗ってる芸能人のTwitterにクソリプ送ったり、

LINEの公式アカウントで遊んだりしたら楽しいぞぉ!
17120103.jpg

17120104.jpg


       iイ彡 _=三三三f           ヽ
        !イ 彡彡´_ -_=={    二三三ニニニニヽ
       fイ 彡彡ィ 彡イ/    ィ_‐- 、   ̄ ̄ ヽ     し  ま
       f彡イ彡彡ィ/     f _ ̄ ヾユ  fヱ‐ォ     て  る
       f/ミヽ======<|-'いシ lr=〈fラ/ !フ    い  で
       イイレ、´彡f        ヽ 二 _rソ  弋_ { .リ    な  成
       fノ /) 彡!               ィ     ノ ̄l      .い   長
       トヾ__ら 'イf     u    /_ヽ,,テtt,仏  !     :
       |l|ヽ ー  '/          rfイf〃イ川トリ /      .:
       r!lト、{'ー‐    ヽ      ´    ヾミ、  /       :
      / \ゞ    ヽ   ヽ               ヽ /
      ./    \    \   ヽ          /
   /〈     \                 ノ
-‐ ´ ヽ ヽ       \\     \        人


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

なんちゃって社会人

何か大きな選択するのにはそれなりのリスクが伴うという話

気がつけば僕も30歳、ブログも10年以上続けて、

2006年にブログを始めた当初、予備校でなんだかんだやっていた頃には決して想像がつかなかったであろう理想的な社会人となっている。

だいたいこのくらいの年代になると増えてくるのが「結婚」と「転職」。

ここ3年くらいで結婚をした人は、知人レベルであればすでに数えるのが嫌になるくらいいて、

おそらく結婚式にも毎年平均3人~4人程度出席しているせいで、ご祝儀の「赤字額」がヤバイことに・・・なんて話は以前したような気がするので割愛します(ここらへんの記事)。

で、仕事はというと、

なんだかんだでガチにニートやっているようなやつはいなくて、「こんなやつよく就職できたなぁ」レベルの友人でさえフツーに働いているんだからね・・・(←このセリフそのまま自分に返されても仕方ない)

で、ここ2年間くらいのうちに転職をしていた友人が何人かいる。

しかもしっかりキャリアアップしてる。

どこの馬の骨かもわからんようなやつホイホイ招き入れて、しっかり前職よりもいい待遇で迎えるんだからなんつー会社があるんや!って思わずにいられないw

僕はすでに2013年3月に転職をしていて、

このときは色々と覚悟(←爆笑)があったし、転職するために資格取ったりとか(←何の資格か知りたい人は検索してみよう!)、自分でできる限りのことをやったおかげか、かなりいい転職ができたと思っている(キリッ)。

今のところは辞める気は全くないんだけど、もし別の業種の仕事をしたいのなら、そろそろタイムリミットだろうなとも思ってしまう一方で、

あの就職活動的なアレは二度とやりたくない!っていう思いもあるから複雑よw

最近は自分が採用選考に関わることになっているせいで余計に色々と企業側の勝手な都合が垣間見えるという葛藤www



さて、人が転職をしたいと思う理由は何か。

単純に言えば、今よりも良い何かを期待するからだろう。

ただこれってすごく漠然としていて、その人が何を重視するかによって変わってくる。

給料、残業時間、休日、業種、職種、人間関係、将来性などなど、

おそらく挙げだしたらきりがないのと、求める条件が多ければ多いほど期待通りの結果が出る可能性は低くなるし、

一見して自分の理想通りの求人があったとしても、実際に転職したら「こんなはずじゃなかった」なんてことは大いに有り得る。

「残業が思った以上に多かった」
「年間休日日数は増えたが、有給休暇が全然取れない」
「給料が良いと思って転職したものの、なかなかその後の給料が上がらない」
「めんどくさい上司がいた」
「わけのわからないルールがある」
「希望していた業界に転職できたけど、思い通りの部署に入れなかった」

求人票で見ている内容と現実が違うなんてことはよくあることだし、人間関係なんてそれこそ選びようがない。

いい環境を求めるというのはすごくよくわかるが、すべてが今よりも恵まれた環境になるなんて虫のいい話はあるわけがない。

給料が上がったけど休みは減ったとか、

仕事内容は希望していたとおりだけど、職場環境や人間関係は前の方がよかったとか、そういうのがあって当たり前じゃん?

嫌いな人がいるから職場変えたいっつっても、自分と合わない人間なんてどこに行ってもいるのだから、転職した先でも同じような結果になることは容易に予想できる。

今よりも少し良くなればいいや、って思っても、

その良くなって欲しいと願う条件が3つもあれば、それは現実問題として非常に高望みだと思うわけだよ。

そして実際には「今よりも悪くなる」という部分が確実に出てくる。

結婚相手の条件みたいな話でもよくあるじゃない?(←別に「結婚」にこだわってるわけじゃないんだからねっ!)

「顔も普通、稼ぎも普通、性格も適度に優しければいい」という条件を求めたところで、実際に「普通」が3つもあればそれはすごく厳しい条件になるっていうやつ。

現実にいる人間なんて、「普通に仕事はしているけどブサイク」とか、「稼ぎはいいけど性格が難あり」だとか、「超イケメンで優しいけどフリーター」だとか、プラスがあればマイナスがあるのが当たり前。

こんなのは人間だろうと会社だろうと住居だろうと食べ物だろうとコンビニの商品だろうと、とにかくありとあらゆるものに同じことが言える。

どこが妥協できる部分なのか。

もし妥協できないものだらけであれば、それは現実を知らなさすぎる。

だからこそ、漠然としたイメージや、今の職場に対するネガティブなポイントを理由に転職すると、おそらく思い通りにならないということが多いのではないかな。

明確な目的や夢、転職する根拠など、そういうのがない限りは安易に転職しない方がいいと個人的には思います。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

なんちゃって社会人

1時間前出勤のススメ

おい、おまえら社畜生は始業の何分前に会社着いてる?

僕個人としては、ちゃんと仕事をしているのであれば、始業何分前に来ようとなんでもよいという考え方。

始業時間にやたら厳しいくせに、終業時刻がオーバーするのは全然OKっていうのも変な話に思だよな。

僕は営業職。

営業職は残業代が固定という悲しさ。

でも裁量労働制という言葉通り、ある程度本人が支障のない範囲で働き方を調整したりできるという長所もある。

そこで僕の場合は自主的オフピーク通勤をしていて、

基本的に会社には始業の60分前くらいに到着していますw

今の職場で働き始めたばかりの頃は20分前くらいに着いていたんだけど、

気がつけばこんなにも早く来ているというww

ここまで早く来るようになったことにはいくつか理由がある。


1. 通勤が楽
1時間くらい早く家を出ると明らかに電車が空いている。
僕は朝の電車の中ではたいてい本を読むので、あまり混雑している電車には乗りたくない。
立っているときはカバンを網棚に乗せて楽々読書、
途中の乗り換え駅から先は座れるので、ここでも楽々読書。
駅から会社までも人の列が少ないし、多少電車が遅れたりしたとしても振替乗車に走ったりする必要なし!
電車が空いている上に、わけのわからない理由で電車が遅れたりするリスクも少ない!効率いい!!


2. 会社着いてからマッタリできる
会社に着いてPCを起動したら、コーヒーorお茶を淹れます。
メール確認とネットニュースを見たりしながら飲むコーヒーがうまい^^
(クソみたいな内容のメールが入っていると萎えるが。)
この時間は会社にもほとんど人がいないので、多少のネットサーフィンも許されるw


3. 堂々と定時で帰宅できる
僕が朝早く来ていることは周囲の人間もわかっていること。
だから夜は特に気負いせずに定時で帰れますw
1時間早く来ているのだから、当然その時間はいわば残業。
だったら帰りくらい定時だっていいじゃん!
夜の残業はなんとなくダラダラと仕事をし、会社に長居してしまいがちなのに比べて、朝は比較的メリハリがつきやすい。
まぁ繁忙期だったり終業時刻直前に面倒な仕事が入ったりすると、夜も残業しなきゃならなくなるけど。


4. なぜか上司(役員含む)からのウケがいい
これはおそらく昭和的な古い頭を持ったジジイども(失礼)特有の傾向なのかもしれないけど、
朝早くから来てると、「あいつは仕事への意欲が高い」、「時間に余裕を持っている」というような声を複数名から頂き、
なぜか知らない間に僕の評価が上がっていた。
(相対的にいつも始業直前に“駆け込み出勤”している人はやり玉に挙がっていた・・・)
朝1時間早く来ても、夜1時間遅く残っていても同じ残業なはずなのに、
本当に日本ってよくわからない国だなぁ・・・とw


とまぁ、1時間早くに会社に来るというメリットが結構多くて、

気がついたらオフピーク通勤が普通になっていました。

どうせ一日の時間はキッチリと24時間って決まっている。

早く来ても遅く帰っても同じ一日なのだから、

僕は是非とも早く仕事に行く方を勧めたい。

電車空いてるのは楽だぞー。

一番いいのは電車が混んでいないことだけど、

東京で働いている以上、このあたりは避けて通れない道だからしゃーないね・・・。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。


なんちゃって社会人

仕事で新幹線に乗るという少年時代の夢が叶った今

ヘビーユーザーってほどでもないけれども、そこそこ使います東海道新幹線。

旅行で使う回数より、お仕事で使うことが多い。

去年からエクスプレス予約を利用し始めてから圧倒的に楽になった。

当日乗る列車の予約や変更がスマホだけでササッとできてしまうのが最強。

10年前の自分がこんな話を聞いたらさぞかし羨ましがるだろう。

「仕事で新幹線乗れるなんて最高じゃん!」と。

そこそこ使い慣れても、やっぱり多少は気分転換になるというもの。

例え早朝の新幹線を使って日帰りで大阪へ・・・、というありがたみの薄いパターンであっても、

目的地の駅までの2時間半、車内販売のコーヒーを飲みながらダラダラできるのはやっぱり楽しい。

んで、

東海道新幹線の乗客の不思議、言いまーす!

これ、本当に意識するようになってからすっごく気になるんだけど、

あの新幹線で昼間っからビールを飲んでるリーマンってなんなんだろうね!?

つい最近の出張でもそれがあったからあまりにも可笑しくてこうやって記事にしちゃってるけどさ、

昼前の新幹線なのに、東京駅で発車直前で僕の隣に乗ってきた30代前半~中盤と思えるリーマン。

そこそこの頻度で磨かれているであろう靴と、クールビズながら清潔感のある服装、しっかりまとめられた髪、手に持ったビジネスバッグ、どこをどう見たって「仕事してます系のリーマン」なわけである。

そんなリーマン、東京駅を発車するや否や、おもむろにビールを取り出しプシュッ!と。

僕の隣で飲み始めたわけである。イカソーメンを酒の肴にしながら。

しかも今回びっくりしたのが、小田原を過ぎた頃にやってきた車内販売でさらにビールを追加して買ってガブガブ飲んでいたこと。

ヒェッって思った。

これがまぁよくいる。

新幹線で昼間からビール飲んでる気になり始めて周囲に注意を向けるようになったせいか、なんだか面白くなって乗客を観察するという変なクセがついてしまったw

さすがに正午前っていうのは初めてだったと思うが、午後の4時くらいの新幹線にでもなると結構あちらこちらで缶ビールを開封している。

プシュッっていう缶を開ける音も聞こえる。

下手すると上司と部下らしき2人組がまだ外も明るいうちに小宴会とかしてる。

角ハイボール缶だったりチューハイ缶開けている人は比較的少数派。

新大阪着いたらそのまま「部長ー!もう一杯いきますかー!」くらいのノリでウメチカの立ち飲み屋に直行しそうな勢いで小宴会してる。

あの人たちって何の仕事をしてるんだぜ・・・?w

①アル中だからビールを我慢できない
②普段からソフドリ感覚でビール飲んでいる人たちだから抵抗が全くない
③これから仕事だけど、大事なプレゼンが控えているため、テンションを上げるためにアルコールを摂取している
④実はもう仕事終わっている
⑤実は今日は帰るだけの日
⑥実は仕事クビになったところ

④が濃厚ですかね・・・。僕も仕事終わった後の新幹線だったらビール飲んでるしなぁ・・・。

あ・・・、

今気づいたんだけど、前に似たような記事を書いてたよ!ネタかぶっちゃったね!!

結局結論が出ないままっていうことよ。



僕の最近のマイブームは、

乗った車両の車番を記録することです(気持ち悪)。
17083000.jpg

700系3000番台のトップナンバーなんてテンション上がるよそりゃ。
17083001.jpg

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

訪問者カウンター

統計開始日:2006年11月7日
現在の閲覧者数:
プロフィール

4様ゲッター ◆4sama4.AtQ6J

Author:4様ゲッター ◆4sama4.AtQ6J
細々と大学生活板コテハン(既卒)
【性別】
男の子
【職業】
社畜
【出身地・居住地】
東京都
【趣味】
鉄道,野球観戦,アニメ,ゲーム,漫画,2ch等
【特技】
人を怒らせること,キモがらせること,嫌われること
【好きな声優(表)】
後藤邑子,新谷良子,緑川光
【好きな声優(裏)】
北都南,まきいづみ,あじ秋刀魚
【好きな絵師】
樋上いたる,ほんたにかなえ,七尾奈留,カントク,杉菜水姫,狗神煌
【好きなライター】
麻枝准,奈須きのこ,すかぢ,王雀孫
【好きな歌手】
BUMP OF CHICKEN,倉木麻衣,Mr.Childlen,Lia,Rita,霜月はるか

・複合型のヲタ
・キモブサ
・空気読まない
・千葉ロッテマリーンズファン
メガネ巨乳撲滅委員会会員
ラジオ専用掲示板
・古河渚は俺の嫁
俺の嫁

洋ゲーやってます。
フレンド申請もお待ちしております。

相互リンク随時募集中!
コメ欄なりメールなりに一言書いてもらえれば、翌日にはリンクに追加されるかと思います。たぶん。

・意見、感想、誹謗、中傷、ラブレターなどはメールでどうぞ
4samagetter@gmail.com

リンクフリーです。
↓誰も使わないであろうバナーもあります。


画像などのうp物も使いたいものは勝手に使ってくださって結構です。加工・転載なども含めてご自由にどうぞ。
ただし商用利用は全て禁止です。見つけた場合然るべき措置を取りますのでご注意ください。

↓ヒマなら読むといいよ
 ・鉄っちゃんたちに100の質問
 ・ヲタどもに100の質問
 ・2周年記念自己紹介バトン
 ・本棚あります
 ・パンチラ画像はコチラ

↓無駄に力を入れた妄想小説
空色の王国①
空色の王国②
空色の王国③
空色の王国④
空色の王国⑤(18禁)
空色の王国⑥

ランキングに投票
人気ブログランキングへ
ブログ内検索専用
カレンダー

05 ≪ 2018/06 ≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
応援中!
【サクラノ詩】応援中!
amazon
ケータイ厨専用
QR
ブロとも申請フォーム

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ