ヲタク総合・ゲーム

クソみたいなことがあった日には、二次元の可愛い女の子たちに癒してもらうのが一番

前回同様にヲタクの話。

今回は自分語りしちゃいま~す♪


仕事でムカつくことがあっても、立場上こちらはキレることなんてできず、その場では込み上げてくる怒りを飲み込むことができる程にはオトナ。

それでもやっぱりストレスを貯めこむのはよくないことだと思っているし、

今は我慢できていても、そのうち爆発する日がきてしまうかもしれない。

爆発はせずとも、精神を病んでしまうかもしれない。

だからストレスというのはなるべく早いうちに、なるべくそれが肥大化しないうちに、日常の中で少しずつ発散するのが望ましいんだろう。

休日にまとめて発散、といっても限界があるし、ほんまに忙しいときなんて、休日返上で仕事をしなくてはならないこともあるから、

平日でもストレスを解消する方法があるに越したことはない。

さて僕のストレス解消法平日編を紹介します♪



「エロゲ」



ええ、これしかないですよ実際。

この前もクソみたいなことがあったので、

ムシャクシャして帰りに秋葉原に寄ってエロゲ2本買ってきたったwwwww
14053000.jpg


行こうと思えば仕事帰りでも簡単に行けてしまえる位置にアキバがあることがありがたい。

つーか今の会社選んだ要因の3割くらいは立地だし。なにこのバイト感覚・・・社会ナメとるんかって言われても文句言えねー・・・。

けど、実際アキバに行く頻度は激減しており、

休日はだいたい電車やら飛行機撮りに行っちゃうので、アキバをフラフラすることが少なくなってしまった。

以前、社会人になってからアニメを全然観なくなったという話をした。

繰り返しになるが、簡単に言ってしまえば、

あまりにも“規則正しい生活"をしているため深夜に起きていることがなくなる

録画で観ようとしても、自由時間が少ないので観ていないアニメが溜まっていく

CMなども目にしないゆえに、入ってくる情報量が減る

次第にアニメへの興味を失う

というサイクルによるもの。

エロゲの場合はまだ自分のペースで好きなときにプレイできることができるため、

そのおかげもあって“二次元ヲタ”自体は卒業せずに済んでいる。

ここ2年くらいはだいたい月に1本ペースで消化中。

積みゲーもいい具合に減ってきたので、定期的に新作の“仕入れ”をしなければならず、そのためにも定期的にアキバに通うことが必要になるのだ。

基本的にエロゲってアキバで買うじゃん?

つか、そんなアレ売ってる店ってないし。

中古の旧作ゲーも一緒に買うことが多いから、ある程度の品揃えもないとダメ。

池袋のゲ○マーズのように申し訳程度にあるような「とりあえず置いとけ」的空気のエロゲコーナーじゃダメ。



早速ひとつ飛ばし恋愛(リンク先18禁)からプレイを始めて、とりあえず一番どうでもよさそうな年上巨乳から攻略し、そのあと同級生のファッションレズ、そして今はパツキンという3人めのヒロインを弄んでいるなうww

そのパツキンがマジキチすぎて萌えさせる気あるのかというレベル。
14053001.jpg
Copyright © ASa Project All Rights Reserved.

14053002.jpg
Copyright © ASa Project All Rights Reserved.

が、結局このマジキチパツキンを一番気に入ってしまったという・・・。

エロゲのうるさいキャラって悪くないよね。

普段バカなことしているくせに、ちょっとしたところで恥じらう姿とかもうね・・・。あぁ、これが萌えなんだなって思えるよ。
14053003.jpg
Copyright © ASa Project All Rights Reserved.

全体的にシナリオは短いかな。

でもギャグ要素強めの方が好みなので、ふつーに楽しめてます^^

昔はひたすら大作を求めてプレイしていたけど、最近は長すぎるゲームは途中で投げそうになるから、ちょっと短めくらいの方がちょうどいい。

最近は特にムダな展開を大量に入れ、文章量ばかりを増やして大作に見せかけようとするゲームが多いように思うし、

中身の薄いシナリオを延々と続けるのであれば、多少短くてもメリハリあるゲームの方がたいてい楽しい。

アニメと違って、出勤前の15分でサッとプレイできちゃうのがエロゲのよいところね。だからやめられへん。

で、そのままサッと抜いちゃったりなんかしちゃってねwwwフヘヘwwヴェヘヘ・・・ww

朝からどぴゅどぴゅするの、きもちいいの。


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon


スポンサーサイト

ヲタク総合・ゲーム

そういう形でしか自己主張できないんだよ、人一倍不器用なんだよ、察してあげようじゃないか

僕の通勤時間はだいたい50分~60分くらい。

ごくごく普通の所要時間だろう。

職場の中には、家まで15分程度の人間もいれば、片道2時間もかけて通勤しているツワモノもいる。

2時間の通勤時間でも、1本の電車で座って行けるのであればそれほど苦痛ではないかもしれないけど、

1日24時間のうちの4時間が通勤時間というのはやっぱり大変そう。

前の職場は片道1時間20分くらいだったけど、下り電車で1本だったので楽といえば楽だった。
(余談だが、2ちゃんねるのリーマン板にある“おまいらの長距離通勤自慢してください"スレはなかなか面白い。)

逆に15分とかだと、ちょっと気になることがあるだけで深夜でも休日でもすぐ会社行っちゃったりしそうで嫌。

やっぱり適度な距離って大事よ。

恋人同士の距離があまりにも近すぎるとうまくいきづらいのと同様に(←そうなの?)、家と職場(学校)も近すぎてはだめなのだ。

だから通勤・通学時間の理想は30分~60分以内だろうとは思う。

どんなに疲れていようと、どんなに酒を飲んでいようと、とりあえず間違った方向に乗ったり寝過ごしたりしなければ家に辿り着ける電車に乗って、通勤・通学をする・・・いいですよねー。

“駅ぶるっ”という目的地が近づくとバイブで起こしてくれるアプリの恩恵を受け、スマホ化してからは寝過ごすことが激減。

この駅ぶるっの欠点としては、まず1つめはマナーモードになっていないと作動してくれないことであり、たまにマナーモードになっていないとぶるぶるしないから焦る。

2つめは全然ぶるぶるさせるつもりないときに、うっかり稼働させていたりすると、やたらと電池の消耗が激しくなる点。

旅行中などにこのアプリが生きているなんてことがあると・・・(↓実際の画像です)
14052700.jpg



あぁぁぁまた前置き長いよぉ~・・・


先日、お仕事から帰る途中の話。

20時~21時くらいの電車だったと思う。

ふつーの平日の夜の下り電車ゆえ、周囲にはリーマン、リーマン、OL、そしてリーマン。

そんな中にひときわ目立つ存在が・・・。

ちょっ・・・おまっ・・・

思わず声に出してツッコミそうになるその存在。

そう、

「痛カバン」をお持ちでした。

スーツ姿のリーマンたち(もうクールビズ期間なので、厳密に言うと“ワイシャツ姿のリーマンたち”)に囲まれ、超目立っていた。

見た目はそこまで悪くない大学生風の男子なのに、

持っているカバンはそりゃあも誰がどうみてもエロゲです。

エロゲ。EROGE。

二次元の可愛い女の子がいっぱい出てきて、時に笑いあり、涙あり、セックスありのゲーム、すなわちエロゲです。

僕ももう良識と常識をわきまえた社会人なので、本人が特定されぬよう、ゲームのタイトルまでは申し上げないでおくが、

2年前にプレイして割と号泣したよく知っているエロゲでした^^

ゲームのタイトルはもちろん、キャラの名前までしっかりわかっちゃう僕も大概といえば大概なのだが、

そのエロゲのキャラクターがびっしりとプリントされた独特すぎる色合いのカバンを堂々とお持ちの姿には、



(´^o^`)正直ヒいたwwwww



おかしいよなぁ。

昔はああいう「俺、オタク」アピールを平気でしていたはずなのに。

二次元の可愛い女の子が描かれた袋をぶら下げながら平気で歩いていたはずなのに。

しかしこの前「俺、オタク」アピールをしていた男子を見て、正直痛いと思ってしまった。

そう思えてしまうのは、僕も大人になったっていうことなのかな。

まぁ自分の部屋には相変わらず美少女フィギュアが飾ってあるし、

パソコンの壁紙はほぼ二次キャラだし、

エロゲも現役でプレイ中だし、

ベッドでは毎晩二次元の可愛い女の子とイチャラブしながら眠りにつくし、

根本的な部分は全く変わっていないんだけどね。

無理に表舞台に立つ必要もなければ、アンダーグラウンドの人たちをその表舞台に引きずり出す必要性も全くない。

そもそも常人の理解を得ようとすること自体が間違いであるということに気づいたんだよ・・・。

生きる世界の次元が違うんですもの、交わらない方が平和ってものです。

さらにいえば、ちょっと前よりも巨大化してしまった社会的地位とプライドが、自分の中でメラメラと燃えていたヲタク魂と社会への反抗心を沈静化させてしまったのだよ・・・(←いまだに中二の心は忘れていない)。



頑張れ世のオタク男子。

さすがにアレはちょっとヒいたけど応援する。

長い人生ですもの、そういう時期があってもいいと思いませんか?


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

趣味関連

京浜急行バス森32系統 “城南島循環” は本数が少なすぎると思わないか?

4月以降、飛行機を撮りに行けていない理由として、

ひとつは仕事と旅行wwで忙しくて丸一日休めるような日が乏しかったこと。

で、もうひとつはETCの休日割引が縮小されて、割引がほとんどなくなってしまったこと。

一人で成田に行くと、高速道路料金だけで3000円ぐらいかかってしまって、

ガソリン代とかも含めて考えると、なんとなく今までのペースでは行きづらいという悲しい懐事情。



でも撮りたい。

だから行く、羽田へw

国際線の昼間発着枠が拡大されてからもまだ行っていないし、

この時期の羽田だと城南島からB滑走路(RWY22)着陸機をまったりと撮影できる。

でも城南島は午後にならないと順光にならないので、午前中は東京モノレールを撮っていた。

東京モノレールも今年から新型車両が導入されるということで、いよいよ1000形の置き換えが始まってしまう。

“晩年”を表すように、モノレール開業時の塗装のもの、500形のもの、1000形登場時のオリジナル塗装の編成がヒストリートレインとして走っている。

開業時塗装と500形塗装は所詮は「ナンチャッテ復元」であり、僕が一番興味あるのは1000形オリジナル塗装編成。

ここずっとモノレールなんて撮っていないし、1000形全車両が現役のいまのうちに、オリジナル塗装の追っかけも兼ねてガッツリ撮ってしまおうと。

500形塗装。800形の側面も確かにこんな感じだったのを微かな記憶として覚えている。
14052500.jpg
1000形 ヒストリートレイン(500形塗装)

意外とあっさり捕獲。懐かしい。
14052501.jpg
1000形 ヒストリートレイン(オリジナル塗装)

通常塗装。
14052502.jpg
1000形
(天王洲アイル~大井競馬場前にて撮影)

14052503.jpg
1000形

14052504.jpg
2000形

14052505.jpg
1000形 ヒストリートレイン(オリジナル塗装)
(整備場~天空橋にて撮影)



その後城南島へ。

城南島海浜公園内は広いので、場所を変えながら撮影していました。

ほぼ真下から撮ってよし、やや遠めから撮ってもよし。

羽田の撮影ポイントとしては一番お気に入りの場所。

ボロB6。この子は25歳くらい。
14052506.jpg
日本航空/JAL
ボーイング767-300(JA8299)


外国系1
14052507.jpg
上海航空 FM815便(上海/虹橋発)
エアバスA330-300(B-6096)


外国系2
14052508.jpg
チャイナエアライン CI220便(台北/松山発)
エアバスA330-300(B-18306)


外国系3
14052509.jpg
中国国際航空 CA181便(北京発)
エアバスA330-200(B-6113)


外国系4
14052510.jpg
中国東方航空 MU537便(上海/虹橋発)
エアバスA321-200(B-6367)


シャークレット装備の新型タイプ。
14052511.jpg
スターフライヤー
エアバスA320-200(JA22MC)


うちなーの翼(笑)
14052512.jpg
日本トランスオーシャン航空
ボーイング737-400(JA8994)


無印-300って意外と撮る機会少なめだよな。
14052513.jpg
全日本空輸/ANA
ボーイング777-300(JA752A)


JALからはワンワで。上の子とレジ番が末尾のアルファベット1つ違うだけ。
14052514.jpg
日本航空/JAL
ボーイング777-300(JA752J)


もう別に珍しくないけど、翼を大きく上に反らして飛行する姿は遠目からもかっこいい。
14052515.jpg
全日本空輸/ANA
ボーイング787-8(JA818A)


外国系5、ジャンボー♪カッコよすぐる。
14052516.jpg
キャセイパシフィック航空 CX548便(香港発)
ボーイング747-400(B-HKT)


外国系6(New!)。ていうかちっさ。
14052517.jpg
フィリピン航空 PR422便(マニラ発)
エアバスA320-200(RP-C8618)


ソラシドも-800ばかりになってしまったね。
14052518.jpg
スカイネットアジア航空/ソラシドエア
ボーイング737-800(JA807X)


スターアライアンス。
14052519.jpg
全日本空輸/ANA
ボーイング777-200(JA711A)


14052520.jpg
海上保安庁
ボンバルディアDHC-Q-300(JA725A)


のどかな午後。意外と一般の人たちも飛んでくる飛行機に注目しているということがわかる。
14052526.jpg

浜辺からも。
14052527.jpg


下アングルからサンアークを。JEXってもうすぐなくなっちゃうのね・・・。
14052521.jpg
ジャルエクスプレス
ボーイング737-800(JA322J)


もういっちょB3の800。ウィングレットのないタイプ。
14052522.jpg
スカイマーク
ボーイング737-800(JA737P)


ソラシドからはすっかり貴重になってしまったボロが。
14052523.jpg
スカイネットアジア航空/ソラシドエア
ボーイング737-400(JA737B)


外国系7
14052525.jpg
シンガポール航空 SQ632便(シンガポール発)
エアバスA330-300(9V-SSB)


ドゥー!!ドゥーがBランに来た!!ドゥー超珍しい!!ドゥーーーーー!!(←ドゥー言いたいだけ)
14052524.jpg
エアドゥ
ボーイング767-300(JA601A)

成田よりも騒音問題にシビアな羽田はかなり厳密に使用滑走路が分けられているはずで、南風時のBランに着陸するADO機はすごく珍しい。というか初めて見た。

エアドゥの着陸機って羽田だと撮れる場所がほとんどないのよね。僕が知らないだけかもしれないけど。

通常、北風時はC滑走路、南風時は沖合のD滑走路を使用。

釣り船でも借りて撮れってかw

ゴーアラウンドでもしたか、何かトラブルでもあったかわからんけど、最後に思わぬ収穫があった。

おしまい。


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

撮り鉄

赤、青、黄色

最近、やっと休日を休日として楽しめるくらいの余力ができて、

この前、約2ヶ月ぶりに撮り鉄をしてきた。

「黄色い京急」を狙い、定番ポイントの能見台カーブへ。

廃車進む
14052200.jpg
800形 普通浦賀行き


5年前は6月でも余裕で撮影できたのに、今では雑草が生い茂り、5月のこの時期でももうダメな感じ。右下モコモコ。
14052201.jpg
新1000形(ステンレス車)ブツ8編成(4連×2) エアポート急行新逗子行き

ついでにいうと、5年前の休日といえば快特が12連でふっ飛ばしてくる楽しみがあったが、

京急蒲田の改良工事が終わって、エアポート急行が増発された今、日中の12連運用は消滅したため、撮る側の楽しみとしては微妙。

こういうカーブのポイントは編成が長ければいい写真になるが、逆に短いと映えないのである。

黄色来た。
14052202.jpg
新1000形 快特三崎口行き
(能見台~金沢文庫にて撮影)


今回初めて見たけど、思っていたほどかっこよくなかったよ・・・。

なんか西武っぽい。扉のところがシルバーに塗られているからなおさら。

ハッピートレイン?だか知らんが、やっぱり京急は赤の方がいいですね。

真っ赤なのが好きなの!



黄色を撮った頃には光線も悪くなってきたので、次のポイントへ移動。


このフォーマットの駅名標減ってきたね。生麦。
14052204.jpg


今度は青。ANA(全日本空輸)のADトレインになっていた。
14052203.jpg
600形 ブルースカイトレイン 快特三崎口行き


ふぇぇ・・・やっぱりこの子が一番かっこいいよぉ・・・。
14052205.jpg
2100形 快特三崎口行き


6連エア急。
14052206.jpg
1500形 エアポート急行新逗子行き


14052207.jpg
1500形(1700番台) 快特三崎口行き


この子も800形とともに天に召される子が増えてきている。
14052208.jpg
2000形 エアポート急行新逗子行き


前照灯1灯式の車両ってもう貴重だよなぁ。
14052209.jpg
800形 普通浦賀行き


800形の並ぶ姿が見られる機会も少しずつ減ってきている。
14052210.jpg


もうひとつ2000。
14052211.jpg
2000形 エアポート急行新逗子行き


好きです。赤い電車。


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

どーでもいい話

そいつ、ニセモノです。

話題が逆戻りして恐縮だが、台湾でのお話。

僕は国内外に限らず、ちょっと遠出するときはお菓子をもぐもぐしちゃうタイプで、

飛行機に乗るとき、車で出かけるとき、乗り鉄をするときにお菓子は必需品。

女子かっ!

とツッコミをもらうかもしれないが、

だって好きなんだもんしょうがないじゃん。

お口が寂しいときとかあるでしょう?

ニコチン中毒の男子なら、そこらでプカプカとタバコを吸いたくなるだろうし、

ポコチン中毒の女子なら、ちょっとカレシ(ダンナ)のチンポを吸いたくなるだろうし、

それと同じ(違うかw)。



で、

今回の旅行中にも、結構色んなお菓子を買って食べた。

その一つがポッキー!

言うまでもなくグリコのあれ。

が、

最初購入したポッキーがまがい物“シティ”だった。

パッケージだけ見て無意識のうちに購入したのもだったから、食べようとするまで全然気づかなかったのだ。

城市一族(City)と百奇(Pocky)。どちらも同じチョコレート棒。
14051900.jpg

中国語で城市はCity(都市)の意味。

あれ、一族はどこいった?


             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   こまけぇこたぁいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /

(↑このAA久しぶりに見た)



そんでこれ、見ればわかるだろうけど、昔のポッキーのパッケージに酷似しているので、間違えて買っちゃったの。

有田製菓って書いてあるからなんとなく日本の商品っぽいが、調べてみると立派な現地法人w

ふぇぇ・・・いろいろと意図的だよぉ・・・。

韓国にテヘペロペペロという類似品があるのは知っていたが、Cityは今回初めて存在を知った。

つっても一度存在を知ってしまったあとは、コンビニでも駅の売店でもどこにでも売っているので、「あ、類似品だ」と意識して見るようになったわけで、

こればもしかしたらブログのネタになるのではないか!

と思い、食べ比べしてみたのだ。

じゃじゃん。
14051901.jpg
14051902.jpg

えぇ、中身も全然見分けつかないです。プリッツェル本体に付いている焼き目(?)の模様までほぼ一緒。

色や形などで見分けることは不可能でしょう。

ポッキーの方がシティより少し長いのだが、こうして比べてみてやっとわかるレベル。
14051903.jpg

ただし、味は結構違います。

ポッキーの方がおいしい。

シティも決してまずくはないのだが、甘みがポッキーよりも強く、少々悪い言い方をすれば甘ったるい。

カカオの香り、チョコレートとしての味はポッキーの方が濃厚で、甘みも少なめ。

食べ慣れているせいもあるだろうけど、僕はポッキーに軍配を上げたいと思いました。

値段は内容量が違うので厳密な比較は難しいものの、ポッキーの方が3割くらい高い。

Cityは10元で買えたが、ポッキーは25元くらい。内容量はポッキーがシティの約2倍多い。

今回は食べ比べしなかったが、イチゴポッキーがあるのと同様、イチゴシティもありますw

お菓子を売っているようなお店なら比較的どこでも手に入ると思うので、台湾に行ったときには食べ比べしてみてください。

日本のお菓子がいかに美味しいかがよくわかるw

超大事なことなので、多くの人にわかってもらえるよう、もう一度言う。


シティよりポッキーの方が美味しい。
我觉得百奇好吃比城市一族。
I think, “Pocky” is more delicious than “City”.

(※個人の感想です。)


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

どーでもいい話

声、それは夢。声、それは希望。

5月ももう中旬が終わりに差し掛かろうとしている。

毎度のことながら、時間の流れの早さは常々実感していることであるが、

新年度の忙しさからやっと脱した印象。

新入社員が何人か入ったし、仕事上付き合いのある会社にも新入社員や異動により、電話などで聞きなれない声が聞けたりするとやはり新鮮。

今日はその「声」の話。



さて、以前にも言ったと思うが、僕は結構女性の声にはこだわりのある方であり、

好きなタイプの声、嫌いなタイプの声という好みは割とハッキリとしていると思う。

女性の車掌さんなどに多くいる“気”がするまろやか声や、アニメ調の高め&滑舌のいい声というのはやっぱり好きだ。

正直萌えます。

あれが“天然の声”でも“養殖の声”でもどっちでもいい。

かわいければなんでもいい!!

フヒィwww

逆に嫌いな声と言えば、いかにもギャル風のトゲのある声であったり、何言ってるのか聞き取れないようなボソボソ声であったり、やたらと低い声だったり、

もうこのブログを読んでいる皆様であれば、いまさら細かくは言わずとも、だいたい僕がどんな好みかくらいは想像つくでしょう。

社畜生活の中にほんの少しでも楽しみを求めるために、仕事の電話とかでも結構しっかりと声を聞いています。

当然「この人の声は好きだ」と感じることもしばしばあるわけだが、これが先日の話。

電話でめっちゃ可愛い声の人がいるんですよ。

どのくらい可愛いかというと、話しているだけでチンピクしてくるくらいの可愛さ。

最初その声を聞いたとき、僕の下半身はとんでもないことになってしまった。

新入社員ではなくて部署異動で来た人らしく、結構お仕事もできる感じ。

決して無茶な要求や常識外れなことを言ったりもせず、応対も非常に丁寧なので、そういった点も含めて僕はお気に入りだったんです。

当然会ったことはないものの、比較的お得意に近いお客さんのため、そのうち会える日があることは確実!

あまりにも気に入ったので、上司と飲みにいったときに「新しく担当になった○○さんの声が本当に好きです」とか宣言しちゃったし、シャイでキモヲタな僕もたまには頑張っちゃおう!!と決意するほど好きで好きで、

だから会った暁には、自分の名刺にプライベートのケータイ番号とアドレスも書いて渡そう!

と、気合いを入れてレッツゴー!





小太りのオバさんだった。





あまりにも想像とは違う人物であったため、卒倒してしまいそうだったよ・・・。

ちょっとさぁ、あれは詐欺だと思うん・・・。

あの声は一体どこから出しているのかと。

問いたい。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。

「きっとあれは処女膜から声が出ているッ!!」と確信していたのになんなの。

期待は瞬く間に裏切られてしまったのだった。

あの人は声優になれる。

そんな過ちを犯してから思い出した。

「声が可愛いからといって、外見も若くて可愛いとは限らない」ということを。

声優さんに外見を求めてはいけないのと同じだ。

「北都南」を画像検索してはいけないのと同じだ。

しかも僕は一応アンチ・アイドル声優のスタンスでいるわけである。

「演技さえきちんとしてくれれば外見なんて問わない(キリリィッ)」

と言っている人間である。

声は声として、単体で萌えられ、抜けるということ、それが理想。

そんなことさえ見失ってしまったのだから、僕はまだまだ未熟ということなのだろう。



まぁ、ほとんど二次元と呼ぶに等しい声優(≒芸能人)の例を持ち出すのはちょっと違うかもしれないけど。

それに今回はおそらく特殊というか、極端な例だと思うw

外見とは確かに別かもしれないけれども、、声っていうのは人間の印象に少なからず関わってくる部分だと思うし、

上にも書いたけど、それに加えて話し方だとかの要素も絡んでくるわけでしょう?

で、女性が“可愛い声”を出したことで、僕のように「この人は絶対に可愛い!!いい人!!」と思う人も出てくるわけですw

結果的にその声の主が小太りのオバさんであっても、人としての印象がマイナスになるわけではない。

まぁなんだ、

声ってすごい。



ちなみに僕は外見キモヲタですが、声や話し方もヲタクっぽいって言われるので、ある意味期待を裏切らないで済む感じです。


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

2014台湾旅行 その4 ~連休に疲れて帰ってくる人の典型例~

台湾4日め。

先日書いた通りこの日は剣潭山でヒコーキを撮るために、花蓮を朝には出発し、台北に向かうため、花蓮の駅へ。

なんつーか強引に日本の流行語2つ選んだ感じのノリですかね?しかも言い回しが微妙に違うしw
14051500.jpg

新自強号乗りたかったけど、2日前の時点で満席で乗れず。
14051501.jpg

通常の自強号は立席特急券的なものを売っているのだが、新自強号は全車座席指定制なので立席でも乗ることができない。

結局ボロ自強号で。前日に続き気動車だった。
14051502.jpg

まぁこれはこれで風情ありますしぃ・・・。

帰りのフライトが朝発だったので、桃園空港行きのバスに乗りやすいよう、台北駅にそこそこ近く西門町のホテルを取っていた。

チェックインのあとは街歩き。東京で言うところの渋谷的ポジションらしい。
14051503.jpg

でもこんなところにも萌豚ホイホイ。
14051504.jpg

シャレオツな通りもあり、
14051505.jpg

ユニクロと回転寿司屋の前には屋台という・・・よくわかんないよ・・・。
14051506.jpg

なんかおかしいと思ったら、どれもマヨネーズかかりすぎ。さすがの大阪人も串かつにこんなマヨネーズかけない・・・よね?
14051507.jpg

まさかの栃木。「一番の人気!」←嘘乙
14051508.jpg

ココイチは高ェ。前日食ったチャーハン3杯分以上の価格設定。
14051509.jpg

ゲーセン。
14051510.jpg


そして日本に帰国する日の朝は4時起床。

5時前にはホテルをチェックアウトし、5時半にはバスに乗り、6時半には桃園空港に到着。

帰りの機内食で出た小籠包がうまかった。トランスアジア航空(復興航空)サイコー!
14051511.jpg

成田着。ただいま日本。
14051512.jpg


台湾から帰国するフライトの時間は早かったけど、そのおかげで昼ごろには成田に帰って来られたし、

とりあえず半日はゆっくりできたので、最終日は思ったほど辛くはなかった。

が、

この1ヶ月間で3回海外に行っていた(うち1回は仕事)せいの疲れが溜まりに溜まり、なんというか寝ても疲れが抜け切らないような感じ。

あまりにも疲れて、「もう連休にギッチリ旅行の予定を入れるのは絶対にやめよう」と誓ったのだった。

せめて前後に1日は何もない休日を挟まないと体がもたない!ぼくは女の子にもてない!(><;)

1ヶ月間、ほぼ体を休ませるための休日なんて全くないほどに動きまわっていたし、

出張と休暇があるために仕事も溜まり、残業1日4~5時間とかも当たり前。

あの状態でよく体調崩さなかったなと。

人間の体っつーのは意外と丈夫にできているのね!

あ、ちなみにそれだけ疲れていてもオナニーは毎日していました。

家でもイタリアでもタイでも台湾でも抜きまくりでした。えへっ。

健康一番です。

僕から健康を取り上げたら、生きがいの8割を失うようなもの。


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

2014台湾旅行 その3 ~花蓮って名前からして可愛いよね。抱きつきたい。~

台湾滞在3日め、

高雄から乗る予定だったら列車の発車時刻に間に合うよう、午前中高雄の龍虎塔だけ回ったあとは余裕をもって移動。

龍虎塔から徒歩6~7分ほどで左営駅に到着し、行きに間違えて新左営に行ってしまったことを激しく悔やむw

外見はわりとというかかなり地味。
14051300.jpg

これは地下化工事かね?新幹線の高雄延伸工事か、在来線の転換工事かはわからん。
14051302.jpg

左営の時刻表。フォーマットはJRのものと酷似し、本数もそこそこ栄えた地方都市近郊の在来線と言った雰囲気に既視感。
14051303.jpg

列車を待っている間だけ駅撮り。韓国製自強号。
14051304.jpg

区間車。
14051305.jpg

高雄からは特急に乗って花蓮まで約5時間かけて移動です。

台湾ではよくある気動車のデザインでも、ちゃんとした優等列車。
14051306.jpg

乗ります。
14051307.jpg

車内もフツー。
14051308.jpg

エンジンを高らかに唸らせながら、田んぼと山を望んで走る。
14051309.jpg

ペットボトルのお茶をいろいろ試した結果、これが一番日本のものに近いということを発見。
14051310.jpg

緑茶飲料が飲みたいときに砂糖入りは論外だし、無糖のお茶でもウーロン茶がブレンドされていたり、妙に渋みが強かったり、

やっぱり普段飲みなれている味とは違うことが多かったのだが、この“御茶園”だけは本当に日本の緑茶飲料のお味にかなり近い。

たまたま車内販売でカゴに入っていた無糖緑茶飲料がこれしかなかったから買ったけど、それが偶然にもアタリで俺歓喜wwww

車内販売でもコンビニと変わらない金額で買えるのもいいですね。

巡ってくるたびにラインナップが全然異なることにさえ気にしなければw

風景眺めてお茶飲んで眠って、

やっていることは日本での乗り鉄とそれほど変わらんw



で、途中人身事故で30分ほど遅延して花蓮着。

現場を超低速で走るもんだから、思いっきり線路沿いに散っている“物体”を見てしまった・・・グロ耐性ついててヨカッター\(^o^)/
14051311.jpg

花蓮ってもう名前からして可愛いし・・・カレンちゃん(*´Д`)ハァハァ
14051312.jpg

花蓮は街の中心が駅から離れている。

というのも、駅があったのは当初もっと東側で、未だにそちらが市内の中心として機能しているからだそう。

だから今の駅の周りはいわば新市街地で、買い物したり食事したりするところが少ない。

駅前もだだっ広い広場があり、いかにも地方都市といった雰囲気である。
14051316.jpg

繁華街に行こうかとも思ったのだが、やはりここも時間的都合により今回は駅周辺だけで食事を済ませることにしたw

なんでもないようなお店で食べるチャーハンがうまいんだこれが。
14051313.jpg

1品頼んで50元~70元。2品食べても400円くらいなのだから、ビンボー社畜の強い味方!
14051314.jpg

店員のオバちゃんが超いい人。食後に杏仁豆腐持ってきてくれました。
14051315.jpg


台北はかなり日本人が多く、高雄も何組か日本人を見かけたけど、花蓮ではホテルで1組見ただけだった。

やっぱり東側ってあまり来ないんだろうな、有名な観光地も少ないし。

個人的には日本人があまりいない環境の方が外国に来ているということを実感しやすくて好きです。

その4(最終回)へ続く。


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

2014台湾旅行 その2 ~台北から高雄までが遠い~

台北から高雄までの移動に、現在一般的な方法と言えば、台湾高鉄(新幹線)である。

直線距離にして約300km。速達型の列車で約1時間半。

料金も自由席を利用すれば日本円にして約4000円であり、そりゃあ台北~高雄の国内線旅客便が全面撤退するには十分すぎる威力であろう。

しかし、僕はそんな一般的な手法を使うわけがない。

なぜなら、今回こそは「台湾鉄路グルリ一周」という目的があったから、当然在来線で行く!

さすがに青春18きっぷ旅行のように鈍行列車で移動、とまではしなかったものの、

2日めの午後は高雄まで在来線優等列車を利用したのである。

「新幹線と高速バスが発達した今、在来線特急“自強号”が混むはずない!!」

という、独自の偏見を持ちながら駅に向かったら、なんと「No seat」と言われて(゚Д゚)うそーん

14時頃の特急に乗ろうとしたのに、17時発の列車まで座席がないよと。

おま、17時に出発したら着くの22時とかなんですけど・・・そんな待つのもだるいし。

かといって、もうフリーパスは買ってしまったゆえ、今さら高雄まで新幹線を使うのももったいないし、そもそもの目的が果たせなくなる。

さてどうする??どうする俺??

一度窓口の列から離れ、必死にネットで列車を調べる俺。

あぁ、こんなの昔どこかの日本の駅でもやったなぁ・・・懐かしいなぁ・・・と思った。

すると、同時間帯発の高雄行きの急行列車“莒光号”がある。

出発時間まで15分を切っていたのでもうこれで行こうと。

台北13:45発、高雄20:45着!なんと所要時間7時間!!

東海道新幹線で7時間つったら、余裕で東京から博多まで移動できてしまう距離であるw

・・・まぁ今回はいわば乗り鉄だからね、長い時間列車に乗れるのはきっといいこと。

そうに違いない。

列車は4分遅れで到着。扉を開けた状態で入線してきてビックリした。
14051101.jpg

確かにこれで高雄まで行くことは間違いないらしい。
14051102.jpg

座席指定券は基本的に日本のものと同じで、きっぷに記載された号車、番号の席に座る感じ。

結構古い客車って感じだけど、足元も広くてわりと快適でした。
14051103.jpg

ただ、あまり長距離乗車する客が少ないためか、自強号にはあった車内販売がなかった。

台北の駅で飲み物とお菓子は買い込んでいたからよかったけど、何も持たずに乗り込むとその点で結構苦労しそう。

一応昔の国鉄型特急車にあるような飲料水の蛇口的なものはついていたものの、なんとなく衛生的に敬遠してしまう印象だねw

高雄に着けば夜。よく眠れました。列車の中で眠れるのは治安のよい証拠!
14051103a.jpg

14051104.jpg

ホテルにチェックインをして夜の街へ。高雄の夜市も活気があります。
14051105.jpg

どら焼き20元って安くね?ドラえもんはこちらでも大人気。
14051106.jpg

“盆栽”と謳って売っているのに、“おいしい”という単語の存在が謎。
14051107.jpg

ていうか暑い!

待ちゆく人の服装を見ればわかるかもしれないが、台北よりもずっと気温が高いのだ。

台北は東京とそこまで大きくは変わらないくらいの陽気だったけど、高雄は明らかに気候が違う。

数百キロ南に行くだけでも北回帰線を越えるだけでこれほど違うのかというほど、先日のタイを彷彿とさせるジメジメした南国の夜w

夜でも歩いているだけで汗が吹き出してくる。



翌朝の高雄、同じ場所なのにまるで別の場所のよう。
14051108.jpg

滞在3日目は花蓮を目指し、指定席は前日の反省からさらに翌日分まで購入w
14051100.jpg

列車の出発時刻は昼過ぎなので、それまでは半日観光です。

とりあえず高雄に行ったらぜひ行くべきと言われる「龍虎塔」をめざして出発した。

地下鉄の岡山行き(厳密には南岡山)に乗る。
14051109.jpg

さて左営に着いたわけだが・・・。
14051110.jpg

僕はひとつ大きな失態をしていたのだ。

この龍虎塔は蓮池潭という大きな池にある場所なのだが、最寄り駅とされていた左営の駅。

地下鉄で行くと、台湾鉄路でいう新左営という一つ隣の駅に来てしまうのだ。
14051111.jpg

僕はそれに気が付かず、「左営なら地下鉄で一本じゃん♪」とそのまま本来行くべき駅のお隣に到着してしまった。

日本で例えるなら、横浜市営地下鉄の新横浜の駅に「横浜」という名前が着いていて、横浜に行こうとしていたのに新横浜に着ちゃった的なミス(←わかりにくい?)。

まぁとりあえずバス乗って辿り着けたからいいんだけどさ、

蓮池潭にあるとされる「龍虎塔」「春秋閣」「五里亭」全てを回ることは時間的に不可能になってしまったw

一応目当ての龍虎塔。
14051112.jpg

龍の口から入り、虎の口から出るというアトラクション(違)。

縁起がいいとされる龍の口から入って、凶悪な虎の口から出ることで、今まで自分が行って来た悪事の“罪滅ぼし”ができるよっていう施設です。

漢字って素晴らしいよな。とりあえず文字にしてくれればだいたい何が言いたいかわかりますもんw
14051113.jpg

龍のお口。・・・すごく、大きいです。あまり縁起物には見えない。
14051114.jpg

女子がスカート履いてたらパンツ見れそうな螺旋階段を登っていく。
14051116.jpg

虎のおしり。
14051115.jpg

入ってくるまでの道はジグザグ。悪魔はまっすぐにしか進めないから、道をジグザグにすることで悪いものを近寄らせないという意味合いがあるとか。
14051117.jpg

手前に見えるのが春秋閣、その奥にあるのが五里亭。時間的都合により今回はパスの方向。
14051118.jpg

虎の口から出れば、これで僕も今までの罪がチャラになる!!真っ白!!ピュアホワイト!!
14051119.jpg


人生を再スタートさせたい人はぜひ龍虎塔へ行きましょう。

その3に続きます。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

撮り空

台湾でも撮るものは同じ

台湾に滞在中、2日間で軽く数時間、撮り空をしていました。

だから滞在記の続きの前に飛行機記事を書く!!

まずは着いた日の翌日午前中、中山にある新生公園にて、松山空港にアプローチする機体を狙った。

国内線がメインの空港だし、台湾本島の国内線は新幹線開業により衰退してしまった影響で、飛んでくる機体はほぼ小型機に限定される。

最初に来たのは復興航空の新造機。ボンバルよりこっちのプロペラ機の方が好きだ。
14050800.jpg
トランスアジア航空 ATR72-600(B-22816)


日本でもおなじみ華航は、羽田空港発のCI223便。非常にデカく感じます。
14050801.jpg
チャイナエアライン エアバスA330-300(B-18305)


エンブラの長い版。
14050802.jpg
マンダリン航空 エンブラエル190(B-16826)


今となってはとっても珍しい機材になりました。最近ではなかなか聞けない轟音w
14050803.jpg
遠東航空 マクドネル・ダグラスMD-82(B-28037)

MD-90でさえ退役が進んで、JALからもすでに1年以上前に退役。

それよりさらに古いMD-80が飛んでくるのだから、台北松山もなかなか面白い。


もういっちょM80。このシリーズはこの構図が一番カッコイイと思う。エンジンがMD-90より大型。
14050804.jpg
遠東航空 マクドネル・ダグラスMD-82(B-28017)


エバー系列。
14050805.jpg
立栄航空 ATR72-600(B17002)


復興国際線。
14050806.jpg
トランスアジア航空 エアバスA321-100(B-22602)


おじゃる。
14050807.jpg
日本航空 ボーイング767-300ER(JA652J)


さらに4日目、台北に再び戻ってきた午後。

初日の士林夜市でも来た剣潭駅へ。
14050808.jpg

ここから最寄りの剣潭山から、台北市内を俯瞰する形で飛行機が撮れるポイントがあるという情報を手に入れていたので、そこを目指してみることにしたのだ。

ただ、登山道を登ることになり、グーグル先生のマップにも道が表示されないw

とりあえず行けばどうにかなる!ダメだったらそのとき対応を考えよう、といういつものノリで降り立ったのだが、

ちゃんと標識がいたる所に出ていたので迷うことはなかった。

ここから登っていくらしい。
14050809.jpg


このような階段を登ることの約30分。
14050810a.jpg


すごいポイントだった。
14050811.jpg
エバー航空 エアバスA330-300(B-16331)
ハローキティジェット・マジックスター


小雨降りしきるウ●コみたいな天気だったので色合い的には微妙だが、それでも決して悪い絵ではない。

ただ、機材が小さいとあまり映えないので、大型機が来る時間を狙う必要があるかもしれない。
14050812.jpg
遠東航空 マクドネル・ダグラスMD-83(B-28011)


ユニーのプロペラだとこんな感じ。
14050813.jpg
立栄航空 ボンバルディアDHC-8-300(B-15235)


もう一つキティ。
14050814.jpg
エバー航空 エアバスA330-300(B-16332)
ハローキティジェット・アップル


ANAでシメ。終始小雨が降り続いた。
14050815b.jpg
全日本空輸(エアージャパン機材) ボーイング767-300ER(JA612A)


普段運動不足すぎて、翌日足が筋肉痛になったのは言うまでもないw

もう場所は完璧に覚えたので、次回は天気のいい日に来たいと思います。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

2014台湾旅行 その1 ~トランスアジア航空(復興航空)でGO!~

ゴールデンウィークの前半と後半を分けるようにあった平日、

そのうち4月30日と5月1日の2日間が僕の出勤日でした。

どの仕事でもそうかもしれないが、休むと休んだ分だけ仕事が溜まりやすいので、

この2日間はいつも以上の気合いで乗り切り、後半の台湾旅行を心から楽しもうと誓ったのである。



だが、

それでも終わらないものは終わらないw

5月2日(金)、

乗る予定のトランスアジア航空(復興航空)GE606便の出発時刻は成田空港13時30分。

遅くても出発1時間半前には空港に到着している(←通常国際線搭乗の際には2時間前に到着していることが推奨されている)として、上野を11時に発車するスカイライナーに乗れれば余裕!

「よーし、パパ朝だけでも仕事しちゃうぞー!」

と、

通常の出勤時間より1時間以上前に職場に行き、10時半頃までの間に残っていた仕事の全てを片付けた。

もちろんサービス残業・・・。まぁこんなGWに有給つなげて5連休とかもらっちゃっているんだから文句はない。

上野に着くとすでにスカイライナーがスタンバイ。
14050600.jpg

お隣にやってきたのはなんと3300形。きゃー、ボロってステキ。
14050601.jpg

上野から乗るのもだいぶ久しぶりだし、2ビルで降りるのもまたかなり久しぶり。
14050602.jpg

あっという間に成田空港に着いた。やっぱりスカイライナーって速くて楽ですね。

高くて遅くてすぐダイヤ乱れるJRがすっからかんになるのもわかる。

連休期間中でも第2ターミナルは空いている。1タミに比べて発着数が圧倒的に少ないのが原因だろう。
14050603.jpg

搭乗手続きはもう開始されていた。ワンワールドじゃなくてもワンワールドロゴ。
14050604.jpg

搭乗ゲートはサテライト。当然乗る機体(エアバスA320-200)はすでにスタンバイしている。
14050605.jpg

むかーしむかし、といってもつい最近まで、ここにはターミナル本館とサテライトを結ぶシャトルが走っていた。
14050606.jpg

このシャトルは動く歩道設置の代わりに廃止され、“空の駅風和里しばやま”の駐車場に展示されている(参照記事)。

しかし久々にサテライトまで来たけどほんと何もないなw

場所が場所だけあって2タミ本館以上に閑散としているし、そのあまりの閑散っぷりに、店に入るのも躊躇われるレベルw

あんな“秘境”に店構えていて、果たしてどれほどの利益を上げられるのかと不安になる。



初めてのトランスアジア(復興航空)、LCCより安いトランスアジア(復興航空)、大型連休でも運賃18000円(税・サーチャージ含めて約33000円)のトランスアジア(復興航空)。
14050607.jpg

台北までの所要時間は3時間20分。

この短さでも軽食程度の機内食は出てくる。

台湾の駅弁でもおなじみの排骨飯(豚肉ご飯)。おいしかった!ロールケーキはパッサパサだったけど。
14050608.jpg

この連休中でも、乗客のうち7割くらいが台湾人という印象だった。

日本ではまだまだ無名の航空会社だから?

でも逆に言えば、そのおかげでこういう繁忙期でも安い航空券が出回るのだから、あまり有名にならないで欲しいような気もしなくないw

かといって人が乗らなさすぎると撤退しちゃいそうなので、これはやはり現地人に頑張ってもらうのが理想でしょうw



桃園空港は第1ターミナルに到着。
14050609.jpg

市内へはバス。台北駅まで90台湾元というのは価格破壊もいいところ。
14050610.jpg

ただ高速道路が渋滞して、台北の市内まで行くだけで1時間20分くらいかかった。

桃園空港から台北市内までは直線距離で30km強だが、公共交通機関がバスしかなく(←新幹線の駅は遠い)、通常でも約1時間くらいかかる。

正直な印象、成田空港以上にアクセスが悪く、まだ交通費が安いことが救いであるが、なるべくなら羽田~台北松山線に乗りたいと思ってしまうゆえん。

来年くらいにMRTが桃園まで開業するというので、その頃になればもうちょっと便利になると思う。

1日・・・というか半日(?)だけ行動をともにする友人とホテルで合流し、士林夜市へ。
14050611.jpg

金曜日の夜ともあって、現地の学生やカップルで賑わっていました。
14050612.jpg

・・・なんかエロい。
14050613.jpg

食事をして、屋台的な遊戯施設で少々遊んだ頃にはもう夜も更けてきたが、まだまだ活気づく街。

これに乗れば地元に戻れる・・・なんてこともなく、
14050614.jpg

MRTでフツーに戻り、台湾滞在初日が終了したのでした。


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

南の島、微笑みの国 その3

タイ滞在編最終章。

プーケットはリゾート地であり、

ただそこらの街中を歩くのみでは、現地ならではの雰囲気は味わいにくい。

先日も言った通り、街中を歩いている観光客の6割以上はロシア人だし、街並みもリゾート地ゆえの華やかさ。

そんなわけで、4日めはプーケットタウンを目指してみることにした。

ただ、タクシーを使おうとするとやっぱり相場が高止まりしている感があったので、

ダイビングショップの人に安い行き方を聞いて、カタビーチ南端からソンテウに乗ることにしたのだ。



料金はたったの35バーツ(120円くらい)。

時刻表もちゃんとあって、日中は20分おきに出ているっぽい。

タクシーだと500バーツ以上するので、まさかこんな安く行けるものだとは思っていなかった。

プーケットタウンのシンボル、プロンテープ時計台。


シンボルといってもかなりこじんまり。

そしてオンボロ。

ゆえ、結構ガッカリ。

ポジション的には札幌時計台といい勝負(←失礼)。

この針がさしている時間には何かの意味があるらしいが忘れた。


この手のやつって、正直いくらでも捏造可能ですよね・・・

シティホールらしい。何に使うんだろう?


西洋風の街並みが続く。


ドヤ顔。


路地をひとつまがればそこには東南アジアらしいマーケット。


タイのマーケットっつーのはだいたいナンプラーくさい。

ここも例外ではなくナンプラー臭。

スーパーとか行ってもくさいけど、現地の人はもう嗅ぎ慣れてて気にならないんだろうな。

日本に来る外国人からすると醤油と味噌がものすごい臭いって言うし、

日本人からすれば醤油も味噌もいい匂いとして認識するものでも、嗅ぎ慣れない人からすればそうは思わないものでしょう?

ナンプラーもきっとそんな感じ。

僕はあまり得意な匂いではないw

マーケットを抜けると繁華街。


雨が降るぞー!


この頃合い見計らって昼食。ガパオ美味しい。


このあと少々買い物をして、ホテルに戻ってもまだ14時過ぎだったので、

ビーチでゆっくりしていました。ロシア美女がですね・・・デュフフ。




現地最終日こんなまったり具合だったのです。

何も予定のないような日があるという贅沢!

次の日はもう朝から空港に移動。

空港の搭乗ゲート付近からちょうどやってきた到着機を一枚。タイ国際航空のエアバスA330-300。


バンコクで沖止めだったのでバスでの移動中にまた一枚。初めて出会うオリエントタイ航空。


オリエントタイ航空の尾翼デザインとブリティッシュエアウェイズの尾翼デザインは似すぎ。

これってでもタイの国旗ほぼそのままだから、この場合悪いのはブリティッシュエアウェイズのエセユニオンジャックだと思います!

ふたたびジャンボに乗って日本へ。



プーケット発着の直行便が復活してくれるといいんだよね。

行きは時差で一日が長くなるからまだいいけど、帰りは短くなるので一日中移動になる。

帰りだけでも直行便に乗れれば楽なんだけど。

この日は現地を10時に出発して、羽田到着は21時過ぎ。

家に帰ったらのは23時頃。

翌日からのお仕事辛かったです><



そしてさらにこの3日後、台湾旅行が始まったのでした。

次回からは台湾編。

お付き合いよろしこしこ。

南の島、微笑みの国 その2

港に戻ると、もう日が暮れる時間。
14050100.jpg

ダイビングのポイントが少々遠いことが多いので、基本的にボートで海に出て3本も潜れば、それだけでほぼ1日が終わる。

どーでもいいけど、ボートの上でバナナを咥えてヘブン顔している男性と、それを見て大笑いしている取り巻きの男性がいた。

あぁ、世界どこでもこういうのって共通なんだなと。男ってバカだなと。

で、それを見ていたタイ人のボートクルー(?)が、「おまえのものはどーなん?」「おれの方がデカいよ」と言わんばかりに、チンポの場所を指で指しながらヘラヘラしていた。

チンポとバナナがそこにあるだけで世界平和が見えた気がするよw



さて、

タイ人は勤勉だとか、真面目だとか、言われますけどね、

僕は正直そんなことはないと思います!!

個人的な印象になるが、勤勉で働き者なのはたぶん女性だけなんだよね。

男性はというと、正直怠け者のロクデナシが多い・・・ごめんなさいタイの方。

以前バンコクに行ったときに書いたボッタクリトゥクトゥクでも少々話をしたが、特に観光客相手にしている人たちっつーのは基本人をナメてるw

タクシーなんかでも、プーケットは結構露骨にふっかけてきて、

バンコクはメータータクシーが主流になっていたけど、プーケットでメータータクシーは本当に少数で、「お前の職業はなんやねん」と言いたくなるほどフツーの車(白タク)が大半。

なので、相場がわからんとついそのまま信用してしまいそうになるが、帰りにカタから空港までタクシー乗ろうとしたら、1500バーツとか言われ、さすがに日本語で「アホー」と言ったよww

(結局1000バーツで乗せてもらったが、それでも高い。朝早かったせいもあるだろうが)

で、降りるときには「チップくれない?」と言われたので、NO!と断ると悲しそうなお顔をするの。

それだけ毅然とNOと言っても絶対に露骨に怒ったりはせず、ちゃんと後部トランクから僕の荷物を出してくれて、「また来てね、バイバイ」なんて笑顔向けてくるんだから、やっぱり憎めないタイ人。

悪気あってのことではないのは承知していて、

本人たちからすればごくごく軽い気持ちで「金持ってるんだからオレたちに分けろ」的なノリだろうし、ボッタクリっつっても物価的にはまぁ知れているから、多少あげちゃってもいいんだけどさ。

あんなリゾート地でタクシーやトゥクトゥクの運転手やって、観光客にふっかけてたらさぞかし儲かりそうだよなぁww

彼ら、なかなかいい生活してそうですもの。



で、

その一方でとってもいい人が多いタイ人女性。

ダイビングショップのインストラクターさん教わって、カタの中でもホテルの通りから外れた通りの方でレストランに入りました。
14050101.jpg

店をお手伝いしている感じの11歳~12歳くらい女の子(←めっちゃかわいい)がキラキラした目で26歳の僕(←キモい)に近づいてきて

女子「どこから来たの?」
ぼく「日本だよ」
女子「ワー!ワタシ、チョット、ニホンゴ、シッテル。コンニチワッ(にこー)」

と、自分が知っているという日本語を片言で言いながら、メニューの説明をしてくれた。

この子はお店じゃ2番めくらいに小さいのに、英語が結構できる感じだった。

一生懸命さに不覚にも萌え(性的な意味じゃないよ!)、こういう純粋な子が日本にもいないかなぁとしみじみしていたよ。


でもメニューには英語の表記があるので、だいたいわかるんだよ・・・ゴメンね。
14050102.jpg

それにフライドライスシリーズとヌードルシリーズにハズレ無しというのを知っているからね!!

最初に持ってきてくれた野菜。
14050103.jpg

昔は水に当たるのが怖くて生野菜と果物はビクビクしながら食べてたけど、もう普通に食べられるようになりました^^

・・・のだが、

この付いてるタレがめっちゃ辛い。容赦なく辛い。ちょっと食べただけで汗ダラダラ。

汗ダラダラしながら食べていたらまたさっきの女の子がやってきて、扇風機の近くの座席に移動させてくれた。

あぁ、なんてやさしいのだろう。

女の子に優しくされたの、いつぐらいぶりだろうか?w

メインがくる。タイの食べ物っつーのは本当にうまい。
14050104.jpg

完食。でも野菜残しちゃった^^; 後ろに写っている女の子が僕に優しかった小さな店員さんです。
14050105.jpg

もらったレシートには「Arikato Kosaimas ^^」の文字があり、またしても萌え。
14050106.jpg

普段クソみたいにやさぐれた世の中で生きているせいか、こういうまっすぐな好意にめっぽう弱い。

ゴキゲンのまま帰り際にドクターフィッシュ。

店員さんが写真を撮ってくれたのだが、足だけしか写ってないwww空気読みすぎワロタwww
14050108.jpg

この写真、この旅行中に自分のカメラに写った唯一の自分の姿でした。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

訪問者カウンター

統計開始日:2006年11月7日
現在の閲覧者数:
プロフィール

4様ゲッター ◆4sama4.AtQ6J

Author:4様ゲッター ◆4sama4.AtQ6J
細々と大学生活板コテハン(既卒)
【性別】
男の子
【職業】
社畜
【出身地・居住地】
東京都
【趣味】
鉄道,野球観戦,アニメ,ゲーム,漫画,2ch等
【特技】
人を怒らせること,キモがらせること,嫌われること
【好きな声優(表)】
後藤邑子,新谷良子,緑川光
【好きな声優(裏)】
北都南,まきいづみ,あじ秋刀魚
【好きな絵師】
樋上いたる,ほんたにかなえ,七尾奈留,カントク,杉菜水姫,狗神煌
【好きなライター】
麻枝准,奈須きのこ,すかぢ,王雀孫
【好きな歌手】
BUMP OF CHICKEN,倉木麻衣,Mr.Childlen,Lia,Rita,霜月はるか

・複合型のヲタ
・キモブサ
・空気読まない
・千葉ロッテマリーンズファン
メガネ巨乳撲滅委員会会員
ラジオ専用掲示板
・古河渚は俺の嫁
俺の嫁

洋ゲーやってます。
フレンド申請もお待ちしております。

相互リンク随時募集中!
コメ欄なりメールなりに一言書いてもらえれば、翌日にはリンクに追加されるかと思います。たぶん。

・意見、感想、誹謗、中傷、ラブレターなどはメールでどうぞ
4samagetter@gmail.com

リンクフリーです。
↓誰も使わないであろうバナーもあります。


画像などのうp物も使いたいものは勝手に使ってくださって結構です。加工・転載なども含めてご自由にどうぞ。
ただし商用利用は全て禁止です。見つけた場合然るべき措置を取りますのでご注意ください。

↓ヒマなら読むといいよ
 ・鉄っちゃんたちに100の質問
 ・ヲタどもに100の質問
 ・2周年記念自己紹介バトン
 ・本棚あります
 ・パンチラ画像はコチラ

↓無駄に力を入れた妄想小説
空色の王国①
空色の王国②
空色の王国③
空色の王国④
空色の王国⑤(18禁)
空色の王国⑥

ランキングに投票
人気ブログランキングへ
ブログ内検索専用
カレンダー

04 ≪ 2014/05 ≫ 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
応援中!
【サクラノ詩】応援中!
amazon
ケータイ厨専用
QR
ブロとも申請フォーム

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ