ちょっとしたエピソード

笑えない過ち

今までしてきた失敗は数えきれないほどあり、

少し思い浮かべると、人間関係での失敗が多いような気がする。

先日にも「交友関係が狭い」的な記事を書いたけれども、

だいたい最初から「合わないな」と思った人間とはほとんど関わりも持たないまま終わっていくので、それはそれで問題はないとは思う。

バイトでもムカつく奴がいて我慢できなくなったときはやめたし、関わりたくないと思えば関わらなければいいだけの話。

しかしその中で、今でも後悔している出来事というのがある。

「失敗はブログのネタ」、をモットーにブログをやってきたけど、こればかりはちょっとアレすぎてブログには書けないでいた。

僕も大学を卒業して約1年が経ち、もともとどっかで書こうとは思っていたことなので、包み隠さず事実をぶちまけたい。

おそらくかなり過激な内容になると思われるので、気持ち悪い話が苦手な人はスルー推奨。

また、これから書く記事を読んで僕に対して「こいつマジキチ」「幻滅した」という感想を抱く方も出てくると予想されるため、もしそのときは静かにこのブログを閉じていただければと思います。





(つづき)






時は今からちょうど3年前、僕が大学2年生の時の冬の出来事です。

当時仲のよい友達、町田君(仮名)がいました。

町田君は非リアでオタクで同人誌漁りが趣味のコミケ常連者で、大学の近くで一人暮らしをしていました。

彼はあまり自己主張をする人間ではなく、どちらかと言うと物静かなタイプなのですが、

この前にも言ったような「物静かだけど実はお調子者」というタイプだったため、同じ部活に所属するうちにいつの間にか仲良くなっていたのだと思います。

頻繁に町田君の家に遊びに行き、ゲームをしたり、オタトークをしたり、お酒を飲んだり、そのまま町田君の家に泊まったりもしていました。

この頃僕は家から1時間半くらいかけて学校に通っていたため、彼の家に泊まると学校に行くの楽で楽で、何日か連続で泊まっていたこともあります。

それほど僕は彼に気を許していたのと同時に、また彼も僕に気を許していたのでしょう。

あ、一応言っておきますが、この“彼”に性的意味合いはありませんよ。

そっちはさすがに興味ありませんからね。





そんなある日、いつものように彼の部屋に行くと、いつもとは違う変化がありました。

部屋が小奇麗になっており、玄関や本棚の上にちょっとした小物が置かれていました。

これはどうしたのか、と聞くと、「最近彼女できた」との回答。

付き合うまでの経緯をいろいろと聞き出しました。

相手は高校時代の部活で一緒だった後輩、と言っていたような気がします。

写真も見せてもらいました。

特別可愛くはない感じでしたが、黒髪で素朴な印象から、とてもいい子そうなイメージが湧きます。

僕はおめでとう、と言いました。



しかし、当時の僕は町田君に彼女ができたことに対して嫉妬していました。

とにかく今ほど心に余裕がなかった、というと言い訳のように聞こえますが、

まだそれほど二次元に染まっていないときだったというのもあると思う。正直言って羨ましかった。

実際には友達の幸せを祝ってこその友達であるし、友達の不幸を望んで仲良くなっているわけでもなければ、底辺同士の馴れ合いが「友達」なのではありません。

そんな葛藤に悩まされていると、自分がすごく嫌な奴に見えて、またさらなる葛藤に悩まされるわけになるのですが、

そんな中、僕は暴挙に出てしまった。



その日、いつもどおり町田君の家で宅飲みをしていました。

会話しながらお酒を飲んでいると、トイレに行きたくなりました。

彼の家のトイレは、ワンルームアパートにありがちなユニットバスで、洗面所とお風呂も一体になっています。

そのトイレに入ると、ここもまた以前より綺麗になっていた。

便座カバーもきちんとして、カーペットも敷かれ、いつものイメージとは全く異なっています。

ふと洗面所を見ると、コップの中に歯ブラシが2本立てかけてあります。

青と緑の歯ブラシでした。

確実に片方は“彼女”のものでしょう。

僕はその2本の歯ブラシをしゃぶりました。

しゃぶった後はおちんちんに擦りつけてゴシゴシしました。

そして、何事もなかったかのように歯ブラシを戻し、何事もなかったかのように宅飲みの続きをしました。

その日家に帰ってからはオナニーをしました。

「あいつの彼女が間接的に俺のチンコを舐めている」と思うことで興奮しました。

それと同時に、「俺のチンコに擦りつけた歯ブラシを、今日もあの子が使ってるかもしれない」と思うとまた興奮して、毎晩毎晩それをオカズにオナニーをしました。

僕は最低の人間でした。クズでした。

この時点で取り返しのつかない事態だったというのは重々承知ですが、この話にはまだ続きがあります。



なぜこの時自分が異常な行動をしていることに気づかなかったのか悔やまれるのですが、

あろうことか僕は調子に乗っていたのです。

次の週、もう一度町田君の家に遊びに行きました。

この時は他に友達が2人、合計4人で飲み会をやりました。

そして、やはり町田君の彼女の話題で盛り上がりました。

今度は人数が多い分、なおさらでした。

僕は家から日本酒の1合を持ってきて、他の2人も焼酎や地ビールなどを持ち込んでいたため、ひたすら飲みまくりました。

「酔いつぶれても泊まっていけばいい」と言われていたので、全く遠慮なく酒を飲みました。

おそらく大学4年間で一番お酒を飲んでいたと思います。

記憶がなくなるほどではありませんが、とにかくすごく酔っていました。

他の3人も悪ノリして、裸になる奴もいたり、ムチャ振りをしあったりとなかなかカオスな状況になっていました。

そして僕は事件を起こしてしまいまったのです。



その日も洗面所には歯ブラシが仲良く2本立っていました。

またその2本の歯ブラシをしゃぶりました。チンコにも擦りつけました。

そして、今度はそのままみんながお酒を飲んでいる部屋まで行きました。

僕は「ほら、見て見て。」

と言いました。

その瞬間、顔面をグーで殴られました。

メガネが吹っ飛びました。

お前出ていけ、と怒鳴られ、窓から僕のカバンや上着や荷物を投げ捨てられました。

僕はそのまま出て行きました。

投げられた荷物を集めていると、一緒に来ていた友達が慰めにきてくれました。

僕は自分のしたことが惨めで惨めで気持ち悪くて、いろいろな感情が混ざり合って泣きながら吐きました。



その後、町田君と連絡を取ることはありませんでした。

一度メールで謝りましたが、返事は返ってきませんでした。

僕は3年に進級して別の校舎に通うことになり、彼の学部は4年間校舎が変わらないため、校舎も別々になりました。

町田君とは学校で会うこともなくなり、部活にも出てこなくなりました。

その後も何度か連絡を試みてみるもダメでした。

もともとあまり人と広く関わりのある人ではなかったため、他の友人とも連絡を取っていないようでした。

そのため、その後の町田君の行方を知る人間は周りにいませんでした。

結局直接謝ることもできないまま、僕は大学を卒業してしまいました。

自分のしたことの重さ、というのはわかっています。

後悔してもしきれないほどのことをしたのもわかっています。

許してもらおうとは思いません。

ただ一言、直接謝りたかった。





この出来事は、僕が大学に在籍していた4年間で最も大きな過ちだと思っている。

今でもあんなことをやってしまったことを後悔しているが、友人を裏切ったのはまさに僕自身であり、誰に責められても弁明の余地はない。

まさにマジキチなことをやったという事実は変わらない。

だいたい物事は「どうにかなる」と考えて今までやってきたけど、こればかりはどうにもならず、本当に取り返しのつかないことをした。

ある意味で、あそこでぶん殴られてよかったような気がする。

少なくとも殴られて当然のことだった。



以上、あまり笑えない話。



人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。

amazon

スポンサーサイト
Comment
なんというか人ってこうやって大人になっていくのね・・・

人間一つや二つ、いやもっと秘密にしていたい過去を持ってるものですわ。
それを告白するのは凄いと思う。

シャア「認めたくないものだな…
    自分自身の…若さ故の過ちというものを…」
ロラン「黒歴史の再来はいやですよ」

ガンダムexvs止められないです(^p^)

思いっきり笑ったわw

4様さん、ブレないな・・・

そこがすごいです。

すごく深刻な話なんですけど…

けど…

4様がドヤ顔で歯ブラシにこすりつけてる姿を想像したら笑ってしまいましたww

><

>>ゆあさっちさん
お久しぶりです。
こう、やっぱり人って痛い目を見ないと成長しないと思うんですよ。
と、綺麗事で片付けようとも、こういうのはなかなか難しいものがありますねw

>>ガーネット氏
もっと高度な黒歴史はまだ書かずに眠っているもの多数w
あとごめん、後半全く意味がわからなかった。

>>学生たんは名無しさん
ウヘー♪

>>ギブさん
いやいやwwブレるブレない関係なく若気の至りですよww
ギブさんのブログも読んでて関心するようなことたくさんあります。
まぁ人それぞれいいところ悪いところがあるということでw

>>ユカリンさん
いやぁ、まぁ笑ってくれた方が僕としては楽ではありますw
所詮昔の話ですし、本気で心配されてもどう反応していいのかわからなくなりそうだし。

ていうか・・・あの時僕はドヤ顔だったのだろうか・・・w

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
訪問者カウンター

統計開始日:2006年11月7日
現在の閲覧者数:
プロフィール

4様ゲッター ◆4sama4.AtQ6J

Author:4様ゲッター ◆4sama4.AtQ6J
元・大学生活板コテハン
【性別】
男の子
【職業】
社畜
【出身地・居住地】
東京都
【趣味】
鉄道,野球観戦,アニメ,ゲーム,漫画,2ch等
【特技】
人を怒らせること,キモがらせること,嫌われること
【好きな声優(表)】
後藤邑子,新谷良子,緑川光
【好きな声優(裏)】
北都南,まきいづみ,あじ秋刀魚
【好きな絵師】
樋上いたる,ほんたにかなえ,七尾奈留,カントク,杉菜水姫,狗神煌
【好きなライター】
麻枝准,奈須きのこ,すかぢ,王雀孫
【好きな歌手】
BUMP OF CHICKEN,倉木麻衣,Mr.Childlen,Lia,Rita,霜月はるか

・複合型のヲタ
・キモブサ
・空気読まない
・千葉ロッテマリーンズファン
メガネ巨乳撲滅委員会会員
ラジオ専用掲示板
・古河渚は俺の嫁
俺の嫁

洋ゲーやってます。
フレンド申請もお待ちしております。

相互リンク随時募集中!
コメ欄なりメールなりに一言書いてもらえれば、翌日にはリンクに追加されるかと思います。たぶん。

・意見、感想、誹謗、中傷、ラブレターなどはメールでどうぞ
4samagetter@gmail.com

リンクフリーです。
↓誰も使わないであろうバナーもあります。


画像などのうp物も使いたいものは勝手に使ってくださって結構です。加工・転載なども含めてご自由にどうぞ。
ただし商用利用は全て禁止です。見つけた場合然るべき措置を取りますのでご注意ください。

↓ヒマなら読むといいよ
 ・鉄っちゃんたちに100の質問
 ・ヲタどもに100の質問
 ・2周年記念自己紹介バトン
 ・本棚あります
 ・パンチラ画像はコチラ

↓無駄に力を入れた妄想小説
空色の王国①
空色の王国②
空色の王国③
空色の王国④
空色の王国⑤(18禁)
空色の王国⑥

ランキングに投票
人気ブログランキングへ
ブログ内検索専用
カレンダー

07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
応援中!
【サクラノ詩】応援中!
amazon
ケータイ厨専用
QR
ブロとも申請フォーム

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ