キモい話

(黒髪+ティアードスカート)×黒ニーソ=核爆発

ニーソックスといえば、昔はアキバ系(池袋系?)ファッションだった。

チェックのスカート+ニーソで池袋の腐女子ロードを歩いている光景なんかは、もう5年くらい前から見られていたと記憶している。

嫌いではなかった。

けど、池袋の西口でケツをフリフリさせながら歩いているケバケバしいギャルに比べたらよっぽど好感が持てたものの、

当時はそこまで声高らかに「好き!」と言えるほど、ニーソに価値を見出していなかったのです。

あざといというか、明らかにオタク受け狙ったファッションというイメージが拭い去れなくて、可愛いとは思っていても特に好きにはなれなかった。

で、最近やたらとニーソックスを履いた子増えた。

たぶんここ2~3年くらいかな、本来オタファッションだったはずのものが、いつの間にか一般にも浸透したのです。

正直、僕はそれを歓迎できなかったわけですよ。

いくら別段ニーソが好きではないと言っていても、一般人がオタクの領域にドカドカと踏み込まれたような気がして、

ちょうどその頃はニワカヲタクもいっぱい湧いていたり、いわゆるオタクが市民権を得たとか言われていた時代(←僕はこれに関して、オタクはあくまでも嘲笑の対象として社会から取り上げられたに過ぎないと思っている)だったからなおさらね。

金髪でショーパン姿のギャルがニーソ履いて渋谷ハチ公の青ガエル前に突っ立っていても、本来あったイメージとかけ離れていてなんか違うなって感じだし。

それなのに、なぜかしっかりとそれを見て興奮してしまう自分がいることに気づいたんだよね。

これはなんなのか?

渋谷で、金髪で、ショーパンで、ギャル!なんてジャンル、僕にとっては嫌悪の対象でしかないはず。

(※実際向こうから見ても僕のようなアキバで、黒髪で、チェックのシャツで、キモヲタなんてジャンルは嫌悪の対象でしかないはずなのは置いておいて・・・)



なのに!!



「ニーソを履いている」という事実だけで、そういう負の要素すらも浄化してしまう効力があるというのか??

すごく不思議だ。

しかも、そこら中にニーソが溢れている分、ニーソの希少価値だって以前ほどなくなっているはずなのに、僕の下半身はどうしてこんなにも反応してしまうのかと!

答えはひとつ。





僕がニーソックスにフェティシズムを感じるということ





あぁ、薄々気づいていたけど、俺はニーソフェチだったのか。

自分にだけはウソついちゃいけないよね。

事実はしっかり受け止めなきゃいけないことだと思うんだ。

だって、街の中でニーソックス履いてる女性に自然と目がいくんだもの。

よっぽど大根みたいな足+超O脚とかでもない限り、ニーソって割とみんな似合うと思う。

後ろ姿でハァハァして、顔見てやろうと回りこんで、ちょっと残念だったとしても、ニーソを履いているだけで+50000くらいの補正がかかる気がする。

最近なんて小学生とか女子高生でもニーソ履いてる子いるじゃん。

あれ、正直けしからんと思うよ。

けしからん。

実にけしからん。

高校生ならまだしも、小学生て!

親の顔が見てみたい。

僕のような気持ち悪い男がハァハァしながらJSに性的で熱い視線を送っている事実を、その子とその親は認識しているのであろうか??

僕を興奮させてどうしたいのか?と問いたい。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。

おまえ、オシャレの一貫としてただなんとなく履いてるだけちゃうんかと。

ニーソックスはそんな生っぬるいアイテムちゃうねんぞと。

あれを見るたびに日本はどうなってしまうのかと思ってしまう。

全国のロリコンが発狂しながらニーソ女子小学生を襲う事件が多発しないか非常に心配である。




んでさ、

今朝僕が電車の座席に座っていると、目の前にヒラヒラの白スカ+黒ニーソの女の子(しかも黒髪!)が立ったんだよ。

僕は下半身がたったよね!!

超興奮したよ!!やばかった!!

いやもうさ、黒髪で黒ニーソで白スカなんて「あざとい」なんてレベルじゃないでしょ常考。

でもね、

大好きだ。

もう一度言う。



大スキ!

(BGM:広末)



たとえその女性がスーパーウルトラジャイアントビッチだったとしても、あのエロさ、可愛さを目の当たりにしちゃうと、そういう「わざと狙ってやってるんだろうな」なんて極めてどうでもいい。

ただ僕は僕の本能のままそれを感じるまでだ!

自分にウソをついて目を背けてしまうのはもったいない!

だからとにかく今目の前にいる“女神”を少しでも拝んでいたいという願いのもと、

乗り換えの駅に到着するまで、僕は顔を伏せて寝たふりをしたままずっと、その女性の「お脚」を眺めさせて頂きました。

黒ニーソに包まれスラりと伸びる脚、

肉付きのいい太ももにニーソが食い込み、

スカートにかけての絶対領域は限りなく白。

この太ももの上には花園が広がり、

きっと僕の革靴はその花園を見ていたはずである。

あぁ、今だけでも革靴になりたい!

一体どのようなおぱんつを身に付けておられるのだろうか。

そして、その次に女の子に土下座してヤらせてもらう妄想をする。

「男のくせにこんなみっともないことして!!バカじゃないの!?バカじゃないの!?オタクほんと気持ち悪いッ!!」

とか罵られながらおちんちんを虐められ、虐げられ、

あのニーソ越しに足コキされて20秒で昇天するんだ・・・

なんてことを思いながらの10分間、

僕の下半身は常時ギンギンでありました。

まだまだ若いです。

最近こういう妄想していると、妄想と現実の区別がつかなくなって無意識のうちに「ホンモノ」に触っていたりしないか不安になります。

それだけは間違っても起こらないよう、僕は座っているときは腕を組み、立っているときは荷物を網棚に乗せ両手でつり革を持ちながら乗ることにしています。


amazon

スポンサーサイト
Comment
27にもなってミニスカニーソでごめんなさい…orz

汚いもん晒してる自覚はあるんです。
でも…でもミニスカニーソが好きなんだよぉっ!(´;ω;`)

JKの黒タイツも今や定番になりつつありますね。
私の時は黒タイツはダサいってみんな嫌がったのになぁ。


電車の中で声あげて笑いそうになったwww責任とれww

JKのニーソは去年くらいから急に見るようになった気がするなぁ。
個人的には黒ニーソ>>>>>その他だと思ってるw

>>ユカリンさん
僕が一番最初リアル女子高生と見間違えたような人が何をおっしゃいますww
当然萌えてます!!
たぶんあと5年、いや10年は大丈夫です!!

>>学生たんは名無しさん
だからあれほど電車の中で僕のブログを見るなと何度も言っておるのに・・・
それは自己責任w

黒ニーソ好きとはさすがわかってらっしゃるw
でも白人なら白ニーソもアリじゃないかな?
洋炉を見ると思う。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
訪問者カウンター

統計開始日:2006年11月7日
現在の閲覧者数:
プロフィール

4様ゲッター ◆4sama4.AtQ6J

Author:4様ゲッター ◆4sama4.AtQ6J
元・大学生活板コテハン
【性別】
男の子
【職業】
社畜
【出身地・居住地】
東京都
【趣味】
鉄道,野球観戦,アニメ,ゲーム,漫画,2ch等
【特技】
人を怒らせること,キモがらせること,嫌われること
【好きな声優(表)】
後藤邑子,新谷良子,緑川光
【好きな声優(裏)】
北都南,まきいづみ,あじ秋刀魚
【好きな絵師】
樋上いたる,ほんたにかなえ,七尾奈留,カントク,杉菜水姫,狗神煌
【好きなライター】
麻枝准,奈須きのこ,すかぢ,王雀孫
【好きな歌手】
BUMP OF CHICKEN,倉木麻衣,Mr.Childlen,Lia,Rita,霜月はるか

・複合型のヲタ
・キモブサ
・空気読まない
・千葉ロッテマリーンズファン
メガネ巨乳撲滅委員会会員
ラジオ専用掲示板
・古河渚は俺の嫁
俺の嫁

洋ゲーやってます。
フレンド申請もお待ちしております。

相互リンク随時募集中!
コメ欄なりメールなりに一言書いてもらえれば、翌日にはリンクに追加されるかと思います。たぶん。

・意見、感想、誹謗、中傷、ラブレターなどはメールでどうぞ
4samagetter@gmail.com

リンクフリーです。
↓誰も使わないであろうバナーもあります。


画像などのうp物も使いたいものは勝手に使ってくださって結構です。加工・転載なども含めてご自由にどうぞ。
ただし商用利用は全て禁止です。見つけた場合然るべき措置を取りますのでご注意ください。

↓ヒマなら読むといいよ
 ・鉄っちゃんたちに100の質問
 ・ヲタどもに100の質問
 ・2周年記念自己紹介バトン
 ・本棚あります
 ・パンチラ画像はコチラ

↓無駄に力を入れた妄想小説
空色の王国①
空色の王国②
空色の王国③
空色の王国④
空色の王国⑤(18禁)
空色の王国⑥

ランキングに投票
人気ブログランキングへ
ブログ内検索専用
カレンダー

07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
応援中!
【サクラノ詩】応援中!
amazon
ケータイ厨専用
QR
ブロとも申請フォーム

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ