どーでもいい話

デート商法に引っかかりそうになったったwwwww

僕のお仕事は企画・営業ということで、

平日の昼間も外を出歩く機会が多いというのは以前から言っている通り。

この前、とある地下鉄の駅の出口を出たところに、

平日のオフィス街には珍しい、スタイルがよく、服装もオシャレな若い女の人がタブレットを持って待機していた。

「あ、きれいな人だな」と思って思わず見たら目が合ってしまい、

うわ・・・こいつキモッ・・・!じろじろ見んなよ氏ね!

などと通常ならば思われるであろうシチュエーションのところ、

「お兄さん、今少し時間ありますかー?」と呼び止められ、

目が合ってしまったこともあり、無視して通りすぎることもできず、応じてしまったのが発端である。

その内容は住居についてのアンケート。

このインターネットが発達した昨今、人を使って該当アンケートなんて非効率なことをやっているくらいだから、何か裏があるのは確実!

そう思ってもう警戒心バリバリで対応していると、まず何やら身分証明からやり始めた。

道路使用許可承認や不動産会社の登録番号、社員証などを自分から見せるので、なんかつい信用してしまいそうになるような感じ。

タブレットを片手に簡単なアンケートをやるとか言うから、アンケートくらいで終わるならさっさと終わらせて帰ろうと思って応じていたら、

簡単なアンケートと言うわりに、進めていくうちに最寄り駅やら年収やら勤続年数やら、結構キワドイ個人情報まで聞かれ、

少し嘘も織り交ぜながら答えていたら、最後に電話番号を教えてくれと来た。

アンケートだけでなぜ電話番号が必要なのか?

電話番号の使用目的は何なのか?

そんなことを質問したのだが、「今のアンケートだけでは聞ききれないことをあとで聞きたいから」という非常に曖昧な理由。

さすがにもう怪しさMAX!

こんなパッとしない三十路独身ヲタクリーマンから何を聞きたいんや!?

経験人数か!?知りたきゃ今すぐ教えてやるわっ!!

該当で聞けないことを聞くなんてなんかの勧誘であることは確実で

ウソの電話番号を教えて逃げようとしたら、「一度ワンキリするんで、この番号覚えておいて下さいね!」と釘を差され、

教えられませんと言いたいところだったんだけど、これがまた絶妙な感じで僕のことを持ち上げつつ、話をしてくるww

なんかちょっと気持ち良い錯覚さえ持ち始め、

会社の携帯を教えるのもなんかあったら嫌だから、個人の携帯電話番号を教えた。

「今晩電話しますね~!」なんて言われながら、

その後は小走りに逃げた。



その後、聞いた会社名を検索にかけてみたら、

やはり思っていた通り、「デート商法」で有名な会社だった。

その名も、株式会社フェイス。

検索してみると出てくるわ出てくるわ、自分が遭遇した通りの事例の数々www

デートをしていくうちに恋愛を錯覚させ、「将来のために」と謳って、一人向け賃貸物件を高額な代金で契約させられるというパターンらしい。

よくわからないが、デートして本当に愛が芽生え、結婚を見据えるということを想定しているのなら、一人向けじゃなくて家族向けを勧めるはずである。

遅くてもこの時点でカモにされていると気付くと思うんだが・・・

実際にカモにされてしまう人がいるのか。

何がショックかって、僕はそんなにカモに見えたのかっていうw

まぁ最初のところで思いっきり目が合ったからな。

嵐のマツジュン並のイケメンならビビッ!!っと何かが走って恋の予感・・・!みたいにならなくもないんだろうが、

僕と目が合っても電流よりも寒気が走るだけだ。

キモオタなんてチョロいからね。

「こいつならイケるやろww」って思われたんだろうな。

どういうツラ下げて歩いていたのか、第三者的視点から見てみたい。

今度会社の後輩に聞いてみようw



で、

本来ならそこですぐに着信拒否でもなんでもすればいいんだろうけど、

相手の素性がわかったのだから、もう騙されることはない。

デート商法って一体どこまで遊べるんだろう!?

という好奇心が恐怖心を勝ったわけである。

あわよくばエロいことができるかもっ!?

おっぱいとかお尻くらいだったら触らせてくれるかもっ!?!?!?(←バカだね!)

そんな期待感に気持ちを弾ませつつ、指定の時間に電話がかかってくるのを待っていたら、

これがまた寸分違わずしっかり時間通りに電話がかかってきた。

何も知らないフリをしながら電話に応じて、

“アンケートの続き”が始まったのだった。

いろいろプライベートなことも聞かれたりなんかして、

まぁ褒められる褒められるの小一時間。

人にこんなにも真っ直ぐに褒め言葉並べられることなんてないから、もう後半はほんと気持ちがよくなってきたw

これだけでも考えようによっちゃ、女の子と1時間もおしゃべりできるんだから、

お金を払ってガールズバーやらキャバクラ行くよりかはよっぽどコスパが良い!

なにせこの“遊び”はタダ!!

電話は録音されているかもしれないから、セクハラ的な質問はできなかったけど、

「そんなに褒めてくれるんなら、今度飲みに行こうよ」くらいのことは言ったものの、基本的に具体的な話はかわされる感じ。

雰囲気から察するに、おそらくこのデート商法から“肉体関係”まで持ち込むのはかなりの期間を要すると思われ、

擬似的とはいえ「恋愛」である以上、そこそこのステップを踏んでいかなければならないのだろう。

即会って即飲んで即ヤれる・・・なーんて、うまい話もさすがにないね・・・w

まぁそこまでの関係になってしまうと、抜けるに抜けられないようなトラップが待ち構えているかもしれないし、

二人で会っているとき、話をしているときでも監視する立場の人間がいる可能性も高いから、

トラブルに巻き込まれないようにするためには、さっさと退散するのが正しい方法かと思われる。

電話を切ったあとは着信拒否、まぁ番号売られたらまたその時対策だね。



しかしまぁなんていうかさ、

すんごい美人とか、アイドル級の可愛さとかそういうんじゃないんだよね。

あくまでも普通にそこらにいるレベル、

でも少し垢抜けていて、コミュ力があって、明るさとおしとやかさを持ち合わせた雰囲気の女の子。

確かにちょっと好きになっちゃう気持ちはすっごいわかるw

これも含めてのトラップなんだろうなぁ。

ご親切に会社名まで教えてくれたからすぐにググってわかったけど、

案外自分も簡単にこういう詐欺に引っかかってしまうのかもしれないと思うと情けないわw

自分ではわりかし疑り深い性格だと思っているんだけど、相手が可愛い女の子だとダメっていうことだね!!

気をつけよう(戒め)。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。気が向いたらワンクリックお願いします。


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
訪問者カウンター

統計開始日:2006年11月7日
現在の閲覧者数:
プロフィール

4様ゲッター ◆4sama4.AtQ6J

Author:4様ゲッター ◆4sama4.AtQ6J
細々と大学生活板コテハン(既卒)
【性別】
男の子
【職業】
社畜
【出身地・居住地】
東京都
【趣味】
鉄道,野球観戦,アニメ,ゲーム,漫画,2ch等
【特技】
人を怒らせること,キモがらせること,嫌われること
【好きな声優(表)】
後藤邑子,新谷良子,緑川光
【好きな声優(裏)】
北都南,まきいづみ,あじ秋刀魚
【好きな絵師】
樋上いたる,ほんたにかなえ,七尾奈留,カントク,杉菜水姫,狗神煌
【好きなライター】
麻枝准,奈須きのこ,すかぢ,王雀孫
【好きな歌手】
BUMP OF CHICKEN,倉木麻衣,Mr.Childlen,Lia,Rita,霜月はるか

・複合型のヲタ
・キモブサ
・空気読まない
・千葉ロッテマリーンズファン
メガネ巨乳撲滅委員会会員
ラジオ専用掲示板
・古河渚は俺の嫁
俺の嫁

洋ゲーやってます。
フレンド申請もお待ちしております。

相互リンク随時募集中!
コメ欄なりメールなりに一言書いてもらえれば、翌日にはリンクに追加されるかと思います。たぶん。

・意見、感想、誹謗、中傷、ラブレターなどはメールでどうぞ
4samagetter@gmail.com

リンクフリーです。
↓誰も使わないであろうバナーもあります。


画像などのうp物も使いたいものは勝手に使ってくださって結構です。加工・転載なども含めてご自由にどうぞ。
ただし商用利用は全て禁止です。見つけた場合然るべき措置を取りますのでご注意ください。

↓ヒマなら読むといいよ
 ・鉄っちゃんたちに100の質問
 ・ヲタどもに100の質問
 ・2周年記念自己紹介バトン
 ・本棚あります
 ・パンチラ画像はコチラ

↓無駄に力を入れた妄想小説
空色の王国①
空色の王国②
空色の王国③
空色の王国④
空色の王国⑤(18禁)
空色の王国⑥

ランキングに投票
人気ブログランキングへ
ブログ内検索専用
カレンダー

11 ≪ 2018/12 ≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
応援中!
【サクラノ詩】応援中!
amazon
ケータイ厨専用
QR
ブロとも申請フォーム

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ