東南アジア鉄道旅行その3 ~世界遺産の街を目指した国境越え(←鉄道乗ってないw)~

5月1日(月)。

起きたらその車窓からは幻想的な風景が広がっていた。
16050900.jpg

寝台列車の中で迎える朝というのは何度体験しても素晴らしいと思う。

おかげで朝から最高の気分、最高のテンション!

列車は定刻より30分ほど遅れて走っていた。

タイの長距離列車は2~3時間の遅延は当たり前という事前情報を聞いていたので、その程度の遅れが発生する可能性は覚悟していたのだが、

それが30分の遅れで済んでいればもう定時の範囲内と言っても過言ではないだろうw

というわけで列車は無事にハートヤイに到着。

一等車でほぼその車両の中に篭っていたせいで実感する機会がなかったが、かなりの乗客数が列車からはき出されていた。
16050901.jpg

が、

所詮は発着列車が一日に数本という世界、しばらくすればホームは閑散とする。
16050902.jpg

どうみてもウルト○マンです。
16050903.jpg

そういえばタイにはまがい物のウルト○マンがいるとかナントカという噂を聞いたことがあるが・・・。

これが「本家」なのか「まがい物」なのかは不明。僕、SFとか特撮系は専門外なんで・・・w

ハートヤイの駅舎。なかなか立派でステーションホテル的なのが併設されている。
16050905.jpg


SLのレプリカかな。ちっこい。
16050904a.jpg


さて着いたはいいものの早速困りました。

上の画像見る限りだと全く困っている印象が伝わって来ないだろうが、本当に困りました。

なぜなら列車がない!!

ハートヤイから乗れる国境を越える列車は1日2本しかない!

しかもそのうちの1本はつい先ほど乗ってきた列車のため、これまた何日も先まで混雑していること必至!

行けばどうにかなるだろうと思ってナメていたが、どうにもならなかったね!!

ホラ笑えよ!!

アーハッハッハッハッ!!(朱鷺戸沙耶の自虐パフォーマンスってなんか懐かしいなぁ・・・)



窓口でおっさんに聞いた。

ぼく「バターワースに行きたいんだけど」
おっさん「今日は満席だよ(予約表パンパンって叩きながら」
ぼく「明日は?」
おっさん「明日の列車はここじゃ取れないからKTMのウェブページから取ってね。シーユー。」
ぼく「/(^o^)\」


フリーWiFi使える場所に移動して、KTMのサイトから空席照会をしたら、かろうじて5月3日の列車に空席あり。

もし僕がバックパッカーならば、すぐに5月3日の列車を取っただろうが、今回は限られた期間内の旅行のため、もう2泊もハートヤイに滞在するのはちょっと躊躇してしまう。

ハートヤイがすごく魅力的な観光地ならまだしも、

タイの田舎で、あるのはマーケットとエッチなお店くらい。

お隣のマレーシアは基本的に風俗営業が禁止されているから、マレーシアのエッチな人たちがよくハートヤイに遊びに来るんだってさ。

だからハートヤイは街の規模の割にエッチなお店が充実しているんだとか。

でも僕はエッチなお店ってこのつい2日前に行っちゃってイっちゃったからね・・・フヒィ。

それにこのあたりは外務省の渡航情報がオレンジ色に染まっている地域で、色々と治安が良くないことは心得ていた。

現地の情報を得ていない状態で不用意にウロウロするのもはばかられるから、できれば早いところマレーシア側に移動したいというのが本音。

空席情報を見るついで、この地域からどうやって国境越えするのが一般的なのか調べてみたら、

なんかバスがどっかから出ているような雰囲気で、ハートヤイの駅を出て1分でそれらしきものを見つけた。
16050906.jpg

おおっ!いっぱい行き先あるやん!

鉄道でマレー半島縦断!!なんて目標だったけど、この際もうテーマを「陸路でマレー半島縦断!!」に変えてしまえ!

ということでww

さてこの案内板を見て僕は思った。

「ペナン」の文字がある。

えっ!ペナン??

中の人に聞いた。

ぼく「ペナンってどこ行くの」
係員「ペナンはペナンだよ、キミも知っているあのペナンだWAHAHA」
ぼく「(だれだよこいつ)」
ぼく「ペナンっていうのはペナン島?ジョージタウンも行けるの?きゃんないごーとぅじょーじたうん?」
係員「Sure!Let's go!」

あぁ、そうなの、ペナン島って橋でつながっているのね・・・。へー。

お恥ずかしい話、ペナン島に陸路で行けると知ったのはこの時でした。

するとどうでしょう。

頭の中はすっかりペナン島一色に染まってしまったのです。

ペナンといえばリゾートのイメージが強いけど、それだけじゃない。

ジョージタウンといえば街ごと世界遺産に登録されている有名ドコロだ。

以前マラッカに行って歩き足りないくらい楽しかったのを思い出して、余計行ってみたいという思いが強くなった。

中には時刻表も貼ってあって、最初の便は9時30分に出発するようだった。
16050907.jpg


が、

次のバスに乗ってペナンに行きたいことを伝えると、なんと650バーツするっていうw

おまえ、絶対ボッタクリやろそれ。

国境を越えることもあって、チケットを買う前にパスポートを出したから、そのパスポートで日本人だとわかって吹っかけてきたのかもしれない。

たっけーよ!ってことを伝えたら、

オヤジ「これは最後の1席だ。あなたはラッキーなことにその1席に乗ることができる。しかも車はトヨタの高級車だから高くない」

・・・足元見られている!?

昼の便もあったけど素直に乗ることにしました。

まぁタイは今回これが最終日だし・・・もういいや。

さらばタイバーツ。

ていうか時刻表や行き先はあれだけわかりやすく書いてあったのに、料金の表示が一切なかった時点で察しろってことですねw

で、

出発の9時30分までまだ1時間くらい時間があるので、ハートヤイの駅周辺を散策しようとしたら、

「もう出発するぞ!!」と叫ばれて慌てて戻った。

バスは満席になったらその時点で出発する仕様らしいがそんなの聞いてない!!

もうワケガワカラナイネー、4番指名打者デスパイネー。

ナンジャイそれ、ハジャイこれ(←ハートヤイは現地ではハジャイと発音するからシャレだよ!わかりにくいねっ!)

トヨタとか言ってたけど、とりあえず日本人にはトヨタと言っとけ的なノリで言っただけで、実際にはオンボロのバスなんだろうなぁと思っていたら、

ちゃんとハイエースが来てまたびっくり。バスってこんな小型なのね・・・。しかも本当に満席だった。
16050908.jpg

隣に座っていたタイ人のカップルに「おまえらはこのバスいくら払った?」って聞いたら500バーツだと。

あらやだ、意外と高く乗っている・・・。

タイ人でさえ500バーツ払ったバスならば、日本人がその3割増で乗るのはまぁ妥当かもしれない。

バスも綺麗な車で冷房も利いているし、全体の質を考えれば全然高くないと思ったのでした。

窓口のオッサン、高いとか言ってごめんね!

車はマレーシアに向けて走る。津軽今別あたり??違うかwww
16050909.jpg



さて国境に到着しました。
16050910.jpg

日本人にはなかなか馴染みのない陸路での国境越え。

僕も実を言うと初めての経験だったので、非常に印象深かった。

この国境ポイントはタイのサダオという街で、

ホテルやレストラン、スタバやマクドナルドなども立地していて、車の車内から見る限りでも結構栄えた様子。

まずはタイの出国審査を受けた後、再びバスに乗り込んでマレーシア側で入国審査を受けるという手順になるが、

多くの空港の出入国審査同様、建物内は撮影不可だったので内部の写真はないw


こちらがマレーシア側のブキカユヒタムの国境。バスが小さいこともあって、スムーズに国境を抜けた。
16050911.jpg


俺氏(28)、タイとマレーシアの国境に立つ!!
16050912.jpg


タイのスタンプ。中央右の四角いものがスワンナプーム空港の入国、中央左側の三角形がサダオの出国。
16050920.jpg


こちらはマレーシアで右側がブギカユヒタムの入国、左側はこの時はまだ押されていないジョホールバルの出国。
16050921.jpg


その後バスは無事に全ての乗客を乗せて出発し、

途中高速道路のパーキングエリアでトイレ休憩があって、なぜか車の写真だけ撮りました。
16050913.jpg


乗客を乗せたままガソリンスタンドに寄るのも面白いw
16050914.jpg


約12kmあると言われるペナン大橋を渡りペナン島へ。
16050915.jpg

ジョージタウン到着!!
16050916.jpg


着いたらもうタイとは全然雰囲気が違っていて、

海風が気持ちいい西洋風の町並みが広がっていた。

陸路でバンコクからペナン島まで来たというのは感動モノ。

ていうかシャワー浴びたいよね・・・。

熱帯で汗だくになるのに、寝台列車の中ではシャワーもしなかったから、

こんな夏場に丸一日風呂に入っていないということに・・・w

いや、そりゃあ着替えは取り替えたし、ギャッツビーの全身用汗ふきシートも持ってきてたけどね??

自分がちょっとクチャイことになっていることくらいはわかるもんです。

自分でもちょっとクチャイことになっていることがわかるくらいクチャかったです。

すでに街歩きの時にいつも持ち歩いている汗ふき用ハンドタオルの匂いもすごいことになっていました^^

何せ突発的なペナン島訪問のため、何も準備していなかったけど、

とにかくまずはホテルを探しして、次の予定を決めることにしたのでした。

次回はジョージタウン編です。

面白くはないので期待はしないで。


人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
訪問者カウンター

統計開始日:2006年11月7日
現在の閲覧者数:
プロフィール

4様ゲッター ◆4sama4.AtQ6J

Author:4様ゲッター ◆4sama4.AtQ6J
元・大学生活板コテハン
【性別】
男の子
【職業】
社畜
【出身地・居住地】
東京都
【趣味】
鉄道,野球観戦,アニメ,ゲーム,漫画,2ch等
【特技】
人を怒らせること,キモがらせること,嫌われること
【好きな声優(表)】
後藤邑子,新谷良子,緑川光
【好きな声優(裏)】
北都南,まきいづみ,あじ秋刀魚
【好きな絵師】
樋上いたる,ほんたにかなえ,七尾奈留,カントク,杉菜水姫,狗神煌
【好きなライター】
麻枝准,奈須きのこ,すかぢ,王雀孫
【好きな歌手】
BUMP OF CHICKEN,倉木麻衣,Mr.Childlen,Lia,Rita,霜月はるか

・複合型のヲタ
・キモブサ
・空気読まない
・千葉ロッテマリーンズファン
メガネ巨乳撲滅委員会会員
ラジオ専用掲示板
・古河渚は俺の嫁
俺の嫁

洋ゲーやってます。
フレンド申請もお待ちしております。

相互リンク随時募集中!
コメ欄なりメールなりに一言書いてもらえれば、翌日にはリンクに追加されるかと思います。たぶん。

・意見、感想、誹謗、中傷、ラブレターなどはメールでどうぞ
4samagetter@gmail.com

リンクフリーです。
↓誰も使わないであろうバナーもあります。


画像などのうp物も使いたいものは勝手に使ってくださって結構です。加工・転載なども含めてご自由にどうぞ。
ただし商用利用は全て禁止です。見つけた場合然るべき措置を取りますのでご注意ください。

↓ヒマなら読むといいよ
 ・鉄っちゃんたちに100の質問
 ・ヲタどもに100の質問
 ・2周年記念自己紹介バトン
 ・本棚あります
 ・パンチラ画像はコチラ

↓無駄に力を入れた妄想小説
空色の王国①
空色の王国②
空色の王国③
空色の王国④
空色の王国⑤(18禁)
空色の王国⑥

ランキングに投票
人気ブログランキングへ
ブログ内検索専用
カレンダー

07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
応援中!
【サクラノ詩】応援中!
amazon
ケータイ厨専用
QR
ブロとも申請フォーム

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ