ノートパソコンはもういらいのではないか。ちょっと昔の言葉でいうなら“オワコン”ってやつ

昨日と一昨日はスキューバダイビングをやるため、一日中ボートで海に出ていたから書くことほとんどないw
14042800.jpg


最終日の今日は街歩きの後、ビーチで寝そべりのんびりバカンス。

滞在記の続きはまた帰国後に書きます^^

ほらだって、画像の編集とかノーパソだとやりにくいしw

こうなるといよいよノートパソコンいらないかなぁとも思っている。

だって今まで旅行中にノートパソコンでやっていたことのほとんどはスマホでできちゃうんだもの。

いくら軽量のノートパソコンとは言え、それでも背負っていくと結構な重さだし、10年前のWindows XPだから性能的な限界も見えてきた。

起動と終了の手間もあり、何かを手軽に調べるのなら絶対にスマホの方が早い。

行きたい目的地をスマホ版グーグルマップに打ち込めば、その場所までの道案内だってしてくれるのだ。

グーグルマップとグーグル翻訳が便利すぎてどこにでも行けるわwww

スマホをあれだけdisっていた自分なのに、いざ使い始めたらその便利さゆえに手放せなくなりつつあるw

でも画像系には問題があるんだよね。

スマホで撮った画像って、スマホで見ると結構よく撮れているなぁと思っても、パソコンとかに画像を取り込むと画質が全く良くなくて萎える。

これだけハッキリと差があると、やっぱりまだデジカメで撮った画像を取り込んで載せたいなぁというこだわりを持ってしまうのも当然であるのだが

かといって数日程度の滞在なら画像なんて帰国後に載せればよく、こうしてただ文字だけでブログを更新するだけならば、それこそスマホで十分なのである。

事実、ノートパソコンを起動する回数はここ最近激減しており、自宅にいるときに起動することは皆無。

旅行中でさえノートパソコンを起動しない日があったりする。

次世代機を買うかどうか、非常に迷うところ。



タイ滞在もあっという間におしまい。

明日は朝から飛行機に乗って、21時過ぎには日本に到着する予定です。

そして明後日は通常通り9時出社です^^;

仕事溜まってそうで嫌だなぁ。

しかもまた2日仕事したら台湾行くし。

この休日感覚だけから見ると、僕がまるで休みっぱなしで働いていないかのように思われてしまいそうという不思議。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon
スポンサーサイト

南の島、微笑みの国 その1

ゴールデンウイークを海外で過ごす、という贅沢を今年もやってのけます。

だって、まとまって休日が取れる貴重な機会ですもの。

飛行機の予約は1月からしていました^^

飛び石連休を連続させるため、休暇の申請もその頃からしていたという計画的な犯行www

タイがすっかり気に入って、バンコクは去年にも行ったけれども、

プーケットに来るのは1年7ヶ月ぶり2回め。

どうせクソ暑いところに行くんですもの。

バカンスしなきゃねーよ

羽田から出発、バンコクで乗り継ぎ、プーケットまで。

バンコク~プーケットの区間もジャンボ(ボーイング747-400)という喜び。
14042600.jpg

個人的にはこの数時間後に飛ぶエアバスA300-600にも興味があったが、今回はスケジュールを優先してしまった。

AB6なんてオンボロ、乗れる機会は今後もないかもしれないから惜しいんだけど・・・ジャンボだって十分に好きですししかたない。

プーケット空港からは公共機関が乏しく、基本的にはプーケットタウンに行くバスのみ。

滞在先はカタ・カロン地区という、プーケットの中でもかなり南の方なので、タクシーを使うと結構かかるのだ。

以前行ったときは二人だったから良かったものの、お一人様となるとそんな贅沢はしていられない。

つーことで到着ロビーのミニバスのキャッチにとりあえず捕まり、200バーツ払って乗り込んだら、いわゆるオタ席に座らされるw

かぶりつき楽しいです^^
14042601.jpg


街に着いたころにはちょうど昼食時で、

ホテルのチェックイン時刻までも1時間ほどあったので、とりあえず腹ごしらえ。

この日の気温は33℃。

デカい荷物抱えながら店を探す気にもならなかったので、近場の店に入り、カオ・パット・サパロット(パイナップルチャーハン)を注文。
14042602.jpg

ランチで120バーツ(400円弱)は安くはないが、観光地価格を考えればまぁ許容範囲か。

少なくとも日本で食べるタイ料理よりもコスパはよいw

パイナップルが一緒に炒めてあるが、決して甘ったるくはないんです。

タイ料理を注文するとよく添えられるナンプラーベースの辛いタレをからめながら食べるとうまいよ。

ちなみに隣のテーブルでは白人カップル(夫婦?)が250バーツするスパゲッティを食っていた。

お前のスパゲッティで俺のパイナップルチャーハンが2個食えるんだぞ、というアピールを目で送りながら楽しむ現地最初のお食事はなかなかの至高。



話が少々戻るが、羽田からバンコクまでの所要時間は約6時間。

離陸して、相変わらず冷蔵庫でカチカチにされたおにぎりを食わされ、やっと眠れると思ったら寝たらまた2時間ほどで朝食の時間で・・・

とにかく羽田深夜便でタイに来ると初日は寝不足!!!w

なのでホテルにチェックインしたら即座に素っ裸になり、プールにざぶんしたあとフレッシュジュースを飲んで、デッキチェアでお昼寝タイム。
14042603.jpg

えぇ、2時間寝ましたよ2時間。

誰にも邪魔されない贅沢なひとときを過ごすともう夕刻。

部屋に戻って一発ヌいて、シャワーを浴びてから、街へ繰り出す。
14042604.jpg

とりあえずはメシ!

プーパッポンカリー(カニのカレー炒め)を食べました。蒸しご飯にからめて食べる系。
14042606.jpg

カタビーチの周辺は観光客向けになっているので、タイらしいアジアンな雰囲気はあまりない。

しいて言えば、お店の前に祭壇があったりすることくらいでしょうかw
14042607.jpg

日本人は全然おらず、中国人・韓国人もそれほど多くないので、一応は異国情緒は存分に楽しめますw

街を出歩いている白人の大半はロシアン。

レストランの前に出されているメニューにもロシア語の表記がある。
14042607b.jpg

ロシア人にとってのプーケットは、日本人にとってのハワイのようなものなんだと。

国交も盛んで、直行便もモスクワ、サンクトペテルブルク、ノヴォシビルスクからそれぞれ飛んでいるほど。

確かに以前来たときも、ダイビングのボートがロシア人だらけだったけど、今回はそれ以上にロシア人の割合が増えているような気がした。

で、見かける日本語といえばこんなの。
14042605.jpg



でもね・・・

コンビニで酒とツマミを買って、ホテルに戻ってテレビを点けたら、



しゅごキャラ!やってるし・・・。
14042608.jpg

見た瞬間、これをしゅごキャラ!だと認識したあたくしはきっとヲタクってやつですね^^;

だってしかたない、これが放送されていた頃、僕はまだ廃人レベルのアニヲタでしたから!!(←自慢になっていない)

さらにしゅごキャラ!のあとにはハルヒが始まりました。どうやら日本アニメの専用チャンネルらしい。
14042609.jpg

ハルヒ2期です。長門かわいい。

ぜんぜん何言っているか全然わかんねーけど楽しい。

「みくるちゃん」はタイ版でも「みくるちゃん」呼ばれてることくらいは理解できた。

そのみくるちゃんは相変わらずフニャフニャした声で話し、後藤邑子さんもさぞかし鼻が高いであろう。

ハルヒはうるせぇ、その発言回数、少し長門に分けてやれ。

こうしてタイ到着初日の夜はアニメ観賞で終わったのだった。


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

どーでもいい話

ニャンニャン

ちょっと聞いてくれよ。

エレベーターってあるじゃないですか。

エレベーター。

あの上下に動くやつ。

昇降機。

でさ、

エレベーター乗ったら自分ひとりきりなんてときは、なんかしたくなるでしょう?

「うんこちんこまんこ」とか独り言呟いてみたり、

ブリブリっと屁をこいてみたり、

鏡に向かって可愛いポーズをとってみたり、

するでしょう?

「そんなことしねーよ」って人はカエレ。

んで、

日々積み重なるストレスを抱える現代社会人としても、発散が必要なわけですよ。

ただ、なかなかドバッと発散させる機会なんてないし、

ストレスを溜めるとちょっとしたことですぐイライラしてしまったり、体調が悪くなったりするのだ。

たとえ少しずつでも、日常生活の何気ない場面で発散させるのが理想。

だからさ、仕事でどこかのビルのエレベーターにでも乗れば、やっぱり上に書いたソレをやっちゃっうの。

たった数十秒の貴重な自由時間ですから!

あ、どんなオチか予想をしている人もいるかもしれないけど、

さすがの僕でも他の人が乗っているところでそんなことはやらないからね!

エレベーターが停止すれば誰かが乗ってくることだってわかるんだから、うんこちんこまんこ言ってたら人乗ってきたwwwwなんてドジはしません!

そんなのはただの危ない人。



でもね、違うドジはした。

鏡に向かってニャンニャン!って言いながら、頭に両手をのせてクイックイとニャンニャンのポーズをとっていたら、

その上に防犯カメラがついていた。

不覚だった。

普段そんなエレベーターに監視カメラなんてついているような小綺麗で近代的なビルに行くことが少ないためか、

ついついいつものクセで奇行に走ってしまった。

おれ恥ずかしい。

恥ずかしくて発狂しそうだった。

思わずそのあとトイレに駆け込んで顔洗った。


あれってさ、常にエレベーターの中を監視しているわけではないよね?

昔コンビニとか飲食店とかのバイトをしていたときも、監視カメラの映像見ることなんてほとんどなかった。

カラオケ屋のバイトのときは、深夜のヒマな時間帯に部屋でエロいことしている糞カップルがいないか探したりしたが、所詮はそのレベル。

何か事件とかあったとき、不審者探すために録画再生されることはあるかもしれないけど、

別に今年27歳になるキモヲタ男がエレベーターで鏡に向かってニャンニャンしている程度、恥ずかしい奴だと思われることはあっても、捕まるようなことは決してない(断定)。

ニャンニャンかわいいよニャンニャン。



まあ実際、僕がニャンニャンしているところを警備員のオッサンに見られたところでどーでもいいんですけどね。

でも知っている人が見ている可能性もゼロではないだろうから、気を付けるには越したことない。

次からはちゃんとカメラがあるかどうかを指差し確認してからやるようにします。

トマトジュースにウスターソースを入れて飲む国があるらしい

そこにスマホさえあれば、グーグルで世界を旅することができるこの時代であるが、

実際にその場所へ行ってみないとわかりえないものというのは意外と多い。

その場所の空気、現地の人々との関わり合い、あるいは食事などなど

思いもよらない場面で、自分が今まで持っている価値観がいかに一面的で、偏見的であるか気づくことがある。



(※構成の都合上、一部で差別的表現が含まれています)



先日のヨーロッパ出張中に初めて乗ったある航空会社でのお話。
14042200.jpg


ヨーロッパ系では減少傾向ではあるが、“ここ”は比較的短距離の路線でも、ドリンクと軽食のサービスがある。

機内食だとかドリンクだとかのサービスは毎回楽しみにしており、

JALに乗ればスカイタイムは必ず飲むとか、ANAの国内線ならコンソメスープがうまいだとか、外国系航空会社の機内食でわけのわからない“ナニコレ系の和食”をあえてチョイスしたりだとか、

機上における数少ない“娯楽”として大切な要素だろう。



僕が大のトマトジュース好きだということは、以前から散々申し上げているが、

機上においても同様に、無性に飲みたくなることがある。

イタリアに行き、トマト系の料理は何度口にしたかわからないが、

それでもなおトマトを求めてしまうのだから、この舌は相当なトマト中毒であるということだろう。

いかにも外国系の航空会社らしいガタイのよい高身長の男性CAがカートを引いて、自分の席の前で止まる。



CA「へい、そこのファッ●ンイエローモ●キー!お前は何飲むんだい?ママのおっぱいか?HAHAHA」
俺「うるせーよホワ●トピグ!ゴーホ●ム!メアリーの血のように赤いトマトジュースを頼む!」
(※会話はイメージです。)



ここまでは普通のやりとりだった。

間違いなく普通だった。

しかし戻ってきた単語は思いもよらないものだった。




「ソースは使うか?」



ホワッ?

ソースってなんやねん。あれか、おまえ2ちゃんねらーか。いや違うか。

なに言ってんだこいつ、と思いながら僕がハテナマークを5個ぐらい浮かべて静止していると(←当初「精子している」と変換された)、おもむろにウスターソースの瓶を取り出してコレコレと指をさすアテンダント。

OH~!Holy Shit!

ここの民族はこんなところにまで調味料で味をつけるってかっ!!

トマトジュースに入れていいのはせめて塩コショウとレモンまででしょう!?東洋人的に考えてっ!

まるでソースを入れることがいかにも当たり前のことのような仕草だったので、思わず次の瞬間にはイエスプリーズと言っていた僕にも多少の非があるだろう。



んで、

結論から言うが、おいしくなかった。

つーか辛い。

あれはいくらなんでもソース入れすぎだろうwwあんなにドバドバ入れちゃってまぁ・・・。

トマトジュースそのものに酸味と塩気があるのに、さらにソースで酸味と塩気と香辛料が追加されるのだから、一気飲みでもしようものならむせてしまいそうなほどだった。

結局余計に喉が渇き、コカコーラを追加でもらった。

あの嫌がらせ級ともいえる量のソースを投入したことに対する密かな仕返しとして、「ヴァージンコーラをくれ」ぐらい言ってやりたかったが、もちろんそんなことは言えません^q^

きっとあのときおいしくなかったのは、ソースを入れすぎていたせいだ。

そしていつも飲み慣れているトマトジュースと、使い慣れているウスターソースでなかったからだ!

と思って、帰国後お家でもそれを試すあたくし。

相変わらずあたしってば好奇心旺盛☆彡

準備するのはお気に入りのデルモンテのトマトジュース(無塩)と、東日本の人間にはおなじみのブルドックウスターソース。
14042201.jpg

ウスターソースもこのくらいの残量まで使ってしまうと濃くなってしまい、隠し味に入れるくらいでしか使えないのである意味ちょうどいい機会。

混ぜる。色が変わるわけでもないが、少し入れるだけでも香りがスパイシーに。
14042202.jpg

そして飲んだ。



が、



やっぱり美味しくない/(^o^)\



さすがに無塩のトマトジュースのままでは味が中途半端になりそうだったので、塩を少しだけ入れて味つけを調整しつつ、ウスターソースも少なめにし、自分好みになるようなアレンジはした。

だから飛行機の中で飲んだものに比べるとまだ“マシ”には仕上がっていたのは事実。

けどなんていうんだろう。

ジュースっていうより、スパゲッティとかピザとかのソースを飲んでる感じが否めないw

そういえば、ブラッディメアリー(トマトジュースとウォッカのカクテル)にちょっとそういう調味料で味付けする場合があるから、組み合わせだけで言えば特別おかしいことではないのかもとも思うが、

フツーに無塩のトマトジュースをそのまま飲む方がうまいよ!!絶対に!!

このウスターソース入ったトマトジュースは、異文化交流の意味でも飲んでみる価値があると思うので、興味のある人は試してみるとよいと思います。

より本物志向の方は本場のウスターソース“リー・ペリン”をどっかから手に入れてドバドバ投入してみるとよろし。

きっとその圧倒的なパンチ力を持ったトマトジュースにショックを受けること間違いなし!

外国って面白いよね!!


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

趣味関連

すごく・・・大きいです・・・

まもなくゴールデンウィーク突入。

僕もこの大型連休は海外で過ごす予定でして、

今週の後半にはタイのプーケットまで飛びます。

目的はもちろん一人バカンス!!

久しぶりにダイビングしてきます^^



それに先立ち、というわけではないのだが、ダイビング用の軽器材を全部揃えた。

軽器材でもいいものを買おうとすれば結構な額がかかるし、Cカードを取ってからも全器材レンタルで済ませていたのだが、

レンタル料金に対する不満というよりも、自分に合う器材がなかなか借りられないという不満が大きかった。

特にマスク(←スキューバ用のゴーグル)。

僕は視力がよくないし、スキューバにコンタクトで行くのも推奨されないから、度入りのやつが欲しいのだが、

度入りマスクはレンタルでは扱っていないことが多く、あったとしてもマスクとしての品質がいいかどうかも別問題。

安くないお金を払って潜って、自分の視力悪さが原因で楽しめきれないのはやっぱり本末転倒で、それ以外の器材でも、「これはちょっと・・・」と思うようなものもあり、

こういう部分ケチるのもどうかと思ったのである。

去年グアムで潜ったときに借りた器材はボロいのばかりで、マスクは傷だらけ、シュノーケルは破れかけ、フィンはボロくはないがプラスチック製で泳ぎにくかった。
(そもそも僕のダイバーとしての技術がまだまだ未熟という部分が大きい)

幸い、金銭的にも一人で遊ぶにはそこそこの余裕はできてきたし、当初の予定よりも早く、軽器材一式を全て揃えてしまったというわけ。



で、

まず「自分にふさわしい器材」としてショップで選んでいたものの一つ、フィン。

フルフットタイプのゴム製フィン。

持っているスーツケースよりデカかったです^^;
14042001.jpg


ギチギチに近い状態だがなんとかなりそう。これくらいなら大丈夫でしょう。たぶん。
14042000.jpg


軽器材入れただけでスーツケースのスペースの半分を占有してしまう感じだが、

寒いところ行くわけではなく、かさばる荷物は他に何もないから問題ないはず。

いざとなったらもうひとつ荷物別に作って飛行機に預けちゃえばいいや。

そんなときでも役に立つスターアライアンスゴールドのステータス。

受託手荷物+1個が嬉しいと感じる今日このごろ。



中でもマスクが一番高かったね!

もちろん買う前に相場は調べてあったので覚悟はできていたけど、

交換レンズが高いから、マスク一つで3万円強の出費ww

フィン、シュノーケル、ブーツ、メッシュバッグ全部合計で5万円以上w

ワロタwwwww

ワロタ・・・。

そんなにしょっちゅう買い換えるようなものでもないし、すぐに使えなくなるような安物よりも、多少高くても長く使えるものの方がいいと思ったんだよ。

国内に点在するとされる器材購入をゴリ押ししてくるようなボッタクリダイビングショップなんかで買うよりも賢い選択だろうし。

うん、僕はきっと間違えていない!

きっと、たぶん・・・間違えていない・・・よね・・・?

趣味というのはどれも共通してカネがかかるものです。

カネのかからない趣味なんて“人間観察”とかそういう変態系くらい。


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

どーでもいい話

同世代の人間に先を越されていくwwwなんなのこの感じww

帰国したら自分宛のものとしては似つかわしくない小綺麗な封筒が届いていた。

開けてみると友人からの結婚式の招待状だった。
14041801.jpg


確かにだいぶ前から結婚するという話は耳にしていたし、

実際に入籍したというのも去年の暮頃に聞いていたのだが、

あー・・・これなー・・・。

類は友を呼ぶ。

お世辞にも多いとは言えない僕の周り友人・知人は、一クセも二クセもあるような人間の集まりなのであるが、

その中からまた一人、人生の墓場違う世界へと旅立つ不届き者がいるとっ!w

別に結婚したいとか思わないけど、全員そっちの世界に旅立ってしまったらさすがに取り残されたようで凹みそうだよぅ・・・ふぇぇ。





僕が不思議に思うこと。



(オゲレツ極まりないお話になるので夢を壊したくない人はスルーしてください。)



結婚するって人にはとりあえずお祝いをするじゃないですか。

こうやって招待状が来て、披露宴とかに出席すればやっぱり3万円とか包むわけじゃないですか。

でも、それをもらう人って別に得をしているわけじゃなく、

実際には式場を手配するだけでウン百万円という支出が出ているわけじゃないですか。

ちゃちなタオルセットをもらったって同様に、

「とりあえず無難に今治のタオル」とか考えてどいつもこいつもタオルばかりあげたところで、5年後とか10年後にフリーマケットに出されるのがオチじゃないですか。

で、

当然僕は結婚式へ行く度に3万の出費になって、

東京から本州のどこかまで1往復できるぐらいの費用が吹っ飛ぶわけじゃないですか。

行けば、

「ああっ!おめでとう!!」

「ああっ!いいお嫁さんもらったね!!」

とか言うわけじゃないですか。

とりあえずは。

でも実際、お祝いとして3万円を“お布施”するものの、その場へ行って何か大きなものを得るわけでもなく、

ちょっと高額な飲み会って感じじゃないですか。

“3万”出しても“3マン”できるわけじゃないじゃないですか。

僕が結婚できなければ(←たぶんできない)その出した3万円は永遠に回収することもできないし、

もし万が一結婚できたとして、自分が祝い金をもらう立場になっても、結婚費用の方が巨額という現実があるわけじゃないですか。

お金っていくらあればいいの・・・。

ぼくたちが出したおかねはどこへ流れるんだよぉ・・・。

一番儲かっているのは誰かなんて考えちゃダメっ!

うわぁ、こんなこと書いちゃう人最悪ですっ。



いやいや、

結婚式に出るっていうのはね、損得ではないんだよ。

(三次元世界で)結婚したことないから詳しくはわからないけど。

幸せな新郎新婦たちにとって記憶に残る、素晴らしい式を作るお手伝いができると思えば、安い買い物だよね。

僕はその一生の思い出の片隅にでも残れればそれで満足!



誰かが幸せになると、自分もちょっぴり幸せになるよね
君が幸せになると、私も幸せ
私も幸せになると君も幸せ
ずーっと、ずーっとくりかえして
ほら、幸せスパイラル
by 神北小毬



↑うまくまとめたつもり




人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

続・ある種の日帰り観光@ミラノ

ミラノ後編です。

モスコーヴァで一人ランチ(笑)をしたあと、再び地下鉄に乗り込み、

ミラノの中心、ドゥオーモ広場へ!

この構図、ガイドブックで見たことがあるっ!!すごいっ!!
14041500.jpg

真下から。ゴシック建築だね!高校の時習ったやつw
14041501.jpg

おはょぅι゙ょー!(※もう午後です。)
14041502.jpg

ほとんどアジアしか行かない自分にとって、こうした街並みがあるだけで感動もの。

周囲をウロつきながら写真を撮って周り、

このままドゥオーモの中へ入ってみることに。

中で写真を撮るには2ユーロのお支払い(名目上は寄付)が必要。
14041503.jpg

14041504.jpg

14041506.jpg

ところどころが工事中で、工事用重機がど真ん中に置いてあったりすることだけ萎えポイント。
14041505.jpg


この上にも登れるらしいので、

とりあえずバカトケムリの法則のまま、人が一人通れるくらいの階段をひたすらのぼる。
14041507.jpg

段数を数えてブログのネタにしようと思ったんですが忘れました(テヘペロ)。

200段くらいあったんじゃないかな、たぶん、きっと、そうに違いない。

上まできてもやっぱり工事中。
14041508.jpg

落ちたら死ぬべこれ・・・。ステ~ンゴロゴロ・・・ドカッグチャッ。
14041509.jpg

頂上から広場を望む。人多いなぁww
14041510.jpg

こっちもやっぱり人が多い。
14041511.jpg

プレハブと石。
14041512.jpg



結論:下から見てるだけの方が感動できる



余談:夜はこんな感じにライトアップされます。
14041519.jpg



周辺の繁華街でちょっとおやつタイムをして、
14041513.jpg

トラムに乗り込みます。
14041514.jpg

もう日が長いのでまだ日中のように思えるが、

この時点でもう17時を回る頃合い。

時差ボケは全然しなかったけど、日中の感覚が日本のそれと全然違うので、そこにはどうしても違和感があるよね。

だいたい4月のこの時期で朝明るくなってくるのは7時前後、日が沈むのは20時前後。

これが夏場になるともっと日中の時間が長くなってくるわけだし、

さらに北ヨーロッパになれば白夜がある。

一度その時期にフィンランドとかノルウェーあたりに行ってみたい。



ナヴィリオ運河まできた。
14041515.jpg

こう、おしりがキュッと締まったミラネーゼがですね・・・デュフフw
14041517.jpg

14041516.jpg

14041518.jpg



おしまい。



日中にお出かけする時間があったのはこの1日だけと言えども、

この“タダ旅行”のうまみはなかなかのものだった。

街歩きしているだけでこんなにも楽しい。

仕事の辛さはこの一日のご褒美だけで帳消しになったよ!w

ヨーロッパ、次回は遊びで行きたいです。

それと鉄道の旅をしたいw

お金貯めなきゃ。

時間作らなきゃ。

お仕事頑張らなきゃ・・・(´・ω・`)


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

ある種の日帰り観光@ミラノ

1週間にわたる出張期間中、

1日だけフリーダムな日があったので遊んでいました。

お恥ずかしい話、個人で観光としてヨーロッパへの渡航した経験は1度しかないし、

異国の街をフラフラ歩きまわれるまたとない機会ということで、結構楽しみにしていたw

朝の9時頃ホテルを出発。

ミラノ地下鉄(メトロポリターナ)に乗って市内中心部へ。

イタリアの朝ラッシュもなかなかのものでしょう?ぼくもびっくりしました。
14041300.jpg

ノルド駅にて。
14041301.jpg

他のヨーロッパ都市同様、公共交通機関内はスリやジプシーが多いので、そこそこの注意をしながら乗る必要がある。

パスポートも普段はコピーしか持ち歩かないし、取られて困るようなものはほとんどないのだが、

これでも人並み以上には旅慣れていると自負している身ゆえ、こんなところで取られていたら情けなくて目も当てられないw

さてお外に出まして、
14041302.jpg

歩いてスコルツェスコ城へ。
14041303.jpg

14041304.jpg

14041305.jpg

14041306.jpg


これぞ「ヨーロッパ!」と呼べるこの造りが素晴らしい!

建物いいよぉ建物(*´Д`)ハァハァ

が、やはり観光地ゆえのジプシーの多さ。

ミサンガ手に巻いてこようとする黒人ってどこの国にもいるのなw

「コンニチワー。ナガトモー!」とか言いながら近寄ってくる近寄ってくるw

とりあえずナガトモ言っときゃ日本人釣れると思っていたら大間違いや!

世の中そんなに甘くないで!

こういうのは相手にしたら負け。

高崎山の“おさるをみつめない”標識を頭に思い浮かべながらそそくさと立ち去るのだった。

ジプシーに世の厳しさとお金を稼ぐことの大変さを教えること、それが日本人としての誇りであり使命なのであるっ(キリリィッ)



そのままセンピオーネ公園をお散歩しましょう。「おさんぽ」とひらがなで表記すると、「おちんぽ」に見えるよねっ!ふしぎっ!
14041307.jpg

平和の門。やっぱり東洋とは雰囲気が全然違う。
14041308.jpg

ランニングや犬の散歩しに来ているような人たちが多い。

日本でも海外でも公園に人が集まるのは一緒ですね。

気候も天気もいいから、好きな人にとっては気持ちいいだろうなぁ。

僕もただこうして歩いているだけでもワクワクが止まらないのだから。

できればもうちょっとゆっくり観光したいと思ったりもするわけだが、

ほとんど自分で払っているようなお金がない以上、贅沢など言っていられません。



センピオーネ公園から少々東へ足を伸ばし、モスコーヴァ界隈へ。
14041309.jpg

このあたりは雑貨屋さんがたくさんあります。

見ているだけで面白く、気がつけばもうお昼どき。

腹減った。

イタ飯屋さん行こう、イタ飯屋さん。

といっても、

ここはイタリア。

イタ飯屋さんと一言で言ってもたくさんある。

でも僕はいちいち調べもせず、なんとなくエイヤッと入る人間なので、いつも通りフラフラっというノリで地下鉄の出入口にほど近いトラットリアに入ったのだ。

イングリッシュのメニューをもらって、悩むこと90秒!

まさに定番「本日のランチ」的なメニューにしちゃいました。
14041310.jpg
14041311.jpg

ランチでもしっかりコース料理で出てくるというイタリア流。

第一の皿がペンネのアラビアータ、第二の皿がよくわからん野菜の炒めたようなものとハムエッグ。

食後にコーヒーとチョコレートがついて10ユーロだからまずまず安い。

円安の影響で今は1ユーロが140円超だから、それでも日本円にすると1500円くらいだけども、

マックでMealを頼んでも6ユーロくらいはするので、現地物価からすると“ちょいと贅沢なランチ”くらいであろう。

それに今回はほら、全部経費でゲフンゲフン・・・



ちなみにイタリアで食後に飲むコーヒーはエスプレッソなw

デザートなどが甘いので、甘いものには苦いコーヒーをお供で、ということなんでしょう。

日本でちょっとお茶するときに、あんみつと緑茶みたいな組み合わせするのと一緒だっ!w

あんみつに午後ティーじゃちょっと、ねえ?w



ここまでこんな感じで移動していました。全て徒歩、距離にすると約3.8kmくらい。
14041350.jpg


後半に続きます。


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

なんちゃって社会人

スマホを便利だと感じる時→①飛行機撮りに行くとき ②海外行くとき

イタリアに滞在中です。

気温はとっても温暖です。
14041200.jpg

緯度で言えば北海道と同等以上だけれど、強い偏西風が入り込むヨーロッパの都市ゆえ、東京よりも暖かいくらい。

で、高緯度だからこのくらいの時期になると昼間が長くなってくるから、過ごしやすいなぁと。

関係ないけどスマホは海外行くとその便利さを実感します。

上の天気予報の他、現地の情報収集のしやすさはピカイチ。

データローミングをオフにして、通話だけ現地Vodafoneに繋がるようにしている。

Wifi持ち歩いているから何かあったときにはすぐに調べられて安心。



遊びにきたわけではなく、あくまでも仕事!

ただ、1日だけ“休日”ができたので、当然その1日は観光していたのは言うまでもないw

画像処理をしている時間がないので、それはまた帰国後に記事にする予定です。

まぁこういうのも悪くないかな。

先週の一週間は通常業務+出張準備に追われて鬼のようにサビ残していたけど、

85%の苦痛でも、15%楽しみがあれば頑張れる。

何より往復の飛行機代は会社負担だし、ホテル・食事・交通機関も自分の懐から出すものはなし。

たった一日であっても、自由な時間をもらえればそのときだけは「旅行」モードになれるし、

そういった意味では趣味と実益を兼ね備えているといえるのかもしれないw

でも今度来るときは「遊び」がいいよぉ・・・。

なんちゃって社会人

ヨーロッパでも社畜

ヨーロッパへ出張中です。

いつも見ていきた風景と違うっ!w
14041000.jpg

ホビットを見ながらお食事。仕事前のつかの間の休息時間。
14041001.jpg

飛行時間は12時間以上ある。

ご飯食べて映画見て寝ても、まだ8時間くらい時間があったけど、飛行機好きの僕個人としてはそれほど苦痛ではないw

おまけにJALの「新間隔エコノミー」(←阿部寛がCM出ているやつ)が思っていた以上に快適だったので、あまり疲れることもなし。

やるじゃんJAL。


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

どーでもいい話

桜の木の下でイチャコラしている人たち

お花見シーズン到来。

前回も申し上げた通り、今年は海外出張が入り込んできたおかげでとてもお花見などしている時間がないという悲しい状態。

(「お花見しているヒマないのに、ブログ更新しているヒマはあるんだな」とかいう系統のツッコミ禁止)

ここ数日は天気が荒れることが多いし、朝晩は結構冷え込むこともあり、

仕事の行き帰りに桜並木の下を歩く気も起こらない。

出張から帰ってきた頃には、桜は全て散っていること確実だし、桜は来年までおあずけのようです。

まぁ実際、花見なんてそこまでしたいとは思ってはいないわけで、

もともと一人行動が好き(=一緒に行動してくれる人が極小)だから、

ワイワイガヤガヤと宴会するより、一人でプラプラ並木道を歩く方が気ままで楽しいのだ。

で、さらに言えば桜と電車のコラボが撮りたいだけなんですけどね!

過去の記事をみると、この時期は本当にあちこち行っているなぁとw

特にここ3年くらい、よほどの暇人なのか、ほぼ毎週のようにどこか微妙に遠い場所へ出かけている僕^q^



人の趣味をどうこう言えたもんじゃないが、世間ではお花見というのをやたらとやりたがるという印象。

この前22時過ぎに近所の川沿いの道を通っていたら、そんな夜中でも「お花見」という名の屋外飲み会をしている輩がいるわけですよ。

夜でも早い時間帯ならば提灯が点灯して雰囲気が出るのだが、

22時過ぎではそれらは全て消灯しているので、「花」を見て楽しむという行為はできないw

目が慣れたとしても、人も目では限界がある。

だからそれ、ただの暗がりの中の飲み会ちゃうんかと。

そもそもさぁ、

ポカポカの陽気の中、青空と薄ピンクの花でも眺めながら、ビールをクイッっとやるのがお花見の醍醐味なんじゃないですかね?

それくらいポカポカ陽気だと、ちょっと無防備になった女子がパンチラとか胸チラとか晒しちゃって、チンコまでクイッとできちゃうかもしれないし、

走り回るょぅι゙ょでも眺めていれば、「ちっちゃい子っていいなぁ~っ!」と自然と笑顔が溢れるというもの(決して性的な意味はない。決して)。

ふひひw

なのに、提灯の明かりが消灯された暗がり並木道の下で、ビュンビュンと北風が吹き抜ける中、毛布にくるまって飲む酒が果たしてどれだけうまいんかと。

常人からすると到底理解が及ばないことをする人間もいるものだなぁ。

少し通りかかっただけだけれども、コートと毛布にくるまって、ボソボソと話し声が聞こえる程度の盛り上がり(盛り下がり?)よう・・・。

しかもなんか中年くらいの男女なんだよね・・・。

萎えるわー。



中年の男女カップル(?)がイチャコラしているのを見ると、「こいつらいい年して何やってるんだろう?」とか思っちゃう僕はきっと器の小さい人間。

かといって若い男女カップルがイチャコラしているのを見れば、「こいつらまじしねしねしねしねしね」とか思っちゃうんだからやっぱり器の小さい人間。

理想としては若い女の子同士(2名以上可)がイチャコラしていること。



女の子×女の子×桜

素敵♪



男の子×男の子×桜

美しくない。これが美しいと感じる人は┌(┌ ^o^)┐ホモォ。



どうでもいいけど、「おとこのこ」と入力すると「男の娘」と変換されてしまう僕のパソコン(はるか)も飼い主に似てあまり美しくないです。

以前“さつきコンプレックス”を紹介したときにも言ったけれどもさ、

男の娘はね、正直アリだと思うんです!!

ホモじゃありません!!


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

なんちゃって社会人

( ^ω^)ヨ~ロロロロロロロ~♪

気がついたら暖かくなっていて、

気がついたらもう4月で、

気がついたら消費税とか上がっていて、

気がついたら新入社員が入ってきていて、

気がついたら桜も咲いていた。

ついこの前まで、まだまだしばらくはかかるだろうなぁという桜の木を眺めては、

「未熟でロリロリのツボミちゃんをペロペロリンコ~♪」

なんて言いながら、深夜の桜の木の下で、舌ベロ出して舐める真似をしていたのに(←本当です)、

いつの間にかその幼いツボミはオトナになり、肥大化して、瞬く間に花が開いた。



これがほんとのマン開



って。



・・・すみませんでした。

前にもこんなネタ言ったなぁ。

所詮は使い古し。



とにかく、

時間が経つのがあまりにも速い!!

どれくらい速いかって、4月1日のエロゲメーカーのエイプリルフールネタを全く見ることなくスルーしてしまうほどの早さ!

毎年楽しみにしているのに、今年はいろいろと忙しすぎてすっかり忘れていた。

4月1日というたった1日のために、ゲームイメージからサイトの構成まで全面的に変えてしまうほどに力を注ぐのだから、エロゲメーカーの真骨頂ともいえるイベントでしょう?

そんなに大きくないメーカーでも超大規模なネタHPが上がったりしているのだから、あれは一体誰が作っているのかという永遠の疑問。

凝ったものを作って、それが注目されれば、メーカーの宣伝にはつながるかもしれないが、基本的にはコスパ度外視系のイベントだし、

その年に一度のお祭りとも言えるイベントを完璧スルーしちゃったことにひどく後悔。



それほどまでにあっという間に時間が流れてしまった理由はただひとつ、

来週からちょっと長めの海外出張が決まってしまったことだ。

今回はキング・オブ・社畜と呼べるであろう仕事=「商談」なども複数予定されており、

大量にある準備をしつつも通常業務もこなさねばならないため、先週頃から連日残業4時間+休日出勤ですふへへ。

来週は実質的に15連勤を超えます。ドヤァッ!

過労死とはなにか?という勉強になるかもしれない。

労基は何をやってるんだ、と小一時間問い詰めたい。

おかげで誰もいなくなったオフィスで発狂しています。

昨日「ヨ~ロロロロロロロ~♪」と素っ頓狂な声を上げてたのは僕です。

ごめんなさい。

トイレで壁ドンしているのも僕です。

ごめんなさい。

この前警備員さんに見つかりそうになりました。

ごめんなさい。

( ^ω^)ヨ~ロロロロロロロ~♪



もともといい意味でも悪い意味でも“鈍感”な僕にはこんなもの比較的無縁なものだったはずなのだが、

ストレスっつーのは思っている以上に溜まっていくものだなw

自分がしている仕事に直結するものよりも、間接的なことから感じるストレスの方が大きい。

これだけ忙しいのに、自分より遅く出勤して定時に帰っていく人を見たりだとか、

休んでいるとき、遊んでいるときに、食事しているときなどなど、本来であれば自分の時間であるはずの行為中にふと仕事のことが頭によぎってしまったりだとか。

精神的にリズムが崩される感じで精神削られます^^

この仕事から帰ったすぐあとに、2回の個人的な海外旅行が控えていることだけが唯一の救い。

それがあるから頑張れるんやで。

見てください。これが飴と鞭ってやつです。

こうして飼いならされていくんです。




今週末には出発するので、今年はお花見ができそうにない。

毎年恒例だった「桜と電車シリーズ」もお休みします。

( ^ω^)ヨ~ロロロロロロロ~♪


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

訪問者カウンター

統計開始日:2006年11月7日
現在の閲覧者数:
プロフィール

4様ゲッター ◆4sama4.AtQ6J

Author:4様ゲッター ◆4sama4.AtQ6J
細々と大学生活板コテハン(既卒)
【性別】
男の子
【職業】
社畜
【出身地・居住地】
東京都
【趣味】
鉄道,野球観戦,アニメ,ゲーム,漫画,2ch等
【特技】
人を怒らせること,キモがらせること,嫌われること
【好きな声優(表)】
後藤邑子,新谷良子,緑川光
【好きな声優(裏)】
北都南,まきいづみ,あじ秋刀魚
【好きな絵師】
樋上いたる,ほんたにかなえ,七尾奈留,カントク,杉菜水姫,狗神煌
【好きなライター】
麻枝准,奈須きのこ,すかぢ,王雀孫
【好きな歌手】
BUMP OF CHICKEN,倉木麻衣,Mr.Childlen,Lia,Rita,霜月はるか

・複合型のヲタ
・キモブサ
・空気読まない
・千葉ロッテマリーンズファン
メガネ巨乳撲滅委員会会員
ラジオ専用掲示板
・古河渚は俺の嫁
俺の嫁

洋ゲーやってます。
フレンド申請もお待ちしております。

相互リンク随時募集中!
コメ欄なりメールなりに一言書いてもらえれば、翌日にはリンクに追加されるかと思います。たぶん。

・意見、感想、誹謗、中傷、ラブレターなどはメールでどうぞ
4samagetter@gmail.com

リンクフリーです。
↓誰も使わないであろうバナーもあります。


画像などのうp物も使いたいものは勝手に使ってくださって結構です。加工・転載なども含めてご自由にどうぞ。
ただし商用利用は全て禁止です。見つけた場合然るべき措置を取りますのでご注意ください。

↓ヒマなら読むといいよ
 ・鉄っちゃんたちに100の質問
 ・ヲタどもに100の質問
 ・2周年記念自己紹介バトン
 ・本棚あります
 ・パンチラ画像はコチラ

↓無駄に力を入れた妄想小説
空色の王国①
空色の王国②
空色の王国③
空色の王国④
空色の王国⑤(18禁)
空色の王国⑥

ランキングに投票
人気ブログランキングへ
ブログ内検索専用
カレンダー

03 ≪ 2014/04 ≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
応援中!
【サクラノ詩】応援中!
amazon
ケータイ厨専用
QR
ブロとも申請フォーム

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ